΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     帯広市は来年度のばんえい競馬のナイター開催について、今年度より9日間多い51日間とする方針を固めた。期間は6月19日〜10月11日。

     市は来年度、薄暮開催を取りやめるのに伴い、昼間(デイ)開催とナイター開催の期間を拡大。

     昼間開催は4月24日〜6月14日と、10月16日〜来年3月28日の計99日間とした。

     市はすでに来年度の開催日数を25開催・150日とする案を農水省に報告。今月中に総務省に開催計画を申請する見通し。(中津川甫)

     帯広市は8日、帯広競馬場の複合施設化に関する観光交流拠点整備の取り組み状況について、今月下旬に事業予定者の特別目的会社(SPC)「とかちむら」から中間報告書、3月下旬に最終報告書の提出を求める考えを示した。

     SPCは今月下旬の中間報告で収支計画、整備概要、概算工事費、テナント構想などを提出。3月下旬の最終報告書では計画、設計書を提出する。SPCは昨年12月15日付で法人登記が完了し、設立されている。(中津川甫)

     
    9日に重勝式クイズ大会
    2010年1月7日(木)
     ばんえい十勝は9日、競馬界で初めて実施される「五重勝単勝式勝馬投票券」(8日午後6時から、インターネットで発売開始)を記念して、「重勝式クイズ大会」を帯広競馬場で行う。

     当日の第8レースから第12レースまで計5レースすべての優勝馬を予想、的中者の中から2人に景品を贈る。受付時間は午前11時〜午後3時、場所は同競馬場1階中央特設コーナー。発走前の馬券2000円分を提示して、専用の用紙に記入して参加する。対象レースの結果確定(午後5時半ごろ予定)後、当選者番号を1階総合案内所前に掲示、賞品を渡す。

    市側 委員から対応に不満も

     帯広競馬場の複合施設化に関し、市は9日に産業振興会議(会長・曽我彰夫帯広商工会議所副会頭)の臨時会合を開き、委員に計画概要を説明する。複合化をめぐっては議会から、産業振興ビジョン(2009年度から10年程度)の施策工程表で明確にされていないことが指摘されていた。ビジョンの進行管理を担当する同会議の委員からは市側の後手の対応に、不満や戸惑いの声が出ている。

     昨年の12月議会で、市が複合施設化を産業振興会議に説明していなかった問題が発覚。「ビジョンの工程表になく位置付けがあいまい」「(振興会議での)議論を省くような施設ならやるべき」など、批判が噴出した。これを受け市側は急きょ、振興会議の臨時会合を1月に設定した。

     ビジョンは、来年度から始まる新総合計画の分野計画の1つ。18年度までの産業分野の各種事業が工程表で示されている。観光交流拠点のハード整備では幸福駅整備が打ち出されているが、そのほかの具体的な記載はない。

     分野計画は市の施策を体系的に進めるもので、位置づけが不明確な事業を緊急的に行う場合は説明責任が求められる。市商工観光部は「振興会議に説明がなかったのは反省したい。観光交流拠点の考え方は次期総合計画に盛り込まれている」と弁明する。

     一方、実施設計の関連予算がすでに可決されており、振興会議の内部は複雑な表情。ある委員は「過去の会合で複合施設化は全く触れていなかった。市の説明を聞きたいが、事業の是非は議会で決めるべき」とし、別の委員は「観光ではなく競馬受託会社のための事業。本来なら幸福駅整備を優先するのが筋」と指摘する。曽我会長は「説明がなければ議論もできない。話を聞いた上で助言したい」としている。
    (中津川甫)


    ゴール前でデッドヒートを繰り広げるオレワスゴイ(右)とキンセイモン(左)

     ばんえい十勝は3日、帯広競馬場で4歳(明け5歳)3冠レースの最終戦、第3回天馬賞(BG1、5歳オープン定量)を行い、5番人気のオレワスゴイ(牡、皆川公二調教師、藤本匠騎手)が2歳馬の頂点を決めるイレネー記念で勝って以来の重賞制覇で世代王者の座に返り咲いた。タイムは1分50秒8(馬場水分4.2%)。1番人気のライデンロック(牡、岡田定一調教師、安部憲二騎手)は3着に沈み、2着に4番人気のキンセイモン(牡、尾ケ瀬富雄調教師、尾ケ瀬馨騎手)が入り、馬番連勝単式は1万7610円の万馬券となった。

     3歳2冠、4歳1冠と世代トップを走ってきたライデンロックは、定量戦のこの日は単勝1.3倍の圧倒的1番人気。レースもライデンロックが引っ張る展開となった。真っ先に仕掛けた第2障害を一腰でクリアできなかったものの、何とか先頭で障害を下りて逃げに入った。ラスト15メートル、障害でスタミナを使ったライデンロックの脚が鈍ると、2番手集団からオレワスゴイ、キンセイモンが一気に差を詰め、3頭並んでゴール。0.4秒差に3頭が入る大接戦をオレワスゴイが制した。


    2歳に続いて世代最強の称号を手にしたオレワスゴイ。馬の右が皆川調教師、左が藤本騎手

     開口一番「勝負は下駄を履くまで分からない」と波乱のレースを振り返った藤本騎手。「ライデンロックを後ろから見ながら道中で息が入ったおかげで、障害をスムーズにクリアできた。最後はキンセイモンとの競り合いになったおかげで差し切れた」と白熱の一戦を分析し、「世代最後の重賞を取らせてあげられて良かった」と笑顔を見せた。

     皆川調教師は「これまでハンデ面で不利が続き、ライデンロックに抜かれていたが、ノーハンデのこの一戦だけは絶対に逃したくなかった。大きくない体でよく頑張ってくれた。勝ったときは涙が止まらなかった」とオレワスゴイの奮闘に目を赤くした。厩舎(きゅうしゃ)ではぼーっとしていることから「ぼーちゃん」と呼ばれているオレワスゴイだが、皆川調教師は「心に秘めた力がある」と評し、来年度から始まる古馬一線級との戦いに期待を寄せる。
    (丹羽恭太)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ >>  

    表示件数 31-35  (全38件中)
    著作権 十勝毎日新聞社