΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    事業者負担に不安の声

     帯広競馬場の複合施設化では、市が設定した「5年間」で事業が終了した場合、施設の扱いがどうなるのか市民の関心を呼んでいる。市は6年目以降の敷地の転貸(また貸し)について、地主の十勝農協連の了解を得ていない。期間が終われば原状回復を図るが、事業者が果たして施設の解体に応じるのか、解体費用を負担できるのか不安が残る。一方、市は約2億円を補助することから、「5年で取り壊すのはもったいない」との声も漏れている。

    2億補助 協定「5年」に疑問も

     計画では市が事業予定者の特別目的会社(SPC)「とかちむら」に土地を貸し、建設費など2億円を補助する予定。施設はSPCが所有することになっている。

     事業者公募時点で示されていた協定期間は「5年」で、「双方協議の上、延長も可能」としている。ただ土地の転貸借については、今後5年間の部分しか了解を取り付けておらず、それ以降は不確実となっている。
     5年以内で終了するケースは(1)十勝農協連が諸般の都合で市に土地を貸さない(2)不採算で事業者が赤字倒産(3)市が事業者との契約を破棄(4)協定期間満了で更新なし−など。こうした場合、SPCに土地の原状回復義務が生じ、施設を取り壊すかどうか判断を迫られる。

     心配されるのが原状回復義務の履行。協定・契約に盛り込まれるとみられるが、市内の不動産業者は「地主の立ち退き要請に強制力はなく借地借家法で守られる。そもそも建物の建築を目的とした借地で5年という短期間はあり得ない」とする。

     別の業者も「解体という原状回復に事業者が応じるのかどうか、市は相手を信頼するしかない。事業が採算に乗らなければ経営体力的に解体費を負担できるのか、不安も残る」と指摘する。

     一方、市民の間には「たった5年の事業に、2億円も補助する建物が必要なのか」といった素朴な疑問も。提案内容から単純計算すると、施設建設費(計648平方メートル、1億5650万円)の坪単価(3.3平方メートル)は約80万円。市内流通業者は「中身にもよるがスーパーなら坪40万円以下」と語る。

     施設所有権をめぐっては、市とSPC間で再検討が進められており、SPC側は所有権にこだわっていない。ただ現時点では所有を前提に、5年間の枠組みで事業収益を上げ、解体費も捻出(ねんしゅつ)するとしている。

     6年目以降の事業継続については、市商工観光部は「地主との交渉で5年間の事業期間になったが、事業は将来的に継続していけるようにしたい」と話している。(競馬場取材班)


     
    連日の五重勝的中
    2010年1月11日(月)
     ばんえい十勝は10日、9日に導入した「五重勝単勝式勝馬投票券」実施2日目も的中1票(払戻金150万3680円)が出た。前夜発売も含めた発売金額は203万7500円。同投票券はインターネットの投票サイト「オッズパーク」で、同サイト会員を対象に発売している。



    新成人となった渡来騎手(左端)と貝羽騎手(左から2番目)。同じく新成人の来場者とミルキー号の馬車を挟んで記念撮影する

     ばんえい十勝は10日、第6競走後に今年新成人となったともに帯広市出身の貝羽智生騎手(20)=大友栄人厩舎(きゅうしゃ)所属=と渡来心路(こころ)騎手(20)=今井茂雅厩舎所属=の成人式を帯広競馬場で行った。

     貝羽騎手は平成生まれ初のばんえいジョッキーで、同日までに11勝を挙げるなど若い力でばんえい競馬を盛り上げている。渡来騎手は9日にデビュー戦を終えたばかりの新人ジョッキー。これからの活躍に期待が懸かっている。

     式では初めに2人が今年の決意を表明。貝羽騎手は「お酒に強くなる」と話し、観客の笑いを誘った。渡来騎手は「上を目指して頑張る」と力強く語り声援を浴びていた。

     貝羽騎手の母・文子さん(46)も祝福に駆け付け、2人に花束を贈呈。「新成人となった2人でばんえいを盛り上げて」とエールを送った。最後に会場に応援に来た同じく新成人2人とミルキー号の馬車を挟んで記念撮影。2人は「今後とも応援よろしくお願いします」と今後の活躍を誓っていた。(関根弘貴)



    懸命にゴールを目指して手綱をさばく渡来心路騎手(ユウセンスピード号)

     ばんえい十勝は9日の第5競走で、新人の渡来心路(こころ)騎手(20)=今井茂雅厩舎(きゅうしゃ)所属=が初騎乗に臨んだ。緊張から手綱さばきがさえず6着となり、「全然ダメでした」と悔しいデビュー戦となった。

     渡来騎手は現役では2人目の帯広市出身。清水高を中退した4年前に競馬界に飛び込み、地方競馬全国協会の2009年度騎手免許試験に3度目の挑戦で合格した。小さいころから生き物とサッカーが大好きな好青年だ。

     レースで渡来は思い切りのよさを見せ休みを挟まず一気に第2障害手前へ。勢いに乗って障害をひと腰で越えようと果敢に挑んだが馬のひざが折れてタイムをロス。懸命に先行馬を追いかけたが及ばず2頭に抜かれた。

     ゴール後、渡来は「頭の中が真っ白になって思い通りのレースができなかった」と渋い表情。レース前に同走の熟練ジョッキーから「落ち着いてやれ」と声を掛けられていたが「冷静になれなかった」という。

     騎乗馬ユウセンスピード号のゴール直後に倒れ込むほどの力走を結果につなげることができず「第2障害前にもっと休ませてやればよかった。恥ずかしいレースになってしまった」と唇をかんでいた。
    (関根弘貴)


     ばんえい十勝は9日の開催で、日本競馬界初の「五重勝単勝式勝馬投票券」をインターネット投票サイト「オッズパーク」で発売開始、初日から的中(投票対象計5レースの的中1着番号は(8)(2)(9)(7)(8))が1票出て、払戻金額はばんえい競馬史上最高の220万2050円となった。

     前夜発売も含めた初日の発売金額は298万3800円と好スタートを切り、不振が続くばんえい十勝の売り上げ回復に向けて大いに期待が持てる結果となった。

     同投票券は当日の第8〜12レースの計5レースすべての優勝馬をコンピューターがランダムに予想、投票する人は自分で予想はできない。的中率は(5レースすべてが10頭立てとして)10万分の1。的中者が出なかった場合は次回開催日に払戻金がキャリーオーバー(繰り越し)される。最大払戻金は2億円。1口100円から。今後もばんえい競馬開催日に発売され、前日の午後6時から購入できる。「オッズパーク」の投票会員になることが必要。問い合わせはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(電話0155・34・0825、公式ホームページ=http://www.banei-keiba.or.jp/
    )へ。


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ >>  

    表示件数 21-25  (全38件中)
    著作権 十勝毎日新聞社