΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    複合施設化問題 
     帯広競馬場の複合施設化で、競馬場を所有する十勝農協連の山本勝博会長は17日、十勝毎日新聞の取材に応じ、「競馬のための施設ということで土地を貸すことになる。競馬が無くなったら当然更地にして返してもらう」と述べ、複合施設はあくまでも「観光施設」とし競馬が撤退しても継続するとした市の主張と異なる認識を示した。

    計画拡充に警戒感も
     山本会長は「市と事業者が競馬が無くなっても事業を続けると言っているようだが、それは困る。土地を貸すのは競馬のためになると思ったからだ」と説明。

     複合施設の事業期間については「5年がよいのかどうか検討しなければいけないが、農協連は警戒心を持っている。断じて言えるのは競馬が無くなれば、事業はあり得ない」と述べ、次期市長の考え方も今後注視する考えを明らかにした。
     複数の農協連幹部も「競馬が撤退しても複合施設が残るようであれば2月の理事会で賃料減額も含めて話は通らない」と困惑している。

     一方、市は複合施設の拡充を検討する考えを議会で示したが、農協連サイドは説明がないと反発。ある幹部は「十勝24農協の財産なのに勝手すぎる。仮に拡充を認めても、競馬が撤退したら更地にして戻してもらう。あの土地は競馬がなくなれば、更地であるのが一番よい」と語った。

     競馬場をめぐっては高橋幹夫市政時代にも、農協連に説明がないまま競馬場の土地利用構想が浮上し物議を醸した経緯がある。複合施設を契機に農協連側の「市への不信感」は再燃する可能性が出ている。

     競馬場関係者の中からは、複合施設化に関し「2億円も補助を出すなら競馬に直接支援した方が何年も存続できる。市も議会も一体何を考えているのか」と疑問の声も挙がっている。(競馬場取材班)

    初的中のファン「馬と厩舎に還元」
     ばんえい十勝が9日に導入した「五重勝式勝馬投票券」で、同日に初の的中者となり220万2050円の払い戻しを受けたファンが、24日に帯広競馬場で行われるメーンレースを除く11レースに個人協賛する。プライバシー保護のため的中者の詳細は明らかにされていないが、同競馬場にしばしば足を運んでいる常連客とみられる。

     的中者は「馬たちと厩舎(きゅうしゃ)の皆さんに還元したい」と協賛を申し出たという。

     協賛レースは「祝・5重賞単勝式初当たり記念」「5重賞単勝式みんな買おう記念」「5重賞単勝式当たるかな記念」などの名称で開催される。

    過去最高390万円馬券 16日
     五重勝式勝馬投票券は16日、販売3万1295口で1口の当選があり、払戻額はばんえい史上最高の390万5570円となった。11日実施分で的中が無く、初めて159万5998円のキャリーオーバー(持ち越し)が発生していた。

     同投票券はインターネットの投票サイト「オッズパーク」(http://www.oddspark.com/)で発売。1口100円。

     キャリーオーバーが続くと払戻金は最大2億円になる。
    (丹羽恭太)



    輓馬や騎手の生活を紹介する大河原さん(左)と旋丸さん

    「自分のことは二の次」「馬は友」

     町歴史民俗資料館(瀬藤範子館長)の遊学講座「ばんえい騎手から馬の話をきこう」が14日、同館で開かれた。ばんえい騎手の大河原和雄さんとNPOとかち馬文化を支える会の旋丸(つむじまる)巴専務理事が対談、ばんえい競馬や輓馬(ばんば)の魅力などを紹介した。

     同館で30日まで開催中の企画展「ほんべつ馬文化」に関連し、十勝特有の馬文化・ばんえい競馬を通じ、馬と人のかかわりを後世に伝えようと企画。同NPOの協力で、昨年暮れの「第38回ばんえいダービー」(帯広競馬場)を制したばんえい騎手の第一人者・大河原さんを招いた。

     小学生やばんえいファンら約50人が来場。対談で2人は輓馬や騎手の生活などを取り上げ、大河原さんは「毎朝午前3時ごろに起きて約5時間、馬を調教している。自分のことは二の次で、馬の体調に気を配ることを大切にしている」と紹介した。

     また、馬の大きさや体のつくり、レースで馬が引く荷物の重さなど輓馬に関するさまざまなエピソードも。大河原さんは「自分にとって馬は友。レースでパートナーのことだけを考えるようになってから勝てるようになった」と、輓馬に寄せる思いも語った。(杉原尚勝)


    17日にばんえい十勝

     ばんえい十勝は17日、メーンレースの「柏林馬事公苑特別」を記念して馬事公苑ゴルフセンター利用カードなどが当たる抽選会のほか、親子で競馬場を体験して外遊びを楽しむイベントを開催する。

     抽選会は北海興農ビジネスが賞品提供に協力。帯広競馬場に隣接する同ゴルフセンターの利用カード(1000円分10枚)、競馬場内店舗で使える食事券(1000円分5人、500円分20人)、「バンバオーレ」(帯広競馬場内で栽培した菜の花から作ったナタネ油、10人)などが当たる。受付時間は午前10時半〜午後0時20分、受付場所は競馬場1階中央の特設コーナー。入場門で配布する抽選会参加券とレース発走前の馬券2000円以上を提示して参加できる。当選発表は午後0時35分ごろ(第3レース終了後)。

     「競馬場で体験!親子で外遊び!」は、親子でばんえい十勝を体験しながら楽しむイベント。参加無料。同日午前11時10分〜午後0時40分に実施する。競馬場1階インフォメーションコーナーに集合(予約不要)。ばん馬のミルキー号に乗馬しての記念撮影、ふれあい動物園でポニーの世話、親子での馬券チャレンジ(第2レースを予定)などを行う。問い合わせはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(0155・34・0825、帯広競馬場内)へ。(横田光俊)

     
    初のキャリーオーバー発生五重勝
    2010年1月12日(火)
     ばんえい十勝は11日、9日に導入した「五重勝単勝式勝馬投票券」実施3日目で的中者がなく、初めてキャリーオーバー(159万5998円)が発生した。次回(16日分、15日午後6時から前夜発売)に持ち越される。

     同投票券はインターネットの投票サイト「オッズパーク」で発売、キャリーオーバーが続くと払戻金は最大2億円となる。

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ >>  

    表示件数 16-20  (全38件中)
    著作権 十勝毎日新聞社