΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    十勝農協連は難色も

     帯広競馬場の複合施設化で、市は施設が使用する部分の敷地について、地主の十勝農協連との間で5年間の賃貸借契約を新たに締結する方向で調整に入った。競馬場の土地・建物は、競馬使用を名目に単年度で賃貸借契約を結び、毎年度更新してきた。農協連側には、競馬場敷地の一部分を切り離して複数年契約にすることに、難色を示す意見が出ている。

    単年度なら公募条件と相違

     仮に複合施設の敷地の契約期間が単年度となった場合、事業公募で示した「協定期間は5年」を担保できなくなり、新たな問題に発展する可能性がある。

     帯広競馬場は現在、市が施設と土地を年間1億5000万円で賃借。ばんえい競馬の開催が1年ごとに判断されるため、これと連動する形で賃貸借契約も単年度で設定されてきた。単年度契約の根底には、競馬廃止後の借地利用は認めないとする基本的な考え方がある。

     競馬場の賃料は、競馬会計で負担。市の構想では、複合施設に使用する部分の敷地に関しては競馬会計から切り離し、一般会計で支出することにしている。

     複合施設化をめぐり農協連側は当初、「ばんえい競馬との相乗効果が期待できる」との条件付きで敷地の転貸(また貸し)を容認した経緯がある。市も公募では、ばんえい競馬との相乗効果が図れる事業を条件にしており、事業期間も「口頭で5年間の了解は得ている」(商工観光部)と説明してきた。

     ただ最近になって、競馬撤退後も複合施設を継続させる方針が明らかになり、農協連側は反発。複合施設が使用する敷地の賃貸借契約を市と5年間で締結すれば、期間満了前に競馬が撤退した場合、複合施設の底地だけは返還を求められないことになり、複数年契約に難色を示す声が出ている。

     農協連は競馬場を貸す理由を「競馬使用のため」としており、複合施設化に関しても同様のスタンス。これに対し市は、複合施設はあくまでも「観光交流拠点づくり」と主張、認識のズレが生じている。市としては今後、(1)競馬撤退後の対応(2)主たる目的を観光交流拠点整備とした理由(3)競馬との相乗効果−をどう説明するかが問われる。

     市商工観光部は「契約は4月からなので、まだこれからの話だが、5年間でできないか現在調整している」としている。(競馬場取材班)



    小学生対象にイベント 24日から3回

     NPO法人とかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)は24日から3回、帯広競馬場(西13南9)で小学生を対象としたイベント「ばんえいキッズ・クラブ」を開催する。参加者を募集している。定員15人。申し込み締め切りは22日午後3時。

     馬との触れ合いなど競馬場でのさまざまな体験を通じ、子供たちに馬文化や馬の魅力を伝え、情操教育に貢献しようと昨年から始めた。24、31、2月7日の午後1時から約1時間の予定。24日はバックヤードツアーのほか、ばん馬のリッキー号に騎乗して記念撮影などを行う。31日は一般には立ち入れない執務室の見学と、馬の世話を体験。2月7日は騎手と一緒にソリに乗って模擬レースを行うほか、競馬場内のスタジオでテレビ放送の見学・出演を予定している。

     参加費は1人500円(3回分)。申し込みは同会(電話0155・67・6890、ファクス0155・67・6891)へ。


     ばんえい十勝で、鮮やかな障害越えなどで力走を見せファンが多かった名馬ミサイルテンリュウ号(牡・槻舘重人きゅう舎)が、昨年11月28日に病死していたことが18日までに分かった。10歳だった。

     同号は釧路市阿寒町の稲場洋二さん生産。2001年1月にデビュー戦勝利を飾り、181戦43勝。重賞は帯広記念(06年)、北斗賞(06、07年連覇)、旭川記念(07年)で計4勝。第2障害に果敢に挑み、鮮やかに乗り越え先行する姿が大きな感動を呼んだ。07年にはドキュメンタリー映画もつくられた。昨年3月のばんえい記念(3着)が最後のレースとなった。

     槻舘調教師は「残念としか言いようがない。たくさんのファンに支えられた馬だと思う。感謝している」とコメント。元ホースニュース馬の小寺雄司さんは「あれほどまじめに障害に挑む馬はいなかった。名ジョッキー鈴木恵介騎手も育てた歴史的名馬」と惜しんでいる。(横田光俊)



    総合優勝した男子のイ・ギュヒョク(左端)、女子の李相花をそりに乗せてビクトリーランを行うリッキー号

     帯広市の特別市民・特別嘱託職員としてばんえい競馬をPRするばん馬リッキー号が最終表彰式に登場。総合優勝した男子のイ・ギュヒョク、女子の李相花(ともに韓国)を乗せてウイニングランを行う“サプライズ演出”で会場を沸かせた。

     蹄鉄(ていてつ)の代わりに、ひづめの形に切り取ったゴムをくぎで打ち込む特別仕様で氷上に立った。リハーサルは12月中旬に1度行っただけでぶっつけ本番に近かったが、リッキー号の世帯主である服部義幸調教師(63)の手綱さばきで氷の上を悠々と歩き見事に大役を果たした。服部調教師は「乗せた選手をケガさせないことだけ考えた。馬も人も初めてだったけど、言うことを聞いてくれた」と安堵(あんど)。千葉喜久雄装蹄師(69)も「初めて見たけどうまく歩いていたね」と感嘆していた。

     ばんえい十勝の新馬券「五重勝式勝馬投票券」で17日、開始後初の2口の的中が出た。払戻額は1口当たり76万7190円。販売口数は2万791票で的中率は約1万分の1。理論上(7万2000分の1)の約7倍の高確率で当たった。

     同投票券は9日の導入以来、想定よりも高確率での的中が続く。各開催日のレースで決められた5つのレースの1着を当てる方式で、予想はコンピュータがランダムに決め、理論上の的中率は出走頭数で異なる。初日の9日は理論上の的中率8万1000分の1だったが実際は販売口数約3万口で1口的中。10日は同9万分の1に対し、販売約2万口で1口的中。11日は同9万分の1、販売約2万口で的中は無かった。出頭数が少なかった16日は理論上の的中率が6万5610分の1に下がり、結果は販売約3万口で1口が的中した。市ばんえい振興室は「想定していたよりも的中しやすい印象があり、ファンにとって魅力的なのでは」と歓迎している。(丹羽恭太)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全38件中)
    著作権 十勝毎日新聞社