΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    リッキー号の背中に乗って興奮する参加者

    舞台裏見学や馬車乗り体験

     小学生を対象とした馬との触れ合い学習「ばんえいキッズクラブ」が24日午後1時、帯広競馬場で始まった。参加した15人は「ばん馬」との触れ合いを通して十勝に根差す馬文化を学ぶ。

     馬文化の継承を目的に、NPO法人とかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)が開き、今年で2回目。子供たちは31日、2月7日の計3回にわたってさまざまな体験を通じて馬の魅力を体感する。

     この日は同競馬場のバックヤードツアーが行われ、装鞍所、練習走路などの舞台裏を見て回った。その後、帯広市の特別市民・特別嘱託職員としてばんえい競馬をPRしているばん馬リッキー号の馬車に乗り同競馬場内を周回。最後は同号の背中に乗り、馬体の感触を肌で感じた。

     きょうだい3人で参加した風美さん(小3年)、愛心(まこ)さん(同2年)、晴貴君(同1年)は「リッキーの背中は毛がふさふさしていて気持ちがいい。とても居心地がよかった」と声を弾ませていた。31日は執務室などの見学と馬の手入れ、2月7日は実際にそりを引く「チャレンジばんえい」を実施する。(関根弘貴)



    14位、7万4300人
    拠点化へ複合施設建設準備 今後の順位アップ注視

     十勝支庁がまとめた2009年度上半期(4〜9月)の管内主要観光地別(全68カ所)入り込み客数によると、帯広市内で最も多かったのは11位の幸福駅で、市が観光交流拠点化に向けて複合施設建設を目指している帯広競馬場は14位と「埋没」した。同支庁のまとめは1つの指標だが、多額の公費投入を伴う拠点化計画でどこまで順位を上げられるのかが注目される。

     管内トップ10には道の駅なかさつない(1位・中札内)、オンネトー(2位・足寄)、十勝川温泉(5位・音更)、池田ワイン城(8位・池田)など町村の観光地が並んだ。トップ10の入り込み数は、11万1900〜57万4500人となっている。

     一方、帯広は11位の幸福駅(前年同期比3.7%増)が最高の延べ9万5200人で、10位内に入っていない。馬券販売が低迷している帯広競馬場は同7万4300人(同5.5%減)にとどまり、人気はいまひとつだ。

     市町村別の観光客入り込み数は帯広が1位(173万3700人)で、2位の中札内(109万1700人)を64万2000人も上回るが、個別の観光スポットをみると町村に多くの人出を奪われているのが実情。市が所有する八千代牧場は62位で、帯広の観光地の魅力不足が浮き彫りになっている。

     調査は道が各市町村が実施した観光入り込み客数調査や交通機関の輸送実績から推計し、半期ごとにまとめている。下期(10〜3月)の結果は5月に公表される予定。
    (競馬場取材班)



    当初は税投入を否定

     帯広競馬場の複合施設化をめぐり、帯広市は用地部分の賃料を「一般会計」で負担する方針のため、「競馬に対する事実上の一般財源繰り入れになるのでは」との懸念が強まっている。競馬場の土地・建物の賃料は、競馬収益を基本とする「ばんえい競馬会計」(特別会計)で負担してきたが、複合施設部分の賃料が一般会計で支出されれば、競馬運営会社の負担が軽減される構図に。ばんえい単独開催移行時、砂川敏文市長は競馬への税投入を否定していたため、説明責任が求められそうだ。

     市は十勝農協連との間で競馬場の賃貸借契約(単年)を結び、1億5000万円の賃料は競馬会計で負担している。複合施設化では、用地部分のみを切り離して新たな賃貸借契約(5年)を締結、賃料は一般会計から支出する方針だ。

     ばんえい競馬は現在、「オッズパーク・ばんえい・マネジメント」(OPBM)に運営を委託。委託料は賃料などの必要経費を差し引いて算定している。複合施設部分の賃料が除外されれば委託料も増え、結果的にOPBMの赤字圧縮につながる構図が浮かび上がる。

     複合施設化はもともと、OPBM側が「赤字解消の構造改革」として砂川市長に迫ったのが発端。OPBMは昨年度、約6500万円の経営赤字を計上したが、その理由として、競馬場賃料の負担が大きい分、委託料が目減りすることを指摘していた。

     改めて問題になってくるのが、競馬の単独開催移行時に市が示した税負担の考え方。砂川市長は競馬運営に対し、これ以上の一般財源を投入することに否定的な見解を示していた。このため複合施設に関しては「あくまでも観光交流拠点」(商工観光部)と説明し、直接的な競馬支援ではないとの認識を示してきた。

     ある保守系市議は「この事業がばん馬のためということは明白。それをはっきり言わないから行政不信につながる」と指摘。市のあやふやな対応が、議会論戦の火種になることを懸念している。

     なお、複合施設の事業主体(特別目的会社=SPC=とかちむら)に対して市は、年間160万円の地代を徴収する考えを示している。これに対し議会からは「少なすぎる」との批判が出ている。(競馬場取材班)



     ばんえい十勝は、北の屋台で20日にスタートした「とかちマッシュフェア」とのコラボレーション企画として、23日と2月6、13日の3日間、帯広市内の藤丸で、ばん馬との触れ合いイベントを開催する。

     「とかちマッシュ」は、ばんえい競馬の厩肥(きゅうひ)を利用して栽培されたマッシュルーム。同マッシュルームを使った北の屋台のフェアに合わせ、ばんえい十勝の応援イベントとして開かれる。

     イベントは藤丸1階ふれあい広場で開かれ、午後1時から帯広市特別嘱託職員のリッキー号とミルキー号が登場し記念撮影などを行う。同広場では23日〜2月14日の毎週土日と祝日、「とかちマッシュ」の生産元の鎌田きのこ(帯広市川西町)による「とかちマッシュのクリームスープ」(200円、各日限定60食)のPR販売も行われる。(大谷健人)



    とかちマッシュを多彩な調理法で提供している北の屋台(20日、ひでちゃんで、山下僚撮影)

     帯広市内の北の屋台で20日、「とかちマッシュフェア」が始まった。ばん馬の厩肥(きゅうひ)を使って栽培されたマッシュルームを使い、20店舗が約50のメニューを提供。訪れた客らの舌を楽しませている。2月19日まで。

     「とかちマッシュ」はマッシュルーム栽培に最適とされる麦わらの馬厩肥を帯広競馬場から提供を受け、鎌田きのこ(帯広市川西町)が生産。とかちマッシュの90%を占める水分も札内川の伏流水を使い、きのこ特有の「えぐみ」が少なく、生で提供する店舗も。フェアにはブラウン、ホワイト、特大サイズの3種類が提供され、各店が料理に合う種類を選び、使用している。

     屋台で馬肉料理などを提供している「ひでちゃん」(阿部ひで子店主)では、ばんえい競馬にちなみ足寄産の馬肉ととかちマッシュをいためた「ばんば焼き」(650円)を提供。市内の70代の男性は「風味が良く食感もいい」と好評だった。

     屋台では「とかちマッシュフェア」と並行する形で2月28日まで「ナガイモフェア」も開催されている。(大谷健人)


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全38件中)
    著作権 十勝毎日新聞社