\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー 546
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛10(8)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
  競馬場ストーリー
競馬場複合施設基本計画案の中間報告 市の助成 減額修正
2010年1月28日(木)


1億7980万円に 3月下旬に最終提出

 帯広市は28日、帯広競馬場複合施設化に関する事業予定者からの中間報告「とかちむら基本計画案」を明らかにした。概算工事費を2億3585万円(当初提案比1415万円減)に減額、市への補助希望額は1億7985万5000円(同2014万5000円減)、事業者負担額は5599万5000円(同599万5000円増)に修正した。事業者は3月下旬に最終報告書を提出する。

 特別目的会社(SPC)「とかちむら」(国分裕正社長)が帯広競馬場の入場券売り場付近に、(1)産直市場(2)レストラン(3)物産館−の各ゾーンを整備する。7月の開業を目指している。

 ゾーン別に3棟の木造平屋建てを整備。延べ床面積は1006.93平方メートル(当初提案比31.93平方メートル増)。シンプルなフラット屋根の箱形で、トップライトや煙突などで面白さを創出する。産直ゾーンには「産直デイリーマート」、レストランゾーンには十勝産食材を取り入れた「ファーマーズファミレス」(最大約40席)、屋台型小型飲食店を集積した「十勝テイクアウト&バル」を配置する。

 年間買い上げ客数は延べ77万6322人(同21万8429人増)に上方修正。実数の年間想定来場客数は、買い上げ客の7割に相当する54万3425人とし、うち34万8982人を年間想定来場観光客数とした。

 年間想定売上額は7億1520万円(同2億3160万円増)に設定。運営収入を年6384万円と見込み、5年間の支出は年5996万8000〜6064万円とした。収支差引は毎年黒字幅が拡大し、年間320万〜387万2000円とした。5年目の収支差引累計額は1768万円。

 各店舗の休業日は「無休」か「週1休」に設定。雇用創出予定は89人(固定給14人、時間給75人)としている。(中津川甫)


篏罔罸ユ域腓