΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年8月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     ばんえい十勝は10日、今季開催分の約3分の1に当たる48日間を終えた。累計発売額は予算比10.4%減の33億900万1900円(前年比12.34%減)で、計画を約1割下回るペースで推移。景気低迷や天候不順などが響き、一日当たりの予算額を超えたのはわずか4日間と厳しい状況が続いている。

     帯広競馬場は9億585万6500円(予算比12.61%減、前年比11.62%減)と苦戦。道内6カ所の直営場外発売所は11億7779万100円(同3.4%減、同11.86%減)で、今季最も伸び悩みが顕著な「ネット・電話投票」は7億8670万6900円(同14.64%減、同6.79%減)にとどまる。

     一日当たりの予算額を達成したのは4月27日、5月9日、7月18、19日の計4日間のみ。単日の発売額が最も多かったのは4月26日(8969万4900円)だが、予算額には達しなかった。8月は5100万〜7600万円台と低迷している。(中津川甫)

     帯広競馬場で16日に開催される重賞レース「柳月杯 第21回ばんえいグランプリ」(BG2、3歳以上オープン)の出走馬を決めるファン投票が8日に締め切られ、人気の牝馬フクイズミ(牝8歳、松井浩文調教師)が582票で昨年に引き続き1位を獲得した。今季すでに重賞2勝を挙げているカネサブラック(牡7歳、同)が492票で2位に付けた。

     同レースはファン投票上位7頭と番組賞金上位3頭が出走する。ファン投票は帯広競馬場と直営場外発売所、インターネットで受け付け、8日間で3640票が集まった。

     投票結果は次の通り(10位まで)。
     (1)フクイズミ(582票)(2)カネサブラック(492票)(3)ナリタボブサップ(348票)(4)ニシキダイジン(298票)(5)トモエパワー(272票)(6)ライデンロック(196票)(7)スーパークリントン(107票)(8)マルミシュンキ(93票)(9)ホクショウダイヤ(82票)(10)トカチプリティー(82票)



    メーンレースを制したバンゼン。馬の左が鈴木騎手。右端は馬主の横井均さん、左端は表彰式でプレゼンターを務めた本社の丸山芳明広告局長

     帯広競馬場で開催中のばんえい十勝は9日、全レースを十勝毎日新聞社グループが協賛する「勝毎デイ」を実施。13日開催の勝毎花火大会の招待券や勝毎グッズなどが当たる抽選会も行われ、盛り上がりを見せた。

     花火大会直前にばんえい十勝と連動し、観光PRなどの相乗効果を狙った企画。北海道ホテル杯、OCTV杯など全12レースが本社グループの協賛レースとなった。第7レース終了後には抽選会を実施。花火大会のチケットなどを手に入れようと多くのファンが参加した。

     メーンレース「勝毎杯ゴールデンホース賞」は3歳以上栗毛選抜による1戦で、バンゼン(牡8歳、服部義幸調教師、鈴木恵介騎手)が優勝。勝利騎手インタビューで鈴木騎手は「13日は子供たちを連れて花火を見に行きたい」と話していた。
    (丹羽恭太)



     大人気のキャラクター「ハローキティ」がばんえいそりに乗った騎手の人形になった携帯電話ストラップ(630円)=写真=が8日、帯広競馬場1階の売店で発売された。

     競馬の枠番に応じたピンク、オレンジ、緑、黄色など8種類のヘルメットをかぶったかわいいキティがずらり。人形全体の大きさは約3センチ。全国各地の名物にちなんだ「ご当地キティ」シリーズの一つとして誕生したが、「キティラー(キティーの熱烈ファン)の間で8種類全部を欲しいという声も上がっている」といい、早くも大人気。NPOとかち馬文化を支える会のインターネットショップ(http://www.banbashop.com/)でも販売予定だ。(横田光俊)

     ばんえい十勝は8日、帯広競馬場内で確認されていた馬コロナウイルスの感染が減少傾向にあるため、7月21日から閉鎖してきた「ふれあい動物園」を再開、装鞍(あん)所などを案内するバックヤードツアーと、協賛レース表彰式での引き綱を持っての記念写真(口取り写真)撮影も再開した。いずれも出入りの際には両手のひらと靴底の消毒に協力を求めている。

     発熱・消化器疾患などが症状の馬コロナウイルスは「まだ終息には至っていないが減少した」(市ばんえい振興室)として、出入りする人の消毒を徹底することで場外への感染を防ぐ。場外のイベントへの馬の参加自粛などの措置は継続する。
    (横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全15件中)
    著作権 十勝毎日新聞社