\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛12(2)
2017綛11(15)
2017綛10(11)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
  競馬場ストーリー
フクイズミV ばんえいグランプリ 1番人気に応え快勝
2009年8月17日(月)

ファン投票1位の人気に見事に応えたフクイズミ

 ばんえい十勝は16日、ファン投票と獲得賞金上位馬による「柳月杯第21回ばんえいグランプリ」(BG2、3歳以上別定)を行い、ファン投票1位で1番人気のフクイズミ(牝8歳、松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手)が期待通りの勝利を収めた。タイムは2分49秒1(馬場水分4・1%)。2着にはカネサブラック(牡7歳、同、松田道明騎手)が入り、古馬路線の重賞は3戦連続で松井厩舎(きゅうしゃ)のワンツーフィニッシュとなった。

 2頭のライバルと目されていたナリタボブサップが出走を回避したことに加え、好天で馬場が乾き、レースは落ち着いた展開となった。第2障害に次々と仕掛けるライバルを横目に、フクイズミはじっくりと息を整えると、一腰でクリア。ニシキユウにわずかに遅れて2番手で障害を下りると、力強い足取りで一気にトップに立ち、他を寄せ付けない末脚は最後まで鈍ることがなかった。

 尾ケ瀬騎手は「今日は勝って当たり前と思われているレースだったので、結果を出せてホッとしている」と盤石の勝利に安堵(あんど)の表情。「平らになれば負けないので第2障害にだけ気を付けた。以前は第2障害に少し難があったが、このところ安定している」とレースを振り返った。


旭川記念に続き今季重賞2勝目を挙げたフクイズミ。左が尾ケ瀬騎手、馬の右が松井調教師

 旭川記念(6月)、北斗賞(7月)に続きワンツーフィニッシュを飾った松井調教師は「今日は馬場が乾けばフクイズミ、湿ればカネサブラック、2頭が失敗してもホクショウダイヤだと思っていた」と満面の笑顔を見せていた。

 この日の馬券売り上げは1億189万8700円で、今季初めて1億円の大台を突破した。(丹羽恭太)


篏罔罸ユ域腓