΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年7月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     歌手葛城ユキさんによる「ばん馬応援ライブ」(実行委主催)がこのほど、帯広競馬場で開かれた。会場にはビアガーデンも併設され、多くの市民が野外ライブの開放感を楽しんでいた。

     実行委はばんえい競馬を盛り上げようと、2007年に初めて同競馬場でライブを実施。今回は2回目で、葛城さんがヒット曲「ボヘミアン」や「ヒーロー」などを熱唱。「これからもばんえい競馬がますます繁栄しますように」とエールを送った。

     葛城さんの演奏に先立ち、カントリーウエスタンのバンド「チャックワゴン」やダンスチーム「テキサス・トーネード」、物まね歌手のタマ千春さんが出演。また、ばんえい競馬の模擬レースも行われ、ライブを盛り上げた。
    (丹羽恭太)

     帯広市は管内で開催される各イベントで、ばん馬の参加・貸し出しを当面中止することにした。馬の体調悪化が原因。

     市ばんえい振興室によると、ばんえい競馬場内の馬に「風邪に似た症状」が蔓延(まんえん)しているため。検体からはインフルエンザではなく、発熱の要因のコロナウィルスが検出された。家畜衛生研究所からは当面、馬のイベントへの参加を自粛するよう要請があった。

     市は21日、各厩舎の消毒を指導し、厩舎外に馬を持ち出さないよう通達した。自粛期間は未定。帯広まちなか歩行者天国(ホコテン)では26日と8月6日の2回、ばん馬の馬車の運行を中止する。

     同室では「馬も人間同様寒さに弱い。症状を見ながら回復次第で運行を再開したい。ばんえい競馬のレースには現時点で影響はない」としている。(伊藤寛)



    力強い足取りで後続を引き離すカネサブラック

     ばんえい十勝は19日、負担重量800キロ(牝780キロ)の高重量定量戦「第17回北斗賞」(BG3、3歳以上オープン定量)を行い、1番人気のカネサブラック(牡7歳、松井浩文調教師、松田道明騎手)が実力通りの勝ちを収めた。タイムは1分26秒4(馬場水分7.4%)。2着には4番人気のホクショウダイヤ(牡6歳、松井浩文調教師、大口泰史騎手)が入った。

    高速決着も実力を証明

     前日から降り続いた雨の影響で軽馬場となり、高重量戦ながら全頭が1分台でゴールする超高速レースだった。序盤はライバルのナリタボブサップ(牡7歳、大友栄人調教師、鈴木恵介騎手)が引っ張る展開。第2障害に先に仕掛けたが、ややもたつく間にカネサブラックがひと腰でクリア。先頭で障害を下りると、力強い足取りでライバルを引き離しながらゴールラインを切った。


    今季重賞2勝目を挙げたカネサブラック。馬の右が松井調教師、左が松田騎手

     松田騎手は「前半からみんな予想以上にぼって(追って)きたが、キレは抜群の馬なので山(障害)にだけ集中した。ナリタボブサップとは5メートル以内なら圏内だと思っていた」と冷静にレースを振り返った。

     前走の旭川記念(6月28日)で1番人気ながら4着に沈んだカネサブラックだが、「前回はハンディと馬場状態が影響したが、状態は悪くなかった」と松井調教師。この日のノーハンディ戦で、ライバルから頭1つ抜き出た実力を証明してみせた。カネサブラックは4月のばんえい十勝オッズパーク杯に続いて今シーズン重賞2勝目。次回はファン投票によるオールスター戦「ばんえいグランプリ」(8月16日)を目指す。

    (丹羽恭太)


    ばんえい競馬などとかち野魅力を伝える関係者

     とかち帯広空港利用促進協議会(会長・砂川敏文帯広市長)は15日、羽田空港で観光プロモーションを開始した。ばんえい競馬など、十勝の魅力を発信している。17日まで行う。

     国内航空需要と宿泊旅行の拡大を目指す観光庁の企画。同企画には全国21団体が参加し、交代で羽田空港国内線旅客ターミナル内にブースを設けている。同協議会が羽田空港でプロモーション活動を行うのは初めて。

     同協議会から約15人が参加。等身大のばんば像や幸福駅を再現したモニュメントが登場し、十勝川温泉やシーニックバイウェイの取り組みなどを紹介した。ばんえい競馬をPRする「リッキー」の着ぐるみも愛きょうを振りまき、同空港を訪れた子供たちの人気を集めていた。

     同協議会の原孝則事務局長(帯広空港事務所長)は「観光資源をPRし、十勝・帯広に興味を持ってもらうきっかけをつくりたい」と話していた。(池谷智仁)

     帯広市は近く、帯広競馬場の複合施設化に関する意見提案を公募する。民間団体を交えた複合施設化検討会議の議論のほかに、広く民間からアイデアを募りたい考え。現在、庁内で公募の前提条件を詰めている。空きスペースや用途など立地の制約を示すことで、より実現可能な具体案の提案を期待している。

     複合施設化検討会議は砂川敏文市長の指示で組織され、10月までに一定の方向性を出すことになっている。合田隆司ばんえい振興室長は9日の市議会産業経済委員会で、会議の進ちょく状況に触れ、「観光を中心とした施設化の方向を示しながら議論している。もう一つは広く意見をいただく公募を考えながら進めている」と答弁した。

     市によると、競馬場敷地内は事務所、ホテル、1万平方メートルまでの店舗、ボウリング場などが建設できる「第二種住居地域」。これら土地利用の条件を示して、公募する構え。合田室長は「残された時間はあまりない。条件を庁内で議論してなるべく早く近いうちに公募したい」と語った。

     同日の産経委では、8月以降、道営競馬のミニ直営場外発売所「Aiba」の登別、札幌市西区琴似での開設に伴い、ばんえい競馬の馬券も販売できる見通しが示された。(中津川甫)

    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全17件中)
    著作権 十勝毎日新聞社