΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年6月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     帯広市議会6月定例会は10日から3日間の一般質問が始まるが、ばんえい競馬の赤字問題を取り上げる議員が1人もおらず、厳しい追及を予想していた理事者側は「拍子抜け」の状態となっている。運営会社の意向も絡む複雑な問題だけに各会派は、赤字補てんのための競馬会計補正予算案を扱う議案審査特別委員会(15日)に照準を合わせた。競馬会計は今季以降、補てん財源の財政調整基金が底を突く状況になるため、議会論議の機会が十分生かされないことには疑問の声も強まりそうだ。

     ばんえい競馬の運営を受託するオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)が昨年度決算で、約6500万円の赤字を計上する見通しとなり、市に財調基金(約5000万円)の取り崩しを要請。これを受けて市は、財調基金をほぼ全額取り崩す補正予算案を、今定例会の初日(4日)に提案した。

    5月下旬に発覚
     4日午後に通告が締め切られた今議会の一般質問には、定数(32)の半数に迫る15人が登壇。質問内容は保健・福祉、産業、防災、教育など幅広く、国のナショナルトレーニングセンター指定が決まった帯広の森屋内スピードスケート場の運営などに関する項目もある。

     その中で、定例会直前に浮上した競馬問題についての通告はゼロ。当初は赤字積算根拠などOPBMの経営概要全般、帯広競馬場の複合施設化を柱とした将来展望などを一般質問でただそうとする動きもみられたが、最終的には見送られた形。

    経過知らないと
     野党第1会派として一般質問に5人が立つ民主・市民連合の野原一登会長は「赤字問題は今議会直前に浮上した事案で、背景も複雑。市単独開催に至った経過を十分知らなければ質問は難しい。会派としては時間制限のない議案審査特別委で論議する方針」と説明する。

     登壇する野党議員の1人は「数人は質問するだろうと思っていた。議員間で『重複すれば見苦しい』との遠慮が働いた」と打ち明ける。同じく登壇予定の与党議員は「市長の責任は問うべきだが、不用意に追及すれば受託会社の撤退を招きかねない」と、意識的に話題を避けたことを示唆する。

    最終的に拒めず
     一般質問での追及は避け、議案審査特別委で集中的に審議する形となったが、どこまで論議を深められるのかは不透明。庁内には「事務委託契約上、最終的に基金の取り崩し自体は拒めず、受託会社の経営状況開示も強制できない。将来展望の要となる複合施設化の検討もこれから。答弁と同様、質疑の詰め方も難しいのでは」との見方が広がっている。(岩城由彦)



    「市民の自主性必要」 複合施設化の動き注視

     ばんえい競馬の運営受託会社オッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)の藤井宏明社長が2日、帯広競馬場で十勝毎日新聞の取材に応じ、「3年前から黒字か赤字かで(撤退を)決める気はないと言ってきた。われわれはぶれていない」と語り、現時点で赤字を理由に撤退を判断する考えはないことを強調した。同社は昨年度決算で約6500万円の赤字を計上する見通しとなり、競馬会計の財政調整基金(約5000万円)の全額取り崩しを市に要請しているが、経営状況の開示については「シンポジウムなどで人件費構造などは発表している」との見解を示した。


    「黒字か赤字で(撤退は)決めない」と語った藤井社長

     藤井社長は赤字計上について、「長い目で見て後から反省すればいい」と説明。「ばんえい競馬を地域がどうするのか、必要なのかどうか。われわれのことは気にしないで、地元がどうするかを考えてほしい」と強調、喫緊の課題として収益構造の改革を挙げ、馬券発売事業以外の収益となる競馬場複合施設化の動きに注目する考えを示した。

     「赤字だから不満なわけではない。(市が)何も構造改革をしていないのが不満なだけ。市長が上期中に力強く(複合施設化の)方針を決めると言っているので存廃は言わない。ばんえいに必要なのは、われわれに依存するのではなく、全員参加型で地域や市民が自主的にやってくれること」とも述べた。

     競馬運営上の貯金に当たる財調基金の取り崩しを市に求めていることに関しては、「原因はいろいろある。1つには、売り上げが予算にいっていないことがある」と説明。

     市や議会から不満がくすぶるOPBMの経営状況の開示に関しては、「シンポジウムなどで人件費構造などを発表してきている。ただ発表することにどんな価値があるのか。重箱の隅をつつくよりも、未来に向かった姿を考えてほしい」と訴えた。(中津川甫)



    世代最強の座を固めたライデンロック。馬の右が田中さん。左が尾ケ瀬騎手

     ばんえい十勝は5月31日、4歳3冠レースの初戦「第3回柏林賞」(BG3、4歳オープン別定)を行い、3歳2冠のライデンロック(牡、千葉均調教師、尾ケ瀬馨騎手)が大接戦を制して1番人気に応えた。タイムは1分16秒6(馬場水分8.6%)の超高速レースだった。2着には0.7秒差で2番人気のウメノタイショウ(牡、長部幸光調教師、鈴木恵介騎手)が入った。

     前日から降り続いた雨の影響で超軽馬場。スタートから全馬が飛ばす展開となった。ライデンロックは第2障害手前で一息入れると、一腰でクリア。ウメノタイショウ、アカダケキング(牡、大橋和則調教師、西謙一騎手)と並んで障害を下りた。ゴールまで3頭が並ぶ接戦となったが、ライデンロックはトップハンディを背負いながらも最後に力の差を見せ付けた。

    雨の中ゴールに突き進むライデンロック

     尾ケ瀬騎手はレース後、「1つのミスも許されない高速レースで、久々にプレッシャーを感じた。菊花賞のイメージも抜けていなかったので」と明かす。ライデンロックは昨年11月、3歳3冠レース2戦目のばんえい菊花賞で、速い展開から障害でヒザを付き、1番人気ながら最下位に沈んでいる。重圧の中で積極的に攻めた尾ケ瀬騎手は「馬の力を信じた結果。まだまだこれからの馬」と話し、4歳3冠に照準を定める。

     生産者で馬主の田中猪之助さん(後志管内共和町)は「雨が強くハンディもあったので無理かもしれないと思ったが、皆さんのおかげで勝てました」と顔をほころばせていた。(丹羽恭太)


    << 前へ 1 2 3 4 5   

    表示件数 21-23  (全23件中)
    著作権 十勝毎日新聞社