΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年6月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    力強い足取りでゴールを目指すウィナーミミ

    1番人気のワタシハスゴイ2着

     ばんえい十勝は21日、3歳牝馬3冠レースの初戦「第35回黒ユリ賞」(BG3、3歳牝馬オープン別定)を行い、2番人気のウィナーミミ(槻舘重人調教師、松田道明騎手)が2歳牝馬の重賞バレンタインカップ(2月)覇者の実力を見せ付けた。タイムは1分22秒3(馬場水分7. 5%)。1番人気のワタシハスゴイ(皆川公二調教師、藤本匠騎手)が2着に入った。

     軽い馬場も手伝い、レースは速いペースで進行。第2障害をひと腰でクリアしたウィナーミミにライバルたちも何とか食い下がったが、障害を下りてからは独壇場だった。松田騎手が力強くおうごとに他をぐいぐいと引き離し、2着に5. 8秒差をつけてゴールした。


    3歳牝馬3冠に向け好調な滑り出しを見せたウィナーミミ

     バレンタインカップでも手綱を握った松田騎手は「やっぱりパワーがある」と強さを再確認。3冠に向けても「他の強豪馬もトレーニングを積んでくるだろうが、今日乗った限りでは十分な力がある」と手応えを感じていた。

     今シーズンから同馬を預かる槻舘調教師は「うちに来てから日が浅く、まだ馬のコンディションを十分につかめていない状況だったので、勝ててホッとした。反応が良く、勝負根性がある。簡単にはいかないが、良い結果が出るよう頑張りたい」と、3冠の残り2戦、プリンセス賞(9月)とオークス(12月)を見据える。(丹羽恭太)

    ばんえいの場外発売場 「ミントスポット北見」に

     帯広市とオッズパーク・ばんえい・マネジメントが一般公募していたばんえい十勝の新北見場外発売場(北見市)の愛称が「ミントスポット北見」に決まった。同発売場は7月4日開設予定。

     71件の応募の中から、北見の名産品ミントと旭川北彩都場外発売場(旭川市)の愛称「レラスポット北彩都」とのイメージバランスが良い同名が選ばれた。


    ナイトレースが始まったばんえい十勝(20日、塩原真撮影)

    開幕初日、キャンペーンや抽選会

     帯広競馬場(帯広市西13南9)で開催中のばんえい十勝で20日、今シーズンのナイター営業が始まった。7月からはビアガーデンも開設され、帯広の夜のレジャー・観光のけん引役として期待される。ナイターは9月21日までの14開催42日間。

     ナイター初日の帯広の最高気温は平年を6.8度下回る13.9度、メーンレースが行われた午後8時の時点で11.9度と肌寒い1日となった。年に1、2回、神奈川県から観戦に訪れているという柴田左知子さん(44)は「(存廃問題に揺れた)2006年より雰囲気が明るい。お客さんやスタッフ、ジョッキーとも親しみやすい」と競馬場のムードを楽しみながらも、「さすがに夜は寒い」と万全の防寒対策で観戦していた。

     あいにくの天候にもかかわらず、ナイター開始キャンペーンや抽選会などの催しが行われ、入場者数は前年を273人上回る1334人。一方、場外馬券場などを合わせた馬券発売額は前年比81.7%の6843万100円にとどまった。市ばんえい振興室では「天候が回復し、1人でも多く来場してもらうしかない」(合田隆司室長)と話している。

     ナイター開催時の第1レース発走は午後2時半。
    (丹羽恭太)


     ばんえい十勝は20日からナイター開催が始まる。今季初めて実施した薄暮開催は16日で前半が終了、馬券の発売成績は16億5434万1200円で予算比10.43%減、前年比11.40%減と想定以上に厳しい状況となっている。ナイターは9月21日までの計42日間。帯広競馬場でビアガーデンなどの企画もあり、多くの来場を呼び掛けている。

     薄暮開催は5月9日に前半がスタート、16日までに計18日間開催した。後半はナイター終了後の9月26日に開始、10月19日まで計12日間行う。

     前半の薄暮開催は予想以上に馬券発売が伸びず、1日の最高額は5月10日の7803万800円、最低は6月1日の5209万4600円。景気低迷に、天候不良などが追い打ちをかけた。

     16日までの開催24日間の累計発売額は、帯広競馬場が4億6736万4000円(予算比12.79%減、前年比9.48%減)、道内6カ所の直営場外は6億3177万1200円(同2.29%減、同8.27%減)。帯広の落ち込みが目立つ。

     道営競馬のミニ直営場外「Aiba」など広域発売も不振が続き、2億1391万8300円(同26.46%減、同21.41%減)。電話.ネット発売も3億4128万7700円(同8.64%減、同12.47%減)となっている。

     ナイターは昨年の反省を踏まえ開催日を42日間と期間を短縮。第1レースは午後2時半、最終第12レースは8時35分となる。ビアガーデンは7月4日から8月末まで。ナイター開始キャンペーン(20−22日)として馬券3000円以上の購入者に、騎手の直筆サイン入りポストカードを提供する。市ばんえい振興室では「薄暮開催の効果を検証して後半に生かしたい」(合田隆司室長)と話している。(中津川甫)


    新鮮な野菜が軽トラを利用して販売された夕市(16日午後3時半ごろ、塩原真撮影)

     農家が地場農産物を販売する直売会「おびひろ軽トラ夕市」が16日午後3時、帯広競馬場南側の敷地で初めて開催された。帯広、音更、幕別の農家11店が軽トラックに野菜などを載せて対面販売し、買い物客でにぎわった。

     帯広市の主催。降雨の影響で中止になった13日のばんえい競馬の代替開催日と重なったため、開催場所を競馬場から変更した。ばんえい競馬馬主協会も夕市を「ベジフェス(ベジタブルフェスタの略称)」として盛り上げに協力、PRブースを設置した。

     軽トラで販売されたのは、レタス、アスパラ、ニラ、ハクサイ、ジャガイモなど。満寿屋商店のパン、ばんえい馬の堆肥(たいひ)の即売、牛乳消費拡大キャンペーンとしてホワイトコーヒーの無料配布も行われた。

     市内から来た白瀬武志さん(72)は「新鮮な野菜はいい。また来たい」と笑顔。市農政課は「地産地消と競馬場の利用促進につながれば」と期待している。

     夕市は10月13日までの毎週火曜日に開催。2回目の23日以降は午後4時から日没まで競馬場内で実施する。18日午後3時からは市内川西町のとかち大平原交流センターでも夕市を開催(10月15日までの毎週木曜日、2回目以降は午後4時開始)。問い合わせは同課(0155・59・2323)へ。(中津川甫)


    ばんえい 基金5千万円、底突く

     帯広市議会議案審査特別委員会(市原秀朗委員長)は15日午後、ばんえい競馬会計の財政調整基金5000万円を取り崩して運営受託会社の昨年度赤字を補てんする補正予算を賛成多数で可決した。17日午後の定例会本会議で成立する予定。補正後の財調基金残高は150万円程度となり、事実上、底を突くことになった。

     財調基金の昨年度末残高見込みは5066万8891円。今年度当初は年度末までの基金利子35万4000円を想定していたが、元金の大半を取り崩すため利子は4分の1の8万8500円程度に縮小。前年度繰越金など70万9000円を含め、残高は150万円を下回る見通し。

     財調基金を取り崩す競馬会計補正予算案は佐々木とし子氏(共産)が「市民理解を得られない」として反対の立場で討論したが、啓明会、新風21、公明、未来創造クラブ、民主・市民連合の5会派がすべて原案賛成に回った。
     議審委では競馬会計補正予算以外の議案13件も原案可決。市税条例の一部改正案には佐々木氏、野原一登氏(民主・市民連合)が修正案を提出したが、与党・中間系の反対で否決された。(岩城由彦)

    経営安定化へ不安残す
    審査特別委でばんえい赤字補てん可決

     15日の帯広市議会議案審査特別委(12人)は、ばんえい競馬の赤字補てんをめぐり、8人が質問するなど活発な論議が繰り広げられた。ばんえい競馬財政調整基金(約5000万円)の取り崩しを回避できなかった砂川敏文市長の責任、運営受託会社オッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、藤井宏明社長)との委託契約の細部に論点は及んだ。砂川市長は一般会計からの繰り入れは改めて否定したが、経営安定化へのかじ取りに不安を残した。



    市長に苦言相次ぐ 「市民に謝罪を」「協議内容の説明不足」

     15日の帯広市議会議案審査特別委(12人)は、ばんえい競馬の赤字補てんをめぐり、8人が質問するなど活発な論議が繰り広げられた。ばんえい競馬財政調整基金(約5000万円)の取り崩しを回避できなかった砂川敏文市長の責任、運営受託会社オッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、藤井宏明社長)との委託契約の細部に論点は及んだ。砂川市長は一般会計からの繰り入れは改めて否定したが、経営安定化へのかじ取りに不安を残した。

     砂川市長は「危機意識を持ち、最大限の知恵と手を尽くすのが私に課せられた責務。関係者一丸となって継続開催に全力を挙げたい」と強調。(1)馬券発売増加(2)経費削減−の両面から収支を見直すとし、「一般会計から繰り入れしないのが前提なので創意工夫で経営努力する」との認識も示した。

     これに対し議員からは苦言や注文が相次いだ。小森唯永氏(新風21)は「税金(基金)を使うのだから市長は市民に謝罪すべき。昨年2月の段階で赤字(見通し)を通告されていたのに何をやっていたのだ」と批判。
     佐々木とし子氏(共産)は、OPBMへの委託料が予算より5000万円も多く支出されている事実を取り上げ、「なぜ赤字補てんをするのか(受託会社との)協議内容の説明が不十分」と指摘した。

     渡辺和寛氏(啓明会)は発売額の損益分岐点の説明を迫ったが十分な回答を得られず、「売り上げは何を(目標に)目指すのか」と事業計画の検証を提案。野原一登氏(民主・市民連合)は競馬場複合施設化の検討作業について、「口で言うだけではなく行動に出して結果を出すことが求められる」と言及した。

     谷内利夫氏(未来創造クラブ)は2年前の単独開催移行時、旧競馬組合の構成市から支援金(各市5000万円)を得られず、当初から財政基盤の脆弱(ぜいじゃく)さが心配されていたことを指摘。「もう少し早く手を打つべきだった。市長の決断の遅さ、先見性の無さ、やる気が見えない」と、競馬主催者である市長の行動力を問題視した。

     市側は経費削減に向け、国の馬産地活性化対策(3年間で総額50億円の補助)の活用、地方競馬全国協会に納付する交付金(約1億円)の見直しに向けて他の地方競馬主催者と協議する方向を提示。ただ現時点でOPBMの経営環境が好転する材料は乏しく、問題の火種は今後もくすぶりそうだ。
    (中津川甫)


    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全23件中)
    著作権 十勝毎日新聞社