\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛12(2)
2017綛11(15)
2017綛10(11)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 

圧倒的な末脚でゴールを目指すフクイズミ

 ばんえい十勝は28日、4大記念レースの初戦「第40回旭川記念」(BG3、3歳以上オープン別定)を行い、3番人気のフクイズミ(牝8歳、松井浩文調教師、藤本匠騎手)が主戦の尾ケ瀬馨騎手を騎乗停止で欠きながらも、ナンバーワン牝馬の意地を見せつけた。タイムは2分8秒2(馬場水分4.6%)。2着は4番人気のホクショウダイヤ(牡6歳、松井浩文調教師、大口泰史騎手)が入り、松井厩舎(きゅうしゃ)のワンツーフィニッシュとなった。

 750−780キロの負担重量と乾いた馬場の影響で、レースは比較的落ち着いた展開に。フクイズミ初騎乗の藤本騎手は松井調教師のアドバイスで、第2障害のやや手前でひと息入れた。藤本騎手が「馬が自分から行った感じ」と振り返る通り、自分のペースで障害に臨んだフクイズミは、ライバルたちを尻目にひと腰でクリアして勝負あり。抜群の末脚で2着に11秒の差を付けてゴールラインを切った。


4大記念レース3勝目を挙げたフクイズミ。馬の右が松井調教師、左が藤本騎手

 藤本騎手は「障害で気難しいところがあると言われていたが、今日は馬の気持ちが前向きだった。馬に負担を掛けずに勝ててよかった」と話し、レース前に公言した「代打ホームラン」を喜んだ。松井調教師は「初めての騎乗とはいえさすがベテラン。会心の勝ち方だった」と藤本騎手をたたえた。

 フクイズミは昨シーズンの岩見沢記念、帯広記念に続いて4大記念レース3勝目。11月29日の北見記念で通算4冠を狙う。
(丹羽恭太)

篏罔罸ユ域腓