΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年5月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     遊休地などにナタネやヒマワリを植えて景観づくりや循環型社会の実現を目指す「とかちイエローリボンプロジェクト」の一環で、菜の花畑オーナーを募る「バンバオーレ・クラブ」の種まきが15日午後1時から帯広競馬場敷地内で行われた。7月後半から黄色い菜の花が楽しめるほか、オーナーにはナタネを収穫して搾った油「なったね!バンバオーレ!」と、菜の花畑とお気に入りのばん馬を一緒に収めた写真を贈る。

    帯広競馬場敷地内で行われたナタネの種まき

     同プロジェクトは今年度から動きだした。十勝シーニックバイウェイの3ルートをヒマワリで彩るほか、地域イベントで配布したヒマワリの種を一般家庭で育ててもらい、種を回収することなどを計画している。

     種まきは、同プロジェクト実行委(委員長・西崎邦夫帯広畜産大学特任教授)の主催。この日は約1ヘクタールに、トラクター後部に取り付けた機械で肥料と一緒に3キロの種をまいた。

     同クラブ会費は1口(1坪=3.3平方メートル)2000円。会員はメールマガジン、ナタネ成長ブログ「バンバオーレ日記」配信、会員証とイエローリボンピンバッジをもらえる特典がある。会費の一部は、協賛レースなどでばんえい振興に充てるほか、8月には同競馬場で歌手EPOさんのライブも予定している。

     菜の花畑は競馬場内のため一般の立ち入りはできない。松浦美穂子事務局長(トム・エンタープライズ取締役)は「オッズパーク・ばんえい・マネジメントと連携してバックヤードツアーを企画し、菜の花の景観を楽しめるようにしたい」と話していた。

     花畑のオーナー募集
     オーナー申し込みはファクス(0155・47・2050)かホームページ(http://tokachi-yellow.com)で。(山崎大和)


    来月16日から毎週火曜、18回
     帯広市は今年度、帯広競馬場で軽トラックを利用して地場農産物を販売する「夕市」を初めて実施する。6月16日から10月13日までの毎週火曜日で計18回。出店農家の範囲は管内全域に拡大、地産地消を推進する考え。

     市内川西町のとかち大平原交流センターで昨年度実施した夕市が好評だったことから、出店農家のアンケートに基づき実施を決めた。同センターでの夕市も6月18日から10月15日までの毎週木曜日に計18回実施。開催時間は競馬場、同センターとも午後4時から日没まで(小雨決行)。10月は日没が早まるため、同3時からに開始時間を繰り上げる。

     ターゲットは勤め帰りの市民や地域住民など。出品する農作物全品の生産履歴が記帳できることを出店条件とし、新鮮で安全安心な地場産の確保を図る。競馬場では「おびひろ軽トラ『夕市』」と題し、軽トラの荷台を利用した対面販売方式とする。毎週の出店者数は10件程度を想定。出店者の登録数は20件程度を見込む。
     軽トラの利用は生産者の搬入労力を軽減し、PR効果の利点も。軽トラ市は全国的に中心街で実施している例が多く、競馬場の利用促進にもつなげたい考えだ。市農政課は「多くの人に足を運んでほしい」と話している。

     各夕市の出店農家を募集している。条件は(1)管内農業者(2)出品する全作物に生産履歴の記帳ができる(3)軽トラ夕市の場合は軽トラ(軽ワゴン含む)を用意できる−の3点。25日までに氏名、住所、電話番号、出店を希望する夕市を同課(0155・59・2323、ファクス0155・59・2448、Eメールshibayama.eisuke@city.obihiro.hokkaido.jp)に伝えればよい。(中津川甫)



    3年半ぶりの重賞制覇を遂げたエンジュオウカン。馬の右が久田調教師、左が鈴木騎手。左から2人目は生産者で馬主の延寿武好さん=根室管内中標津町

     ばんえい十勝は10日、牝馬限定レース「第2回カーネーションカップ」(BG3、3歳以上別定)を行い、1番人気のエンジュオウカン(牝8歳、久田守調教師、鈴木恵介騎手)がおよそ3年半ぶりの重賞制覇を遂げた。タイムは1分58秒7(馬場水分1.4%)。2着には3番人気のギャンブラークイン(牝8歳、大友栄人調教師、藤本匠騎手)が入った。

     レースはギャンブラークインが引っ張る展開。エンジュオウカンは第2障害途中でわずかに先行したが、鈴木騎手は「ギャンブラークインは足があるので、一緒に障害を下りたときはやばいと思った」と振り返る。下りてからは2頭の一騎打ちとなり、ハンディ20キロのエンジュオウカンが逃げ切った。

     エンジュオウカンはデビュー以来、スター街道を走り続けたが、のどの病気で2007年5月を最後に戦線を離脱。手術を受け、昨年10月に復帰した。復帰後は17戦6勝、連帯率70.6%と格の違いを見せ、この日の勝利で完全復活を印象付けた。

    力強い走りでゴールを目指すエンジュオウカン

     今シーズンからエンジュオウカンに騎乗する鈴木騎手は「もともとオープン馬の能力があり、障害も良い馬。今日は下りてからも思った以上に歩いた」と改めて強さを実感した様子。久田調教師は「1番人気だったので勝って一安心」と胸をなで下ろし、「格付けが上がるので、無理をさせず、夏場を乗り切れる使い方を考えたい」と話していた。(丹羽恭太)



    薄暮開催が始まったばんえい十勝。晴れた日は夕日に向かって走るばん馬の姿が見られる(9日午後4時50分ごろ、金野和彦撮影)

     帯広競馬場(帯広市西13南9)で開催中のばんえい十勝は9日、初の試みとして「薄暮開催」を始めた。集客と馬券売り上げの増加を狙い、通常の昼間開催よりレースの発走時刻を1時間ほど遅らせる。開催日は6月15日までと9月26日−10月19日の毎週土・日・月曜。

     昨年度は5月中旬から10月中旬までナイターで開催したが、夜の気温が低い春と秋に客足が鈍った。今年度はナイター開催を30日間減らし、春と秋に薄暮開催を取り入れた。

     市ばんえい振興室は「仕事帰りにも最後の数レースを楽しんでいただける。ナイターに比べると冷え込まない時間帯なので、最終レースまで長居しやすくなる」と期待している。

     薄暮開催時の同競馬場開門は午前11時。第1レースは午後0時半、最終レースは同6時半の発走予定。(丹羽恭太)

    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全16件中)
    著作権 十勝毎日新聞社