΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    「ヤングジョッキー賞」新設

     帯広市とオッズパーク・ばんえい・マネジメントは23日午後、帯広競馬場で記者会見し、2009年度のばんえい競馬開催計画を発表した。管内市町村や各団体との連携を強化し、レース協賛や物産販売などを競馬場で毎週実施する「市町村ウイーク」を検討するほか、競馬場の授乳室整備、若手騎手のみによる競走レース「ヤングジョッキー賞」を初めて実施する。

     開催日程は4月25日−10年3月29日の150日間。レース時刻は(1)デイ(昼間)(2)薄暮(3)ナイター−の3区分。ナイターは6月20日−9月21日の42日間。一昨年と同じ土・日・月曜日に行う。薄暮はナイター前後の5月9日−6月15日、9月26日−10月19日の30日間とする。

     発売額の落ち込みが深刻な直営場外発売所は、旭川と北見が現在地から移転。旭川場外は従来の「旭川レーシングセンター」から旭川市南6条通20の「旭川北彩都場外発売所」(レラ・スポット北彩都)に移り、25日の開幕から販売を始める。無料駐車場を200台分用意。25日午前9時から砂川敏文市長ら関係者で開所式を行う。

     レース関係では重賞レースを昨季同様25競走とし、6月8日にヤングジョッキー賞を新設。昼間開催の発走時刻は20分遅らせ、第1レース午前11時20分、メーン午後4時50分、最終同5時25分などに変更する。イベントに対応した発走時刻の設定も行い、ゴールデンウイークに「プチ薄暮」、12月27日に「プチナイター」を開催して発売増を図る。

     同社の新名貴之取締役は「今秋の重勝式導入で宝くじ購入層を含めた新たなファンを取り入れていきたい」と抱負を語った。(中津川甫)



    ↑ 公開された「元気おびひろ商品券」見本(金野和彦撮影)

     帯広消費拡大推進実行委員会(藤本長章委員長)が発行するプレミアム付き商品券「元気おびひろ商品券」の図柄が固まり、23日、商品券の見本と取扱店に張るステッカーが公開された。ばんえい競馬を全面に出した帯広らしいデザイン。5月12日から市民を対象に販売する。

     同商品券はギフトカードサイズの紙製。額面は1000円分で、販売元の日専連ジェミス(西2南8)、NCおびひろ(西5南14)の区別をつけるため、前者は青色、後者は赤色にした。右側には偽造を防ぐため、光沢のあるホログラムを施してある。
     同委員会の事務局を置く帯広商工会議所の小島清司常務理事は「馬を選んだのは『元気』を全面に出したかったから。リッキー号、ミルキー号も印刷しています」とPRしている。

     同商品券は5月12−22日に販売(日曜は除く。無くなり次第終了)。7月31日まで参加店で利用できる。(伊藤寛)

     社団法人ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)は今年度、マーケティングやイベント企画・運営などを手掛ける「ピー・ジー・エス」(本社札幌)の青山祐子代表をコーディネーターとして招聘(しょうへい)。帯広市や関係機関と連携して観光ツアー誘致や帯広競馬場でのイベントなどを実施し、ばんえい十勝の集客力やサービスの向上を目指す。同協会では「新しい風を入れることで、馬券売り上げの伸び悩みなどによる協会内部の閉塞(へいそく)感を打破したい」としている。

    札幌のイベント会社代表を招聘 観光ツアーなど誘致へ

     青山代表は国際花と緑の博覧会や長野オリンピックなど、各種イベント運営や施設運営業務に携わる。昨年は北海道洞爺湖サミットに合わせて開催された洞爺湖エコギャラリーの統括運営ディレクターを務めた。

     同協会の依頼で2月にばんえい十勝を視察した青山代表は「馬との距離が近く、ライブ感がある。世界で唯一の競馬として、道内はもちろん全国、アジア圏からの集客も期待できる」と判断。同協会から同競馬の普及啓発事業を受託した。

    ↑ 「ばんえい競馬の振興には市民の盛り上がりが不可欠」
    と話す青山代表(帯広競馬場で)


     青山代表は競馬に加え、パークゴルフやスイーツ、食、十勝川温泉などの観光メニューを組み合わせ、“十勝もり”のネーミングで旅行会社などにPRする。一方で、パークゴルフや競馬などそれぞれの場面で、地元住民が観光客をもてなす市民参加型の仕組み“十勝応援団”を結成する考え。「観光客誘致の前提として、受け地(十勝)のホスピタリティーを高めなければならない」と指摘する。

     受け地整備の一環として、同社スタッフが帯広競馬場内の同協会に常勤し、競馬場を活用したイベントを実施する。イベントはレース開催日にこだわらず、競馬も含めた十勝もりをテーマとしたものとして競馬場の集客力を高める考え。青山代表は「イベントを通じて、市民自身に競馬をはじめ十勝の魅力を強く認識してもらいたい。そのことで十勝応援団が充実すれば、結果として観光客誘致につながる」としている。(丹羽恭太)




    ばんえいオリジナルグラスを手にする谷調教師(右)と刑務作業の指導に当たった同刑務所処遇部の村上正樹作業専門官

     ばんえい十勝の谷あゆみ調教師ととかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)、帯広刑務所(帯広市別府町南13線、澤村佳夫所長)のコラボ商品「ばんえいオリジナルグラス」が完成した。ばんえい十勝開幕に合わせ、25日から帯広競馬場(西13南9)で販売する。200個限定、1個850円。

     刑務作業の確保とばんえい競馬PRのため同刑務所が提案。同会とともに企画を練り、ばんえいをモチーフにした絵で有名な谷調教師の協力を得て商品化した。

     グラスに入れるばん馬の絵を谷調教師がデザイン。同刑務所の受刑者がサンドブラスト加工で絵を彫刻した。グラスは赤と緑の2色で、それぞれ2パターンのイラストが彫り込まれている。また、グラスの底には「ばんえい十勝」の文字が彫られている。谷調教師は「こうして形になり、自分の絵に命が入ってうれしい」と完成を喜んでいる。

     同刑務所は今後、ガラス加工のほか金属加工、木工、印刷などの技術も生かして地域性のある商品の制作に取り組んでいく考え。
    (丹羽恭太)


     25日に開幕するばんえい十勝は、今年度デビューする2歳馬2頭の馬名を公募している。全員参加型の取り組みの一環で、誰でも応募することができる。

     名前を公募しているのは、キングマサライ号(牡、芦毛)とスピードクラック号(牡、栗毛)の2頭。名前の条件は、カタカナ2文字以上9文字以下で、現役競走馬や過去に活躍した馬の名前は除く。公序良俗に反すると判断される名前も付けられない。

     第1回開催(5月4日まで)期間中に審査委員会で決定。名付け親にはばんえいオリジナルグッズが贈られる。

     22日午後5時締め切り。応募はインターネット(http://www.banei-keiba.or.jp/info/bamei_info.html)から。


    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全25件中)
    著作権 十勝毎日新聞社