\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛12(2)
2017綛11(15)
2017綛10(11)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
  競馬場ストーリー
カネサブラックV3 今季重賞初戦オッズパーク杯
2009年4月27日(月)

余裕の走りでゴールを目指すカネサブラック

高速レース 1番人気通りの強さ

 ばんえい十勝は26日、帯広競馬場で今季の重賞初戦「第3回ばんえい十勝オッズパーク杯」(BG2、4歳以上選抜別定)を行い、1番人気のカネサブラック(牡7歳、松井浩文調教師、松田道明騎手)が圧勝で3連覇を飾った。タイムは1分13秒1(馬場水分8.8%)。2着には2番人気のナリタボブサップ(牡7歳、大友栄人調教師、鈴木恵介騎手)が入った。

 前日から降り続いた雪の影響で高速レースとなった。第2障害まではカネサブラックがナリタボブサップらライバルを引っ張る展開。松田騎手は「切れ味のある馬が何頭かいたので、序盤に他の馬に楽をさせたくなかった」と先行の理由を説明する。

 第2障害手前でカネサブラックが一息入れる間に、ナリタボブサップが障害に直行するが、トップを譲ったのはその一瞬だけだった。無難に障害を越えて先頭で下りると、カネサブラックのペースに合わせて序盤にスタミナを奪われた他の馬を尻目に、余裕でゴールを駆け抜けた。


圧倒的な強さで3連覇を達成したカネサブラック。馬の左が松井調教師。馬の右3人目が松田騎手

 松田騎手は「馬の状態が良く、軽馬場の利もあった。勝ち時計は予想通り」と会心の勝利を喜んだ。

 松井調教師は「ばんえい記念(3月)の後遺症もなく、調教で良い走りをしていたので勝てると思っていた。レース展開も事前に松田騎手と立てた作戦通りだった」と盤石の勝ちに満足。「今年は1つでも多く重賞を取って、最後はトモエパワー、カネサブラック、フクイズミでばんえい記念を狙う」と力強く語った。
(丹羽恭太)

篏罔罸ユ域腓