΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    ビニールハウス内でびっしりと実った「十勝マッシュ」(12日午前10時、折原徹也撮影)

     鎌田商事(香川県坂出市、鎌田郁雄社長)は12日、帯広市川西町のキノコ工場で、ばん馬の厩肥(きゅうひ)を活用して栽培したマッシュルームの初収穫を行った。ばんえい競馬のPRにも一役買い、新たな地域の名物にと期待している。

     商品名は「とかちマッシュ」。地元スーパーやレストラン、帯広地方卸売市場、道内ホテルなどに出荷する。

     ばんえい競馬の厩舎から出る馬ふんに着目。年間数百トンの無料提供を受け、1月から栽培を始めていた。わらを混合した馬ふんに石こうや鶏ふんなどを加えて発酵。堆肥(たいひ)にして使用した。

     マッシュルームはS、M、L、2Lの4種類。温度管理されたビニールハウス内の棚床にはマッシュルームがびっしりと実り、同日午前9時から、白衣に身を包んだ職員が丁寧に摘み取った。年間で60トンの生産を予定している。

     鎌田社長は「馬厩肥活用などの面で十勝に適したキノコ。地域の名物に育てたい」と話している。(小寺泰介)


     帯広市は、運営受託会社が撤退を示唆しているばんえい競馬の経営安定に向けて、地方競馬全国協会(地全協)との協力関係強化を模索している。地全協は昨年度の法改正で、全国16の地方競馬主催者のレース日程や番組編成の調整、競馬開催業務の受託運営などが行えるようになった。市は地全協との連携強化で、当面は馬券販売システムの効率化を探る構えだ。

     地全協は昨年1月、競馬法改正で特殊法人から地方自治体主導の地方共同法人に改組。地方競馬の連携促進、主催者間の利害調整、全国で統一的な開催日程の調整などの業務も担うことになった。

     地全協は昨年10月、市に他の主催者と負担を分担し、全国の馬券発売情報をコンピューターで一元化する「共同トータリゼータシステム」の導入検討を提案している。

     同法改正で地全協は競馬開催業務の受託運営も可能になったが、市は運営受託会社のオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)との契約は継続する方針。

     地全協は「各エリアにある複数の地方競馬の運営を受託し、交互に開催することでコスト削減できるメリットはある」と説明。その一方で、「民間活力を唯一利用している帯広市の取り組みは全国で注目を集めている」とも語り、今後の市の出方を静観している。(中津川甫)


     ばんえい十勝は9日で開催141日間を終え、残り9日間となった。累計発売額は108億1958万7600円で、予算対比96.38%、前年対比89.40%。前年を1割下回っているが、予算対比では改善されている。ばんえい競馬最高峰の重賞レース「ばんえい記念」(29日)に向けて、最後の追い上げを図る。

     1日の平均発売額は7673万4664円(予算額7961万3852円)。帯広競馬場は27億9611万9300円(予算対比100.00%、前年対比89.96%)と健闘。場外は80億2346万8300円(同95.19%、同89.21%)となっている。

     旭川や北見など6カ所の直営場外は、40億3275万1700円(同94.39%、同79.18%)。前年を2割下回る実績だが、旭川と名寄は予算額を上回るペースで推移している。

     インターネットなど電話投票は、22億8674万2300円(同99.06%、同119.11%)で予算額に迫ってきた。道営競馬の場外発売所「Aiba」や道外などの広域発売は、17億397万4300円(同92.18%、同86.01%)だった。

     2月のばんえい経営会議では、運営受託会社のオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)が今年度、4100万円の赤字に転落するとの見通しを示したが、予算額に近づけば赤字幅は圧縮される。経済不況の中、発売額は予算比3.62%減で踏みとどまり健闘しているとの見方もあるが、依然として厳しい状況は続いている。

     来年度の開催に向けては、Aibaで全日程(開催150日)の販売ができる見通しになり好材料も。ばんえい振興室では「場外の発売額が今後増えていくよう他競馬との連携、協力を一層進めたい」と話している。(中津川甫)


     帯広東小学校(竹内光男校長、児童236人)の冬まつりがこのほど、同校グラウンドで開かれ、親子らがゲームやばん馬との触れ合いなどを楽しんだ。

     東小地区生涯学習推進委員会、東小PTA、市青少年育成者連絡協議会、市教委の主催で、今年で6回目。約150人が参加した。

     児童らはリンクで雪中むかで競走を楽しみ、ばん馬の「ミルキー号」が引くそりに乗るなど冬ならではの遊びを満喫。ミルキー号へのニンジンのエサやりも行い、最後は手作りの豚汁を味わった。

     同委員会の青田善弘委員長は「吹雪の天候にもかかわらず、子供たちは元気いっぱい楽しんでくれたようだ」と話していた。
    (山下聡実)


    昨年4月以来の重賞勝利を遂げたカネサブラック

     ばんえい十勝は1日、今季重賞優勝馬による重賞レース「第30回チャンピオンカップ」(BG2、4歳以上)を行い、10頭中1番人気のカネサブラック(牡7歳、松井浩文調教師、松田道明騎手)が接戦を制した。タイムは2分24秒6(馬場水分2.8%)。2着には2番人気のスーパークリントン(牡7歳、平田義弘調教師、藤野俊一騎手)が入った。

     今年度の強豪馬がぶつかる同レースは、29日に迫ったばんえい競馬最大のレース「ばんえい記念」を占う前哨戦として注目の一戦。

     レースはスーパークリントンがリードするかたちで展開し、第2障害に先頭で挑んだ。カネサブラックは「他の馬と比べると体が小さくパワーで勝負するタイプではないので、自分のペースを守らせることに気を付けた」と振り返る松田騎手の手綱さばきで、スーパークリントンが障害の途中で腰を入れるまでじっくりためると、一気に仕掛けてひと腰でクリア。障害を下りてすぐにスーパークリントンをとらえると、温存したスタミナで逃げ切った。


    ライバルたちとの接戦を制し、ばんえい記念への期待が高まるカネサブラック。馬の右が松井調教師、左が馬主のトーヨーファームの工東哲夫社長。馬の左2人目が松田騎手

     カネサブラックは昨年4月以降重賞勝利からは遠ざかっていたが、ほとんどのレースで3着以内に入っており、この日はトップハンデの800キロを背負っての出走だった。ハンデ増を嫌って前2開催の出走を回避したことについて松井調教師は「休ませて勘が鈍る心配はあったが、あと10キロ背負うのは避けたかった。やはり今日の荷物がちょうど良かった」と、出走ローテーションの成功を強調。また、「カネサブラックは息を入れてためた方が、障害を下りてから歩く馬。今日は松田騎手が最高の騎乗をしてくれた」と話し、久々の重賞制覇を喜んだ。

     カネサブラックはばんえい記念に出走する予定。初めて挑む大一番に松井調教師と松田騎手は「1トンの荷物は別格。やってみなければ分からない」と口をそろえながらも、この日の勝利に手応えを感じていた。(丹羽恭太)


    << 前へ 1 2 3 4   

    表示件数 16-20  (全20件中)
    著作権 十勝毎日新聞社