΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     ばんえい十勝開催中の帯広競馬場(帯広市西13南9)で22日午後0時45分から、今年1月にデビューした同競馬の林義直騎手(22)が、世界一背が高い騎手としてのギネスブック登録を目指して身長測定に臨む。また、同3時20分からは、同競馬場本コースを人が走る「第2回ばんえい十勝オリンピア」が開かれる。

     林騎手は身長191センチ、体重72キロ。平地競争に比べ騎手の体格の制約が少ないばんえい競馬の中でもっとも恵まれた体格のため、これまでは“自称”世界一高身長の騎手。

     今回は“自称”を取り払うために正式に身長を測定し、ギネス・ワールド・レコーズ(本部・英国)に記録申請する。認定されればばんえい十勝初のギネスブック認定者になる。

     「十勝オリンピア」は、普段はばん馬が走る200メートルの本コースを、人が走ってタイムを競う。出場人数は最大10人。申し込みはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(0155・34・0825)へ。



     17日の帯広市議会予算審査特別委で、河合正廣副市長はばんえい競馬の運営に関し、「新年度に向けても運営受託会社のオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)と力強く携え、さまざまな知恵を出しながら取り組みを進めることになっている」と改めて強調した。

     ばんえい競馬を主催する帯広市が地方競馬全国協会(地全協)と「協力関係強化を模索」とした十勝毎日新聞社の報道(12日付)を取り上げた、山崎泉氏(未来創造クラブ)への答弁。

     鈴木新一ばんえい振興室長は「運営受託会社の撤退を想定して地全協との協力関係強化を模索しているという内容で報道されている。それについて私どもはコメントは出していない。そういった考え方はない」と答弁。「運営受託会社から『私どもを外して地全協と組むのか』という話があった」とも明かした。

     12日午後の市議会一般質問では、山崎氏の質問に対し、鈴木室長は地全協との協力関係について「地方競馬全体としてばんえい競馬の運営に地全協の力を活用できないか検討が必要」と答弁していた。

     12日の新聞報道に際しては、十勝毎日新聞社は同日午前、ばんえい振興室と地全協に取材。記事では「市は運営受託会社との契約は継続する方針」と明記し、受託会社の撤退・変更を前提としたり、想定した内容にはなっていない。


     ばんえい十勝は16日で開催144日間を終えた。累計発売額は110億3882万700円で、予算対比96.47%、前年対比89.37%。今季残り6日間となり、計画達成に向けて、発売額と集客の動向が注目される。

     1日の平均発売額は7665万8477円(予算額7946万5305円)。帯広競馬場は28億5535万2000円(予算対比100.20%、前年対比89.77%)で、予算対比ではやや改善された。

     15日は今季デビューの3歳馬による「イレネー記念」(ばんえいグレード=BG=1)が行われたが、発売額は8713万円にとどまった。予算対比は104.64%(帯広競馬場115.00%、場外100.92%)だったが、今季終盤の重賞レースだっただけに、市は「もう少し発売額が伸びてほしかった」と話す。

     29日には、ばんえい十勝最高峰の重賞レース「ばんえい記念」(BG1)が行われる。今季最強馬を決めるレースで、全国から注目を集めるだけに、市は「一気に巻き返したい」と期待を寄せる。(中津川甫)


    大河原和雄騎手の気合の声を受けて終盤に快走、勝利を遂げたキタノタイショウ

    大河原騎手巧みに騎乗 キタノタイショウ スターホースへの道歩む

     ばんえい十勝は15日、今季デビューの明け3歳馬による王者決定戦の第40回イレネー記念(BG1)を行い、2番人気の豊頃産駒キタノタイショウ(牡、服部義幸調教師、大河原和雄騎手、馬主は留萌管内羽幌町・木下英三さん、生産者は豊頃町・衣原国雄さん)が第2障害を先頭で降り、鋭い脚を生かして会心の勝利、うれしい重賞初制覇でばんえい若駒の頂点に立った。タイムは1分58秒6(馬場水分4.9%)。2着は3番人気のアオノレクサス(牡、平田義弘調教師、松田道明騎手)、1番人気の2冠馬ホクショウバンク(牡、岡田定一調教師、鈴木恵介騎手)は3着だった。(横田光俊)

     大河原和雄騎手のあざやかな騎乗だった。実力があっても臆病(おくびょう)な馬がいる。その性格を熟知、馬の能力を引き出すことに2400勝のベテラン騎手の腕が発揮された。

     「この馬は、前に慣れないものがあるだけで止まる。たたけばすくんでしまう。まずリラックスさせること。そして声で励ますことだ」。第2障害をひと腰でクリア、先頭に立つと、「それ!それ!」と大河原騎手のひと際大きな声が響き、それを受けてキタノタイショウは気持ちを奮い立たせて加速、一気にゴールした。

     昨年4月の第1回能力検査では合格した新馬213頭中、後ろから31番目の成績。服部調教師は「本当は力のある馬。十分に休ませてからレースに臨ませた」と慎重なローテーションを組み、同年7月13日にデビュー戦勝利、そしていきなり3連勝を達成。11月からも4連勝と出世街道に乗った。「今回は前に2回(のレースを)休ませて勝利を目指した。大河原騎手が馬と折り合いをつけて馬の力を出してくれた。これからも大事に大事に育てていく。今季最後に最高の勝利をくれた」と服部調教師は満面に笑みを浮かべた。担当厩務(きゅうむ)員の諏訪俊治さんも「この重賞は欲しかったです」と感無量の表情。


    明け3歳馬の頂点に立ったキタノタイショウ。右端が服部義幸調教師

     今年度の調教師リーディング(最多勝)争いでトップを行く服部厩舎にうれしい今季重賞初勝利をもたらした大河原騎手は「ゆっくりの展開でうまくいった。隣の馬のことは気にせず、自分のペースに合わせていく馬だが、服部先生が目指す水準のまだ半分以下。まだまだこれからです」と厩舎を挙げスターホースに育てていく決意だ。



     ばんえい十勝最高峰の重賞レース「第41回ばんえい記念」(BG1、29日開催)のPRポスターが完成した。白い息をはく昨年の優勝馬トモエパワーを前面に、臨場感たっぷりの仕上がり。

     シーズン最強馬を決める「ばんえい記念」。4歳以上オープンで唯一ソリ重量が1000キロで行われる。トモエパワー、カネサブラック、ミサイルテンリュウなど10頭の実力馬が出走を予定。1着賞金は500万円。

     ポスターは縦73センチ、横約52センチで、300部作製。JR帯広駅や市内大型店などに張り出す予定。市ばんえい振興室は「馬券の売り上げ額が予算割れしているので盛り返したい。多くの人に来場してもらえれば」と鼻息が荒い−。


    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全20件中)
    著作権 十勝毎日新聞社