΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    「声を掛けて応援して」とファンに笑顔で呼び掛けた金山明彦氏

     ばんえい十勝の今季を締めくくる最高峰の重賞レース第41回ばんえい記念を前に、NPOとかち馬文化を支える会主催の「ばんえい記念前夜祭」が28日夜、帯広競馬場2階ファンルームで開かれ、全国から約100人のファンが集まった。

     FM−JAGAのDJ栗谷昌宏さんが司会を務め、騎手時代にばんえい記念を6回制覇した“ミスターばんえい”金山明彦調教師と全国競馬場実況放送達成で知られる名アナウンサー蘇武直人氏が対談。

     金山氏は「騎手の目標はばんえい記念に出ること。初めて出た時には声がかれ、脚が震えた。騎手はファンの声援に励まされる。あすのレースでは第2障害で『よいしょ、よいしょ』と声を掛けてほしい」と呼び掛けた。続いて芽室町在住の作家・旋丸巴さん、古林英一北海学園大教授、蘇武氏の3人で翌日のばんえい記念の予想会を展開。大河原和雄騎手のリーディング賞カップなど超レア物グッズが当たる抽選会も行われて盛り上がった。(横田光俊)


     帯広競馬場(西13南9)で開催中のばんえい十勝は29日、ばんえい競馬最高峰の重賞レース「第41回ばんえい記念」(午後5時15分発走予定)で今季のクライマックスを迎える。レース開催に合わせ、午前9時40分の開門と同時に各種イベントが催され、競馬場は終日、お祭りムードに包まれる。

     開門から同10時半ごろまでは、競馬場スタッフが乗馬服で正装して来場者を迎える。先着1000人にはばん馬の厩肥(きゅうひ)を活用して栽培したマッシュルーム「とかちマッシュ」が贈られる。

     同10時からは、競馬場南側スペースに屋台通りが出現。カニやジャンボフランク、いか焼き、焼きそばなどが並ぶ。

     午後2時45分と同3時25分からは、パドック横表彰台で、ばんえいファンになじみの競馬評論家やアナウンサーらによるトークショー。ばんえい記念の見どころ紹介や勝馬予想などでレースを盛り上げる。(丹羽恭太)


     砂川敏文帯広市長は27日の定例記者会見で、帯広競馬場の複合施設化促進のための検討会議を設置することを明らかにした。同時に来年度のばんえい十勝の馬券発売の拡大に向け、新施策も検討していることも示した。

     砂川市長は検討会議設置の時期について「新年度早々」とし、「ばんえい競馬以外にも(事業を)やることで負担を軽減できる。幅広い知恵を頂き、どんな方策や可能性があるのか議論する。10月ぐらいには方向性だけでも示したい」と述べた。検討会議は競馬関係者以外も含めて組織する方向。

     新年度の発売拡大の新施策については、「場外の移転ではなく、もっと強力なこと。馬券の売り上げをいかに高めるかの方法」とした。29日午後、帯広競馬場で、オッズ・パークの藤井宏明社長と共に記者会見して発表する。

     単独開催3年目となる新年度に向けては、「今のままでは急速に売り上げを伸ばすのは厳しい。経費削減など効率化をできる限りやり、いろいろなイベント、新しい施策を含めてクリアしなければいけない」とした。(中津川甫)

     ばんえい競馬最高峰の重賞レース「第41回ばんえい記念」が29日(午後5時15分発走)、帯広競馬場(帯広市西13南9)で開かれる。ばんえい十勝を代表する強豪馬が結集し、1トンのソリを懸命に引く姿は競馬ファンならずとも感動すること必至。競馬場に足を運んで迫力たっぷりのシーンを観戦しよう。

    3連覇
     2007、08年のばんえい記念を制したトモエパワー(牡9歳)が3連覇に挑む。長い歴史を持つばんえい記念で、過去に3連覇したのは03−06年に4連覇したスーパーペガサスだけ。今季は未勝利ながら、歴史的瞬間への期待が高まる。
    3連覇に挑むトモエパワー(第40回ばんえい記念で)

    7歳トリオ
     08年のNAR(地方競馬全国協会)グランプリばんえい最優秀馬のナリタボブサップ(牡7歳)、前哨戦のチャンピオンカップ(1日)を制したカネサブラック(牡7歳)、チャンピオンカップ2着のスーパークリントン(同)の7歳馬3頭にも注目が集まる。トモエパワーら上の世代に競り勝ち、真のスターホースとなれるか。
    NARグランプリ最優秀ばんえい馬のナリタボブサップ(昨年7月の北斗賞で)

    大器晩成
     ミサイルテンリュウ(牡10歳)はばんえい記念出場4回目。過去3回は4着、3着、2着と順位を上げてきており、悲願の制覇に期待がかかる。

     出走予定馬中最高齢のイケダガッツ(牡11歳)は今月オープン馬に昇格したばかりで、ばんえい記念はもちろん重賞レースは初挑戦。出場281戦という豊富な経験を武器に快挙に挑む。

    紅一点
     出走予定馬中、牝馬はスターエンジェル(9歳)だけ。ばんえい記念では過去に5着、3着と健闘するなど高重量戦でも力を発揮している。昨年のばんえい記念を最後に引退した名牝馬アンローズに代わって牝馬票を集めそう。(丹羽恭太)








     
    競馬場催しに笑顔歓声
    2009年3月23日(月)
     ばんえい十勝の今季ラストを飾るばんえい競馬最高峰のレース「第41回ばんえい記念」(29日午後5時15分発走)を控え、帯広競馬場で22日、各種イベントが行われた。


    ギネス認定に挑む林騎手

    なるか!世界一高身長騎手ギネス
     午後0時45分からは、1月にデビューした林義直騎手(22)が世界最高身長騎手としてのギネス認定を目指し、公開身長測定に臨んだ。

     ギネスブック(ギネス・ワールド・レコーズ)を発行するギネス・ワールド・レコード社(GWR、本社英国)の規程にのっとり、立った状態と寝た状態の2通りで3回、医師の細川吉博博愛会理事長が測定。とかち馬文化を支える会の柏村文郎理事長ら2人が証人を務めた。この日2回目の測定が公開された。

     全6回の測定結果は192−194.4センチ。191センチと思っていた林騎手は「伸びていると思わなかったのでびっくり。背が高いことが競馬に有利なのか不利なのか分からないが、身長を生かした騎乗ができるようになりたい」と話していた。結果はGWRに送られ、2−3カ月後に認定される見通し。


    ばんえい十勝オリンピアで優勝したフミアキ号(左)

    競馬場コース人間が疾走
     同3時40分からは、人間が競馬場本コースを走る「第2回ばんえい十勝オリンピア」。市民ら6人とばんえい十勝のマスコット・リッキーが、200メートルコースを疾走。

     第2障害の下りで転倒者が出るなど荒れたレースを制したのは、フミアキ号(雄21歳、体重55キロ)。タイムは37秒2(馬場水分2.6%)。フミアキ号こと帯広畜産大3年の大江史晃さんは「思ったより砂が深かった。今回限りで引退です。これからは障害を上れない馬をばかにできませんね」と笑顔を見せていた。

    バンバオーレ杯や募金寄付金感謝杯
     第6、7レースはとかち馬文化を支える会が協賛。第6レースは同会を支援する「エコERC」(帯広市、寺嶋誠一社長)の商品名にちなんで「バンバオーレ杯」として実施した。

     バンバオーレは同競馬場などで栽培されたヒマワリの種子を原料とする食用油。昨秋に限定生産され、同競馬場内などで販売された。

     第7レースは、市民らから同会に贈られた募金や寄付金を使って「募金・寄付金感謝杯」の冠を付けた。

     同会は「協力してくれた方々の気持ちを代弁し、競馬関係者へのエールとして協賛した。ばんえい競馬を地域の宝として守っていくために、来年度以降も帯広・十勝から盛り上げていきたい」と話していた。(丹羽恭太)

    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全20件中)
    著作権 十勝毎日新聞社