΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    ニンジンをプレゼントされて喜ぶリッキーと騎手ら
     
     ばんえい十勝をPRする帯広市特別嘱託職員リッキー号が9日に満11歳を迎えた。それに合わせ、市とオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)はこのほど、帯広競馬場(西13南9)で誕生日イベントを開いた。

     リッキーは1998年2月9日、足寄町生まれ。2007年に現役を引退し、市特別嘱託職員として同競馬場内のほか、十勝管内のイベント会場などを訪れ、馬文化のPRに活躍している。

     この日は、馬そりに服部義幸調教師を乗せて登場。騎手を代表し大河原和雄騎手がニンジン10キロをプレゼントしたほか、NPO法人とかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)もニンジン1袋と髪飾りを贈った。ファンも記念撮影を行うなど、盛大に祝福した。

     最後に服部調教師が「今年も老体にむち打って一生懸命頑張ります」と礼を述べた。(山崎大和)


    ゴール前の接戦を制して初代王者の座に就いたウィナーミミ

     ばんえい十勝は15日、重賞の「第1回バレンタインカップ」(BG2、3歳牝馬オープン)を行い、10頭中3番人気のウィナーミミ(大友栄人調教師、松田道明騎手)が重賞初挑戦で初勝利を遂げた。タイムは1分44秒01(馬場水分5.1%)。2着には1番人気のワタシハスゴイ(皆川公二調教師、藤本匠騎手)が入った。

     同カップは今年度新設されたレースで、明け3歳(2歳)牝馬の最強を決める一戦。各馬にとって未知の負担重量となる620キロの定量戦で戦われた。

     「第2障害までのスピードがあり、障害がいい馬なので、できるだけ前の位置で(障害を)下りることを考えていた」と話す松田騎手の手綱さばきで、ウィナーミミがレースを引っ張り、真っ先に第2障害に仕掛けた。天板(障害の頂上)でひざを折りそうになる間に他馬に先行を許すも、3腰でクリアして2番手で障害を下りると、ワタシハスゴイをはじめとするライバルの猛追を振り切った。松田騎手は「他の馬が追い上げてくるのが見えていたので、ゴールまで息をつかせないように夢中だった」と激戦を振り返った。


    重賞初挑戦で勝利を収めたウィナーミミ。馬の左が大友調教師、右が松田騎手。右端が小笠厩務員

     ウィナーミミに5回騎乗して3勝、2着2回と相性抜群の松田騎手は「状態のいい時に乗せてもらっているだけ」と謙遜(けんそん)するが、大友調教師は「今日は松田騎手が馬の力を十分に引き出す騎乗をしてくれた」と称賛。同馬については「スピードがあり、競争心の強いまじめな馬」と評し、将来性に期待を示していた。

    小笠康晴厩務員は「前走はみっともない結果(6着)だったので、絶対に立て直す決意で調教してきた。重賞初勝利はうれしい」と担当馬の活躍に目を細めていた。(丹羽恭太)

     十勝のフリーマガジン「Chai(ちゃい)」主催のばんえい特別撮影会が15日に行われ、全国(札幌、長野、埼玉、千葉、東京、茨城)から10人が参加、あこがれの名馬と触れ合いながら、最高のシーンを撮り続けました。

     より深く「ばんえい十勝」を理解してもらいながら、ベストショットを狙ってもらう企画。馬、騎手、調教師、厩務員の活躍ぶりを主催者や「ばんえいの生き字引」小寺雄司さん(元ホースニュース馬)から念入りに解説を受け、調教やレース本番の展開もじっくり学び、馬券も買いながらの初の撮影会。
     15日朝の撮影では人気ナンバーワンのフクイズミ号も撮影ポイントに近づいてサービス。「最高の撮影会で時間がたつのを忘れました」「一生の思い出になりました」と感動の催しでした。(Chai編集長・横田光俊)




    攻めの騎乗を続ける菊池一樹騎手(22)が、待望の初勝利を挙げました。14日の第1レース、カイセイフィーバー号(大橋和則調教師)で3番手で第2障害を降り、残り30メートルで先行馬をとらえてトップに、豪快な騎乗で鮮やかに差し切り勝利しました。
     「(一緒にデビューした新人4人の中で)みんなに遅れていたけど、やっと勝てました。馬のおかげです。(大雪の後の軽い馬場で)第2障害まで直行をかけて(第2障害はホワイトノーズヒメが先に仕掛けて)やばいかなと思いましたが、多分いける」と落ち着いて逆転、あざやかでした。
     レース後は村上章騎手が駆け寄って「おめでとう!」、騎手部会長の藤本匠騎手も「これで新人がそろい踏み。よかった!」。ばんえい十勝は、新人の活躍と、それを見守る関係者・ファンに温かい熱気に包まれています。(Chai編集長・横田光俊)

     レース後に女性ファンに囲まれて祝福された菊池騎手



    山中さん(右)が作製した愛らしいばん馬の陶人形

     帯広美術工芸学院オペレッ子陶人形教室の山中恭子講師ら3人が10日午前、帯広市役所を訪れ、ソリに騎乗した騎手付きのばん馬陶人形を砂川敏文市長に寄贈した。

     山中さんと同教室の生徒が一昨年春、写真集や新聞記事のばん馬を参考に陶人形を作製。図書館などで展示発表もしていたが、ばんえい競馬のPRに役立ててもらおうと6基寄贈することにした。

     この日は寄贈作品のうち、山中さんの「ばんばの街」と題した作品を紹介。騎手や子供、犬、猫を乗せたソリを馬が引くかわいらしい作品で、山中さんは「これを見てばん馬を見に来る人が増えれば」と語った。砂川市長は「ばんえいに元気をもらった。大変ありがたい」と述べていた。

     陶人形は、帯広競馬場のばんえい振興室などに飾られる。(中津川甫)

    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全16件中)
    著作権 十勝毎日新聞社