΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年12月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     


    1月の初騎乗・初勝利で華々しくデビューした長澤騎手。新人離れした活躍を続ける

    「驚異の成績」と評価

     第42回日本プロスポーツ大賞(財団法人日本プロスポーツ協会主催)の地方競馬新人賞に、ばんえい十勝の長澤幸太騎手(21)=服部義幸厩舎(きゅうしゃ)所属=が選ばれた。ばんえい競馬の騎手で同賞を受賞するのは3人目。長澤騎手は「騎手になったときから新人賞が目標だった。こんなに大きな賞をいただけてうれしい」と決定を喜ぶ。表彰式典は25日に東京都内で開かれる。

     長澤騎手は1988年、釧路管内浜中町出身。祖父が馬主だった関係で、子供のころからばんえいに親しんでいたという。3年前に服部厩舎に入り、厩務員を経て、昨年、騎手試験に一発合格した。1月10日に初騎乗初勝利の華々しいデビューを飾ると、新人離れした騎乗センスで勝ちを重ね、初年度に31勝を挙げた。今シーズンは7月に厩務作業中のけがで3週間、戦線離脱したが、復帰後の9月には第32回ナナカマド賞で重賞初制覇を遂げるなどこれまでに通算65勝と大活躍。

     同賞は同協会加盟の各競技団体の推薦を受け理事会で決定する。地方競馬全国協会は長澤騎手の推薦理由を「騎手のスキルが大きなウエートを占めるばんえい競馬で、新人騎手としてこの成績は驚異」としている。受賞を受け長澤騎手は「応援してくれた馬主、調教師、先輩騎手とファンの皆さんに感謝したい。『くせのある馬も幸太なら任せられる』と言われる騎手になりたい」とさらなる飛躍を誓う。(丹羽恭太)



    抜群のスピードでライバルを追うワタシハスゴイ

     ばんえい十勝は13日、帯広競馬場で3歳牝馬3冠レースの最終戦「第34回ばんえいオークス」(BG1、定量)を行い、ワタシハスゴイ(皆川公二調教師、藤本匠騎手)が1番人気に応えた。タイムは1分36秒8(馬場水分5.6%)。ばんえいプリンセス賞(9月)に続いて2冠目を狙ったワタシハキレイズキ(同、鈴木恵介騎手)が2着で、皆川厩舎(きゅうしゃ)のワンツーフィニッシュとなった。

     普段はきゅう務員を振り回すほど気性の激しいワタシハスゴイだが、この日のパドックでは「猫のようなおとなしさ」(藤本騎手)。スタートしてもライバルたちに大きく先行を許す展開。ワタシハキレイズキが真っ先に第2障害に仕掛けて逃げに入る中、ワタシハスゴイはじっくりとためて障害をひと腰でクリア。下りてからは抜群のスピードを見せ、ラスト10メートルでワタシハキレイズキをとらえて1馬身の差を付けてゴールした。

     藤本騎手は「調教師からはワタシハキレイズキのペースについて行かないようにと言われていたが、馬がおとなしすぎて、想定以上に後ろの位置取りになってしまった。ただ、前半のペースが幸いして障害をうまくまとめられ、下りてからの脚が生きた」と勝因を分析。「一番強い馬なので定量戦で負けなくて良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

    3歳牝馬の頂点に立ったワタシハスゴイ。馬の左が皆川調教師、右が藤本騎手。藤本騎手の右が馬主の佐藤さん

     皆川調教師は「発情が来てしまって体調は最悪だった。今日はワタシハキレイズキが勝つと思っていたのだが」と話し、ワタシハスゴイの予想以上の成長に笑顔。27日に行われるばんえいダービーでは万全のコンディションで、ばんえい大賞典(7月)に続いて3歳馬の頂点を狙う。

     馬主の佐藤敏律さん(浦幌町)は「オークスで勝つ馬に巡り合うなんて一生に一度のこと。まだ体重は軽いが障害力があり、将来が楽しみ」と話していた。(丹羽恭太)

    計画1割減66億9430万円 依然達成厳しく 年末年始が正念場

     ばんえい十勝は12日、全開催日(150日間)の3分の2に当たる100日間が終了した。馬券の累計発売額は66億9430万1100円(予算比9.21%減、前年比10.57%減)で、計画を1割近く下回っている。帯広競馬場は発売不振に歯止めが掛かっていないが、ネット・電話投票が前年実績を上回るなど明るい兆しも。例年盛り上がる年末・正月開催の重賞レースでどこまで改善できるのか、正念場の年越しとなりそうだ。



     1日の平均発売額は6694万3011円(予算額7373万2807円)。累計入場者数は帯広競馬場が14万5608人(前年比7.69%減)、旭川や北見など道内6カ所の「直営場外」は13万5538人(同3.47%減)でやや改善した。今期移転した北見場外は前年より1割以上も増加に転じている。

     累計発売額の内訳は、帯広競馬場が17億5817万1100円(予算比13.35%減、前年比12.32%減)で、悪化傾向が顕著に。これに対し直営場外は23億9936万800円(同4.27%減、同13.05%減)、予算・前年比ともやや改善傾向にある。

     ネット・電話投票は16億3746万1500円(同8.52%減、同0.32%増)で、前年実績を上回るまで改善。システム障害の影響で「オッズパーク」の発売額は予算比14.31%減と依然厳しいが、現在運用試験中の「5重勝単勝式」が導入されれば上向く可能性は高い。

     広域場外は8億9930万7700円(同14.18%減、同17.39%減)。1日平均約1000万円を売り上げる道営の直営場外「Aiba」の発売は、開催100日間中82日間にとどまっている。

     市ばんえい振興室は「帯広競馬場の客足は降雪で鈍くなっている。年末と正月の重賞レースによる売り上げ増を期待したい」としている。(中津川甫)

     11日の市議会議案審査特別委は、帯広競馬場複合施設化をめぐり、野党の民主・市民連合と与党・新風21が反発、採決に向けて調整が長引いた。新風21は会長の小森唯永氏が強硬に反対を主張、最後は市幹部や同僚議員までもが「説得工作」に乗り出し、ようやく賛成に回った。観光交流拠点施設の意義は各会派とも認めており、本来なら全会一致での採択の可能性もあったが、市民や議会に十分な説明をせず事業を進めた市側の姿勢が混乱を招いた。

    採決へ向け調整難航 市の説明不足で混乱

     複合施設化関連の審議は午後2時ごろから開始。与野党問わず市の議会軽視の姿勢に批判や不満が噴出し、河合正廣副市長は「大変タイトな日程で十分な説明ができずおわびしたい」と陳謝した。鈴木新一商工観光部長ら担当者もひたすら反省を繰り返し低姿勢に徹したが、質疑と答弁はかみ合わなかった。

     市原秀朗氏(民主・市民連合)は次期総合計画や、観光拠点整備の考え方が盛り込まれている産業振興ビジョンでの位置づけが不明確と追及。「このやり方は屋内スケート場と一緒。極めてあいまい。なぜ観光施設の事業期間が5年間になるのか」と疑問を呈した。

     佐々木とし子氏(共産)は、産業振興ビジョンの進行管理を担う「市産業振興会議」での議論経過について説明を求めたが、競馬場複合施設は取り扱っていないことが発覚。「スケジュールの問題で議論を省くような施設ならやるべきではない。民主的な進め方を」と苦言を漏らした。

     荻原昭勝氏(未来創造クラブ)は、複合施設の年間買い物客数を55万7893人と設定したことに関し、「観光交流拠点なのになぜ観光客数を想定しないのか」と指摘。レストランや展望テラスの除雪対策不備もただした。

     強い不満を募らせていたのが、第2与党会派の小森氏。「議会に対する説明がひどすぎる。公募のやり方にも問題があった」と怒りを爆発、2億円もの補助をする一方で市の地代収入(見込み)が年間160万円程度と分かると、「少なすぎる」とかみついた。午後7時半に討論・採決に入る予定だったが、午後9時半の再開まで小森氏との調整が長引いた。

     矛を収めた形の小森氏だったが、討論では「施設の拠出額は今後総額2億円を超えると予想される。しかし運営会社からの地代は5年間でわずか800万円。この額では到底納得できない」と意見を添えた。

     市は補助額の圧縮や地代収入を含め細部を3月議会までに詰める方針。市側が十分な説明を怠れば、論議が再燃する可能性がくすぶっている。(中津川甫)


    継続開催や競馬場の複合施設化について語る藤井会長(左)と新名社長

     ばんえい十勝の運営を受託しているオッズパーク・ばんえい・マネジメント(東京、OPBM)の藤井宏明会長、新名貴之社長が11日午後、十勝毎日新聞社を訪れた。両氏は正念場が続くばんえい競馬の厳しい経営環境を強調する一方、帯広競馬場の複合施設化に相乗効果を期待した。

     同社は帯広市との間で、来年度開催に向けての協議を開始。新名社長は「初年度は話題性があり観光地としても定着してきた。しかし経済性が付いてきていない」と述べた。藤井会長は「ばんえい十勝をどう残すのか、来年は議論、検討の正念場になる」と語った。

     来年4月の市長選の動向にも注目。新名社長は「ばんえい競馬と地域の成長戦略をどう描くのかは、最終的には行政のリーダーシップ。争点として大いに議論を聞きたい」とした。

     複合施設化について藤井会長は「これをテコに相乗効果を出していきたい」、新名社長は「この施設に集まる人たちに、コースでどうレースを見せられるのか、われわれも考える」と語った。(安田義教)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 21-25  (全31件中)
    著作権 十勝毎日新聞社