΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年12月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     


     NPO法人とかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)と帯広刑務所(澤村佳夫所長)のコラボグッズ「ばんえい十勝オリジナルマグネット」=写真=が完成。来年1月1日から帯広競馬場(西13南9)の売店リッキーハウスで販売する。1個280円。

     同会はばんえい十勝の支援と刑務作業量確保を目的に今春、第1弾グッズとして「ばんえい十勝オリジナルグラス」を制作。リッキーハウスの人気商品になっている。

     新商品は材料に同刑務所が得意とする木工品の端材を用い、環境に配慮。受刑者がエゾマツやカツラ、ハンノキなどの木材でばん馬の人形を作り、裏に強力な磁石を埋め込んだ。ぴたりとくっつくその力強さは、まるでばん馬のよう?


    ライバルに圧倒的な力の差を見せ付けたキタノタイショウ

    “世代最強”実力示す 服部調教師、大河原騎手は初制覇

     ばんえい十勝は27日、帯広競馬場で3歳3冠レースの最終戦「第38回ばんえいダービー」(BG1、3歳オープン定量)を行い、1番人気のキタノタイショウ(牡、服部義幸調教師、大河原和雄騎手)が圧倒的な強さで、ばんえい菊花賞(11月)に続いて2冠を達成した。服部調教師、大河原騎手にとっては初のダービー制覇となった。タイムは1分36秒1(馬場水分6.7%)。2着には2番人気のホクショウバンク(牡、岡田定一調教師、鈴木恵介騎手)が入った。


    世代最強の座に就いたキタノタイショウ。馬の右が服部調教師、左から2人目が大河原騎手

     レースは菊花賞で2着に入ったアオノレクサス(牡、平田義弘調教師、松田道明騎手)が引っ張る展開。第2障害に真っ先に仕掛けて逃げに入った。2番手で障害を下りたキタノタイショウは、残り30メートル付近で難なくアオノレクサスをとらえると、リードを広げながらゴールを切った。

     負担重量730キロ(牝は710キロ)の定量戦で、同世代では実力が抜けていると目されるキタノタイショウにとっては負けられない一戦。大河原騎手は「ここのところ体重も変わらず調子は良かったが、カンの強い神経質な馬なので、レースに集中させることだけ気を付けた。勝ててほっとしている」と安堵(あんど)。「少しずつ落ち着きも出てきているので、体が出来てきたらさらに強くなる。日々の健康を第一に、レースで全力を出せるようにしたい」と話した。

     服部調教師は「折り合いさえ付けば強い馬。馬の性格を制御してうまく乗ってくれた」と大河原騎手をたたえた。また、「大事に使って、ばんえい記念も狙いたい」と、調教師歴25年目にして初めてのダービー馬の将来性に期待を膨らませている。(丹羽恭太)




    騎手仲間らの祝福を受ける長澤騎手(後列左から2人目)

    帯広競馬場で祝賀セレモニー

     ばんえい十勝の長澤幸太騎手(21)=服部義幸厩舎(きゅうしゃ)所属=がこのほど、第42回日本プロスポーツ大賞(財団法人日本プロスポーツ協会主催)の新人賞を受賞。27日午後4時、帯広競馬場で祝賀セレモニーが開かれ、多くのファンや関係者の祝福を受けた。

     長澤騎手は1988年、釧路管内浜中町出身。1月に初騎乗初勝利の華々しいデビューを遂げ、これまでに重賞1勝を含む65勝を挙げるなど活躍を続けている。セレモニーでは騎手仲間らから花束を贈られ、「新人賞は良い刺激になった。支えてくれる調教師や先輩騎手、ファンへの感謝の気持ちを込めてしっかり騎乗したい」と喜びを語った。

     セレモニーには浜中小学校1年生の時の担任氏家恵子さん(40)=音更町在住=も祝福に駆け付け、「教え子の活躍がうれしくて、応援のために競馬場に通っている。これからも頑張って」とエールを送った。

     同大賞は在京報道機関のスポーツ記者で構成する選考委員が決める。今年の大賞は2年連続で男子ゴルフの石川遼選手だった。新人賞は同協会加盟の各競技団体の推薦を受け理事会で決定する。長澤騎手は地方競馬全国協会の推薦を受けた。ばんえい競馬の騎手で新人賞を受けたのは3人目。(丹羽恭太)



     
    ばんえい競馬で市
    2009年12月27日(日)
    来年度25開催150日間

     ばんえい十勝を主催する帯広市は赤松広隆農林水産相に対し、来年度の開催日程を25開催・150日間とすることを報告した。今年度初めて導入した薄暮開催は取りやめる方向で調整に入った。

    薄暮は取りやめる方向 想定より客足伸びず

     15日付で報告した。開幕日は来年4月の最終土曜日(24日)を軸に検討、最終日は再来年の3月28日を予定している。開催日は現在の土・日・月曜日から変更しない方針。

     薄暮開催は今期、夏のナイター開催を挟んで春季(18日間)と秋季(12日間)に計30日間開催。日中開催よりやや遅い正午ごろに第1レースが発走、午後6時ごろに最終レースを行った。ただ最初と最後のレース発走時刻が昼・夕食時に近く、客足が想定よりも伸び悩んだ。

     当初は勤め帰りの会社員など新規ファン層の獲得が期待されたが、ナイター開催と比較してアフターファイブ後のレース数が少なく、「中途半端な時間」というファンの不満もあった。インターネット販売は秋季にオッズパークのシステム障害が発生したため、十分な発売実績のデータが収集できなかった。

     薄暮開催が馬券売り上げや新規ファン層の開拓にどの程度つながったのか、検証作業が難しく調整が続いている。来年度は薄暮開催中止に伴い、今期よりも日中開催やナイター開催が伸びる可能性もある。

     市は「薄暮開催は期待したほど売れなかった。実績をよく検証し、運営受託会社や他の主催者と協議して開催日程を決めたい」としている。(中津川甫)


    一企業の商業行為 公益性問う声

     帯広競馬場の複合施設化で大きな論点になっているのが、民間企業に対する行政の支援のあり方だ。市は建設費(約2億円)全額を補助する方針だが、施設所有権は事業主体が保有、「あれだけの公費を投入しながら市の持ち物にならないのはおかしい」との疑問が持ち上がっている。市は公益性が高い施設整備に高額補助してきた経緯があるが、複合施設は実質的に民間企業が手掛ける商業施設で、公益性を問う声も強まっている。



     事業提案書によると、街制作室(札幌市)、象設計集団(音更町)、ネクサス(帯広市)、クリエート(同)の4社が出資する特別目的会社(SPC)「とかちむら」が事業主体。SPCがテナント各社と契約し、施設の設計・施工、管理は4社が分担する。

     今回の整備手法は、社会資本整備に民間の資金とノウハウを活用する「PFI」方式と似ているが、建設費はSPCではなく、自治体が全額負担する点で大きく異なる。

     野党は今回のケースについて、社会福祉施設などへの補助とは「性格が異なる」と強調。とかち市民オンブズマンの会(長谷川亮会長)は「市民の大切な税金で建てた施設の所有権が民間企業になるなら、単なる市の寄付行為」と指摘する。

     市は公募する際、5年間の事業期間では、複合施設の建設費償還、事業の採算性確保は困難と判断。多くの提案業者を集めるため、補助制度を創設する方針を示した。ただ補助割合は明記していなかったため、建設費の全額補助(総事業費の8割補助)が明るみに出て波紋を招いた。

     市財政課は高額補助の理由について「観光拠点という本来なら市が整備するべき施設。仮に市が整備した場合、公共単価で発注するため建設費はさらに高くなる」と説明する。

     半面、現時点で明らかにされている計画では観光案内機能といった公益性に乏しく、一企業の商業行為に高額の公費を投じる印象を強めている。とかち市民オンブズマンの会は「今回の手法が容認されるのならば、行政と企業との不適切な関係を生む恐れがある」としている。(中津川甫)


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全31件中)
    著作権 十勝毎日新聞社