΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年11月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    「ばんえい振興」は一文のみ

     帯広市の「第5期農業・農村基本計画」(2010〜19年度)の素案が10日、明らかになった。市と農業者などが協働で取り組む7つの施策の基本方向、17の単位施策、40の個別事業を掲げた。環境保全型農業やバイオマス利活用、温室効果ガス削減、十勝型地産地消の推進、食育の推進体制確立、新作目の展開など。「ばんえいの振興」は一文を盛り込むにとどまった。12日の市議会産経委に報告する。

     計画期間は来年度から10年間だが、情勢変化に応じて必要な見直しを行う。推進体制は農業者、消費者、農業団体、関係機関と連携し協働による取り組みを進めるとした。

     基本方向は(1)環境と調和した農業生産の推進(2)たくましい担い手の育成(3)加工・販売と地産地消の促進(4)食育の推進(5)魅力ある農村づくり(6)豊かな森林の育成(7)ばんえいの振興−に分類。

     17の単位施策は「環境保全型農業の推進」「十勝型地産地消の推進」「地域ブランドの価値向上支援」など。40の個別事業には「地球温暖化防止への取り組み推進」「自給飼料基盤の強化と飼料自給率の向上」「食育の推進体制の確立」「豊かな森林の育成」などを盛り込んだ。

     民主党が政権公約に掲げた「農業者戸別所得補償制度」への対応には触れず、ばんえいの振興に関しては「世界で唯一の貴重な文化遺産として、ばんえい競馬を振興します」とだけ掲載した。

     素案の内容を精査・充実し、来年1月の原案策定、パブリックコメント(市民意見聴取)を経て、年度内に成案化する。
    (中津川甫)



    講演する鳴海章さん

     ばんえい競馬を描いた映画「雪に願うこと」の原作「輓馬(ばんば)」の著者で、本別で幼少期を過ごした作家の鳴海章さん(帯広市在住)の講演会が7日、町図書館で開かれ、町内外の約50人が小説や馬産についての話に耳を傾けた。

     町歴史民俗資料館で開催中の企画展「ほんべつ馬文化」と町図書館の「読書週間」イベントに合わせた企画。鳴海さんは父の仕事の関係で5歳時から3年間本別で過ごした。「輓馬」「命に抱かれて」に続き、ばんえい競馬シリーズ3部作の完結編「家族ばんばん」を執筆中。昨年、取材で本別を訪れたことから今回の講演が実現した。

     鳴海さんは本別時代を振り返り「物心付いた時、初めて見たのが本別の町。子どもにとって分かりやすいサイズだった」と語り、友人と遊んだエピソードなどを披露。「家族ばんばん」では勇足地区をイメージした集落を舞台の一つにしていることも紹介。

     現状のばんえい競馬については「1トンを超える輓馬を生ませる技術は、理屈や学問を超えた生産農家独自のもの」と貴重な文化であることを強調。帯広競馬場の振興策について「馬券の購入が何よりの関係者への支援になる。訪れた人に楽しんでもらい、たくさん馬券を買ってもらうかが問題」などと述べた。

     最後に、東京での生活をやめ十勝に戻った経験から「自分が生まれたところで生産されたものが一番おいしい。この誇りを持てば、まだまだやっていける」と地元農業にエールを送った。(大笹健郎)


     ばんえい十勝開催中の帯広競馬場(帯広市西13南9)で15日、家族連れを対象とした特別企画「ファミリーばんえい十勝満喫ツアー」が行われる。中学生以下の子供と保護者が対象。

     ポニーに乗馬して競馬場内を遊覧するほか、ばん馬との触れ合い体験、優勝馬予想クイズ大会などを行う。また、ばん馬のイラストでも有名な谷あゆみ調教師が馬の絵を描くコツを教えるお絵かき教室も開かれる。

     前日までに申し込む。参加無料、先着20組。申し込みはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(0155・34・0825)へ。受け付けは水・木曜日を除く午前9時15分〜午後6時。参加者の名前(家族全員分)、子供の人数と年齢、住所、電話番号を記入し、メール(opbm−info@banei.jp)でも申し込める。


    焼香する参列者。会場には2008年ダービーなどの肩掛けが供えられた

     10月20日に肺がんのため死去したばんえい十勝の千葉均調教師(享年54歳)のお別れ会が6日午後6時、帯広市内の競馬場会館で開かれた。調教師や騎手、厩舎(きゅうしゃ)関係者ら約100人が参列し、故人の冥福を祈った。

     ばんえい競馬調教師会(岡田定一会長)と同騎手会(藤本匠会長)の呼び掛けで開かれた。市ばんえい振興室の合田隆司室長の別れの言葉に続き、安部憲二騎手会副会長が「右も左も分からなかった自分を指導してくれて感謝している」と、千葉さんの遺影に涙ながらに語り掛けた。

     参列者全員が焼香した後、遺族があいさつ。兄の隆さんは「弟がぼう(追う)姿が自慢でした。剛腕千葉均もついに病の障害を越えられなかった」と述べ、早すぎる別れに悔しさをにじませていた。

     千葉さんは1955年後志管内京極町出身。79年に騎手デビューし、2007年末までに歴代7位の通算2106勝を挙げた。08年に調教師に転向。ばんえいダービーなど重賞3勝を含む55勝を挙げた。(丹羽恭太)


    札幌の都市開発コンサルと企画会社、JA帯広かわにし

     帯広市は6日午後、公募している帯広競馬場の複合施設化に関する「ばんえい十勝にぎわい創出プロジェクト」の事業提案3者によるプレゼンテーションを開いた。市職員と民間人で構成する選考委員会で審査され、札幌の都市開発コンサルティング会社、札幌のイベント企画会社、JA帯広かわにしの3者が発表した。十勝の農畜産物を生かした直売所や飲食店など、ばんえい競馬の集客にも相乗効果を生む空間づくりを提案した。

     選考委員会は、市側が委員長の鈴木新一商工観光部長、合田隆司ばんえい振興室長ら3人、民間が橋枝篤志帯広商工会議所専務理事、松山豊帯広観光コンベンション協会専務理事ら3人の計6人。選考は非公開で行われた。

     札幌の都市開発コンサルティング会社は十勝管内の住宅メーカー、環境関連業者、設計会社の計4者で事業計画を策定。模型を使って新たな空間づくりを説明し、札幌の会社社長は「十勝の風土、食、ライフスタイル、十勝ならではのものを提供し、集客できる施設にしたい」と語った。
     札幌のイベント企画会社は、今年から帯広競馬場関係者の招へいで、集客活動してきた実績を強調。イベントホールやエコカフェなどを計画し、同社代表は「イベントを仕掛け、いつも何かやることで人を集客したい」と話した。

     JA帯広かわにしは、JA帯広大正と協力して家族層や女性層を呼び込める直売所、飲食店を創設する構想を発表した。担当者は「地元農協が農畜産物を売り、ばんえい競馬の盛り上げにも協力できれば」と意義を強調した。

     市は10日に事業予定者を決めた後、助成額などの協議に入る。鈴木部長は「3者に共通しているのは地域の農畜産物を活用した飲食や販売。市が考えている、ふさわしい提案と感じた。ばんえい競馬との連携も十分に図れるような提案を採用したい」と語った。(中津川甫)


    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全19件中)
    著作権 十勝毎日新聞社