΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年11月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    十勝産チヂミを試食する来場者

     「ばんえい十勝まんぷく味覚まつり」(帯広市主催)が21日、帯広競馬場で始まった。地元産の野菜や肉、乳製品などが振る舞われ、十勝の味を食べ歩きする来場者でにぎわっている。

     十勝産食材とばんえい競馬をPRしようと、昨年に続いて開催。管内JA、農家、飲食店など約20店舗のブースが並び地場産の野菜を販売、食材をその場で調理し試食用に提供した。

     帯広物産協会が用意した羊の丸焼きは30分ほどで150人分の配布を終了。新ジャガイモのラクレットチーズがけ、十勝産小麦のチヂミも人気を集めた。市内から姉妹3人で来場した石井征津子さん(70)は「鹿追そばがおいしかった」と笑顔を見せていた。

     22日まで。開場は午前10時〜午後3時。最終日は十勝産小麦のピタパン(50円)の試食、まんぷくそばの早食いチャレンジなどのイベントもある。(原山知寿子)


     ばんえい十勝は16日、全開催日(150日間)の6割に当たる90日間が終了した。馬券の累計発売額は60億5590万6000円(予算比9.59%減、前年比11.11%減)と計画を1割下回る厳しい状況が続いている。帯広競馬場も予算比12.96%減で今年は不振が顕著。当初全日程で発売を予定していた道営の直営場外「Aiba」は16日間発売しない日が生じており、関係者は残り60日間での巻き返しに全力を挙げる。

    計画1割減の60億5590万円
    「Aiba」で販売、引き続き要請へ




     1日の平均発売額は6728万7844円(予算額7442万9279円)。累計入場者数は帯広競馬場が13万3163人(前年比9.31%減)、旭川や北見など道内6カ所の「直営場外」は12万1727人(同3.81%減)。今期移転した旭川場外は前年より1割以上も減っている。

     累計発売額の内訳は、帯広競馬場が16億238万2700円(予算比12.96%減、前年比11.85%減)に対し、直営場外は21億5952万8600円(同4.78%減、同13.28%減)。前年比較では直営場外の落ち込みが大きいが、予算比較では帯広競馬場が例年より苦戦している。

     ネット・電話投票は14億7645万8500円(同10.01%減、同1.94%減)。システム障害の影響で「オッズパーク」の発売が予算比15.58%減と落ち込み、「5重勝単勝式」の導入時期も依然不透明となっている。

     広域場外は8億1753万6200円(同13.86%減、同18.14%減)。道営の直営場外「Aiba」は開催90日間中74日間の発売にとどまる。1日当たり平均で約1000万円を売り上げることから、計16日間で1億6000万円程度の影響額。

     市ばんえい振興室は「道にAibaで売ってもらえるよう引き続き要請する。農閑期になるので農家の来場に期待」と話している。(中津川甫)


    農畜産物が一堂に「味覚まつり」21、22日
    レースに挑戦「ゆるキャラ選手権」23日

     ばんえい十勝開催中の帯広競馬場(帯広市西13南9)で21、22の両日、十勝のおいしい物が一堂に会する「ばんえい十勝味覚まつり」(市主催)が開かれる。23日には道内各地の企業・団体などのマスコットが模擬レースなどを行う「ゆるキャラ選手権」も行われる。

     味覚まつりではAコープチェーン帯広ブロック協議会、ホクレンなどの農業団体や企業が農畜産物を販売。乳製品やジャガイモなどの無料試食コーナーが設けられるほか、ソバの早食い競争など食にまつわるステージイベントも用意される。

     ゆるキャラ選手権にはばんえい十勝のリッキー、十勝毎日新聞社のぴぴっと、国税電子申告・納税システム「イータックス」をPRするイー太君などの着ぐるみが登場。優勝賞金5万円を懸けて徒競走対決や実際の競走馬を使った模擬レースを繰り広げる。参加を希望する企業・団体のマスコットを募集している。

     同競馬場の開門は午前10時。問い合わせはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(0155・34・0825)へ。



    協賛レースで勝利したアアモンドゴールド号とツアー参加の管内町村長ら

     十勝町村会(会長・高橋正夫本別町長)と十勝町村議会議長会(会長・大場博義音更町議会議長)は14日午後2時半から帯広競馬場で、ばんえい十勝応援ツアーを実施、十勝を挙げて同競馬を応援する姿勢を示した。

     管内町村長14人と町村議会議長12人のほか、砂川敏文帯広市長、上野敏郎市議会議長、竹林孝十勝支庁長、鎌田貢次帯広開建部長らも参加。高橋町村会会長は「管内の馬産農家は、ばんえい十勝に出場できる馬を育てることを夢として頑張っている。馬の歴史と文化を守りたい。十勝の市町村・関係機関を挙げて、ばんえい十勝を盛り上げる必要がある」と語り、一行は競馬場3階のプレミアムラウンジに陣取って熱を込めて観戦した。

     この日の第10レースは「十勝町村会応援ツアー杯」として協賛。表彰式では“ツアー実行委員長”の伏見悦夫大樹町長が、勝利したアアモンドゴールド号の小林長吉調教師、山本正彦騎手に副賞を手渡した。小林調教師は「十勝の各町村にはPRで訪れて、大変お世話になっている。応援を励みに頑張りたい」と感謝。砂川市長は「きょうは十勝を挙げての応援を肌身で感じた」と話していた。(横田光俊)

    帯広市 残り2者とも連携模索

     帯広競馬場の複合施設化に関する事業提案者の公募で、帯広市は提案があった3者のうち、事業予定者として札幌の都市開発コンサルティング会社「街制作室」(国分裕正代表取締役)に絞り、来週にも協議に入る。市と同社は提案内容や助成額などで歩み寄りが必要な部分を調整し、年内にも施設概要を固める方針。

     同社は十勝管内の住宅メーカーや設計会社など3者と連携して事業計画を策定。6日のプレゼンテーション後、「十勝の風土、食、ライフスタイル、十勝ならではのものを提供し、集客できる施設にしたい」としていた。

     複合商業施設の総合プロデュースを得意分野とし、実績として東京都の「新丸の内ビル」飲食・食物販ゾーン、「イーアス札幌」などがある。管内でもJR帯広駅エスタ西館の商業施設「とかち食物語」、コープベルデ店、ハピオ木野、「プロスパ6」などの総合プロデュースや計画提案にも携わった。

     市は残り2者の札幌のイベント企画会社、JA帯広かわにしの提案にも優れた面があるとし、何らかの形で連携できないか模索する構え。
    (中津川甫)


    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全19件中)
    著作権 十勝毎日新聞社