΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年11月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    力強い足取りでナリタボブサップを猛追するカネサブラック

    2着にナリタボブサップ

     ばんえい十勝は29日、帯広競馬場で4大記念レースの3戦目「第30回北見記念」(BG2、3歳以上オープン別定)を行い、3番人気のカネサブラック(牡7歳、松井浩文調教師、松田道明騎手)がゴール前の混戦を制し、岩見沢記念(10月)に続いて重賞2連勝。正月2日開催の帯広記念に向けて弾みを付けた。タイムは2分36秒7(馬場水分4.3%)。2着には2番人気のナリタボブサップ(牡7歳、大友栄人調教師、鈴木恵介騎手)が入った。

     松田騎手は「前半のペースが速かったので、障害でヒザを折らないように気を付けた。障害を下りた時点でゴール前のたたき合いになるのは分かったので、できるだけ我慢して馬を落ち着かせた。最後は馬がため込んだ力を発揮してくれた」と会心の勝利を振り返った。


    今シーズン重賞4勝目を挙げたカネサブラック。馬の右が松井調教師、左端が松田騎手

     松井調教師は「10キロのハンデならナリタボブサップに勝てると思っていた」としながらも、「最後は1人でテレビの前で大声を上げていたよ」と大熱戦に興奮気味。これでカネサブラックは今シーズン8戦6勝、うち重賞4勝と絶好調をキープ。松井調教師は「休ませながらも、レースに出しているのと同じように良い状態を維持していくよう心掛ける」と話し、次の大一番、帯広記念を見据える。(丹羽恭太)



    とかち市民オンブズマンの会

     とかち市民オンブズマンの会(長谷川亮会長)は27日、帯広競馬場の複合施設化に対する帯広市の公費投入方針をめぐり、砂川敏文市長と上野敏郎市議会議長に懇談会の開催を申し入れた。

     ばんえい競馬は4市組合時代に多額の累積赤字が発生して市財政を圧迫した経緯があり、砂川市長は市単独開催を決めた際に「競馬運営の資金は一般財源から支出しない」と約束した。複合施設化の公費投入方針に対して、同会には市民から「市が財政負担するのはおかしい」といった投書が寄せられているという。

     同会事務局では「12月議会で複合施設化の関連補正予算が提案されるとのことで、理事者と議員の考えを聞きたい」としている。



     「環境」見直し2億5000万に

     帯広市が帯広競馬場の複合施設化に向けた事業予定者などとの協議で、当初3億7000万円程度が見込まれた総事業費を2億5000万円程度に縮小する方向で調整していることが27日、分かった。飲食・物販と環境関連の2本柱のうち、環境関連の見直しを検討。両者の協議は継続中で、総事業費はなお流動的となっている。

     市は12月議会(1日開会)に今年度からの必要経費として、5年間総額・1050万円の債務負担行為設定を提案する方針。来年3月議会でも2億円程度の債務負担行為(5年間)の提案を検討している。

     関係者によると、現時点で想定される総事業費2億5000万円程度のうち、市の負担は2億円程度に上り、事業者負担は5000万円程度となる見通し。市は土地の賃貸で年170万円程度の収入を見込んでいるという。

     環境関連の見直しでは、事業予定者の「街制作室」(札幌市)の協力企業にも影響が及ぶとみられる。市は今後の協議次第で事業者への財政支援額が変動する可能性も示唆している。(中津川甫)



    模擬レースを前に採血されるばん馬

    血液採取、心拍測定

     ばんえい競馬を科学する会(清原三枝子代表)はこのほど帯広競馬場で、レース時にばん馬の馬体にかかるストレス調査を行った。昨年度に続き2回目。馬の心拍数や血中のストレス物質などを分析し、年内にも結果をまとめる予定。

     帯広畜産大学、家畜改良センター十勝牧場、ばんえい競馬調教師会、同騎手会、市が協力。調査は現役の競走馬2頭に心拍計を取り付け模擬レースを行い、心拍数を測定。レース前後に採血し、血液中の乳酸値やストレス物質コルチゾールなどのデータを収集するというもの。同大の柏村文朗教授は「生体は個体差が大きいのでデータの積み重ねが大切。分析結果をトレーニングに活用する方法もある」と話していた。

     競走馬の科学的な分析手法はサラブレッドで広く用いられているが、ばん馬では昨年、同大などが行ったのが初めて。昨年の調査では、レース中のばん馬は極端なストレス状態にはないとの報告がなされている。(丹羽恭太)


     
    ゆるキャラ選手権開催
    2009年11月24日(火)


     見た目はゆるいけど真剣です−。ばんえい十勝開催中の帯広競馬場で23日午後、各地の企業・団体などのマスコットによる「ゆるキャラ選手権」が開かれた。

     JRA(日本中央競馬会)のターフィーをはじめ、全国区のキャラクターからご当地ものまで10体が出場。管内からはばんえいのリッキーのほか、十勝毎日新聞社のぴぴっとかちまい、カチマイデビル、鹿追町のYOSAKOIチーム「鹿っとびグランディア」のぐらんでぃーが参加した。

     予選の徒競走は転倒するキャラクター続出の白熱の勝負=写真。決勝は本コースでばんえいの模擬レースを行い、函館競輪の「りんりんくん」が優勝。「函館競輪場にも遊びに来てね」としっかりPRしていた。


    1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全19件中)
    著作権 十勝毎日新聞社