\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー 480
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛10(8)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
  競馬場ストーリー
カネサブラック混戦制し2連勝 ばんえい北見記念
2009年11月30日(月)

力強い足取りでナリタボブサップを猛追するカネサブラック

2着にナリタボブサップ

 ばんえい十勝は29日、帯広競馬場で4大記念レースの3戦目「第30回北見記念」(BG2、3歳以上オープン別定)を行い、3番人気のカネサブラック(牡7歳、松井浩文調教師、松田道明騎手)がゴール前の混戦を制し、岩見沢記念(10月)に続いて重賞2連勝。正月2日開催の帯広記念に向けて弾みを付けた。タイムは2分36秒7(馬場水分4.3%)。2着には2番人気のナリタボブサップ(牡7歳、大友栄人調教師、鈴木恵介騎手)が入った。

 松田騎手は「前半のペースが速かったので、障害でヒザを折らないように気を付けた。障害を下りた時点でゴール前のたたき合いになるのは分かったので、できるだけ我慢して馬を落ち着かせた。最後は馬がため込んだ力を発揮してくれた」と会心の勝利を振り返った。


今シーズン重賞4勝目を挙げたカネサブラック。馬の右が松井調教師、左端が松田騎手

 松井調教師は「10キロのハンデならナリタボブサップに勝てると思っていた」としながらも、「最後は1人でテレビの前で大声を上げていたよ」と大熱戦に興奮気味。これでカネサブラックは今シーズン8戦6勝、うち重賞4勝と絶好調をキープ。松井調教師は「休ませながらも、レースに出しているのと同じように良い状態を維持していくよう心掛ける」と話し、次の大一番、帯広記念を見据える。(丹羽恭太)



篏罔罸ユ域腓