΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    帯広競馬場に鈴の音を響かせたチャグチャグ馬コのパレード

     岩手県滝沢村の伝統行事「チャグチャグ馬コ」が18日、帯広競馬場で披露された。豪華な装飾馬具に身を包んだばん馬が場内を行進し、来場者を楽しませた。

     チャグチャグ馬コは同村の馬祭で、鈴などをあしらった馬具で飾り立てた馬に子供が乗り、同村の蒼前神社から盛岡市の八幡宮まで行進する。馬とのかかわりが深い十勝にも紹介しようと、NPO法人とかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)が企画。本物の装飾馬具を同村の愛好家から借り受けて実現した。

     この日はばんえい十勝のPR馬リッキーとミルキーに馬具を装着。公募で選ばれた芽室町の彩乃ちゃんと帯広市のひなたちゃんが乗り手を務めた。パレードではばんえい十勝の調教師や騎手らが手綱を引き、2人は馬上から観客に笑顔で手を振っていた。

     彩乃ちゃんの父昌幸さん(44)は岩手県出身だが本物のチャグチャグ馬コを見るのは初めて。「まさか帯広で見られるとは思わなかった。娘は衣装がよく似合っている」と相好を崩し、「岩手の実家に写真を送りたい」としきりにシャッターを切っていた。
    (丹羽恭太)


     
    ばんえい薄暮開催終了
    2009年10月21日(水)
    発売予算比15%減19億円 帯広苦戦も場外善戦

     ばんえい十勝は19日、今季初めて導入した薄暮開催の全日程が終了した。ナイター開催を挟んで前後計30日間行い、発売額は秋季開催(12日間)が7億4070万7000円(予算比18.81%減)となり、春季開催(18日間)の11億7124万6000円(予算比12.62%減)と合わせて計19億1195万3000円(同15.13%減)となった。市は今季の実績を反省・検証し、来季の開催計画作成に反映させる考えだ。

     市は昨年72日間実施して不調に終わったナイター開催の反省を踏まえ、今年は42日間に短縮。削減した30日間は、夕方に最終レースが終わる薄暮開催に充てた。昨年課題に挙がった集客が難しい低温の時期に対応するため、春はナイター、秋は昼間開催への移行期間に設定した。

     春季は5月9日〜6月15日に実施。帯広競馬場は3億1200万4500円(予算比14.44%減)と苦戦したが、道内6カ所の直営場外は4億4632万2400円(同4.58%減)と善戦した。北見、苫小牧、釧路は予算額をやや超えた。ネット・電話は2億5918万3400円(同12.26%減)で低調だった。

     秋季は9月26日〜10月19日に開催。帯広競馬場は1億9587万9100円(同20.21%減)、直営場外は2億8179万1200円(同9.76%減)、ネット・電話は1億5980万4100円(同24.07%減)と春季よりも大きく低迷した。今月3日から「オッズパーク」のシステム障害でパソコン(現在復旧)、携帯電話からの購入不可となったことなどが響いた。

     春季と秋季を合わせた合計発売額の内訳では、帯広競馬場が5億788万3600円(同16.77%減)と2割近く計画を下回ったが、直営場外は7億2811万3600円(同6.65%減)にとどまった。ネット・電話は4億1898万7500円(同17.18%減)と伸び悩んだ。

     市はナイター開催よりネット・電話が売れなかった半面、直営場外は客足離れに一定の効果があり善戦につながったと分析。「ナイターはネットがよく売れる特徴があり、来年の(薄暮開催の)期間設定は発走時刻を含めて検証が必要」(ばんえい振興室)と話している。(中津川甫)



    ライバルと一線を画す力強い足取りでゴールを目指すカネサブラック

     ばんえい十勝は18日、帯広競馬場で4大記念レースの1つ「第45回岩見沢記念」(BG2、3歳以上オープン別定)を行い、1番人気のカネサブラック(牡7歳、松井浩文調教師、松田道明騎手)が圧巻の走りで今シーズン重賞3勝目を挙げた。タイムは2分26秒0(馬場水分5.3%)。2着には4番人気のナリタボブサップ(牡7歳、大友栄人調教師、鈴木恵介騎手)が入り、古馬の重賞で3戦連続1、2着を独占していた松井厩舎(きゅうしゃ)勢に一矢報いた。

     負担重量820〜850キロの高重量戦にふさわしく、各馬とも第1障害を越えてから5回、6回と息が入る力のこもった展開となった。ライバルが次々に第2障害に仕掛けるのを横目にじっくりとためたカネサブラックは、6番手で障害に挑むと、全身をバネのようにしてひと腰でクリア。下りてからは松田騎手が手綱を振るう必要がない力強さでゴールまで独走した。

     松田騎手は「レース前に調教師と相談して、ナリタボブサップを捕まえられる位置に付けた。今年はずっと馬の調子が良いが、今日は思った以上に動いてくれて強い勝ち方ができた」と会心のレースを振り返った。


    今シーズン早くも重賞3勝目を挙げたカネサブラック。馬の右が松井調教師、左から4人目が松田騎手

     松井調教師は「ナリタボブサップとは10キロのハンデがあったが、五分で障害を下りられれば負けないと思っていた。今日は騎手の判断の勝利」と松田騎手をたたえた。今シーズン7戦5勝と絶好調のカネサブラックについては、「ハンデがきつくなってくるが、まずは北見記念(11月29日)を狙いたい」と話していた。(丹羽恭太)



    調教用のソリを引く高校生

     修学旅行で十勝を訪れた大阪府立交野高校(西村光正校長)の2年生が17、18日、帯広競馬場を訪れて世界で唯一のばんえい競馬を見学した。

     一行は8クラス306人。16〜19日の3泊4日の日程で、鹿追町の然別湖を拠点に主に道東を見学。同町内でジャガイモ収穫や搾乳体験なども行い、4クラスずつに分かれて十勝と釧路の観光名所を回った。

     帯広競馬場には2日間に分かれて4クラスが訪れ、18日は2クラスの計76人が見学。馬の資料館やバックヤードなどでスタッフの説明を受けた。レースはバックヤードで間近から見学し、初めて見るばん馬の迫力に圧倒されていた。滝口さんは「大きくて力強かった」と話していた。(高田敦史)



    「チャグチャグ馬コ」の様子を伝える写真が並ぶ会場

     岩手県滝沢村の伝統行事「チャグチャグ馬コ」が18日、帯広競馬場(帯広市西13南9)で行われるのに合わせ、同競馬場ではチャグチャグ馬コのパネル展が開かれている。NPOとかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)主催。19日まで。

     チャグチャグ馬コは同村で毎年6月に行われる祭りで、100頭ほどの馬が豪華な装飾馬具に身を包んで行進する。同競馬場では当日、ばんえい十勝のマスコット馬、リッキーとミルキーが本物の装飾馬具を装着して場内をパレードする。

     パネル展では本場滝沢村で行われたチャグチャグ馬コフォトコンテストの入賞作品や、資料などを展示している。(丹羽恭太)




    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全26件中)
    著作権 十勝毎日新聞社