΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     ばんえい十勝と帯広の新ご当地グルメ「十勝おびひろ枝豆サラダ麺(めん)」のコラボイベント「十勝おびひろ枝豆サラダ麺スタンプラリー2009」が、このほど始まった。11月30日まで。

     市内6店で同メニューを食べてスタンプを集めると、ばんえい十勝開催日(毎週土・日・月曜)の帯広競馬場(帯広市西13南9)で商品がもらえる。発走前の馬券500円分の提示が必要。商品はクオカード、ばんえいぬいぐるみ、十勝の農作物詰め合わせなどさまざま。制覇した店舗数によって異なる。

     提供しているのは帯広東急イン「シャングリ・ラ」(西1南11)、帯広ワシントンホテル「カフェ・ド・パリ」(西1南12)、北海道ホテル「バード・ウォッチ・カフェ」(西7南19)、フレンチカフェ「ル・ボルドー」(西16南5)、レストラン「ホーム」(西2南9)、カフェレストラン「サンモニート」(東4南19)の6店。問い合わせはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(0155・34・0825)へ。


     
    名手 復活 病気療養の鈴木勝騎手
    2009年10月26日(月)

    1年2カ月ぶりに復帰した鈴木騎手

    1年2カ月ぶり騎乗

     帯広競馬場で開催中のばんえい十勝で24日、病気療養中だった鈴木勝堤(しょうてい)騎手(50)が約1年2カ月ぶりの騎乗を果たした。通算2233勝を挙げている名ジョッキーの復活に、多くの競馬ファンから惜しみない拍手が送られた。

     鈴木騎手は1959年岩手県出身。81年デビュー。2007年にばんえい競馬史上9人目の2000勝を達成したほか、同競馬が存廃問題に揺れた当時に調騎会騎手部会長を務めるなど、名実ともに同競馬を代表する騎手。昨秋に脳髄膜腫の手術を受け、療養を続けていた。

     復帰第1戦となったこの日の第2レースでは、兄の鈴木邦哉調教師の管理馬ガッツ号で登場した。結果は9着だったものの「1年以上乗っていなかったのでドキドキだった」と笑顔を見せ、「病み上がりですぐにというわけにはいかないが、徐々にファンの期待に応えられるように頑張る」と力強く語った。

     長年同競馬を観戦している池田町の三瓶哲雄さん(73)は「今では婿さん(鈴木恵介騎手)の活躍がすごいが、勝堤騎手も負けずに頑張って」とエールを送った。
    (丹羽恭太)


     世界唯一の文化で、北海道遺産にも指定されている帯広のばんえい競馬。ばんえいを盛り上げようと今年も31日、11月1日の2日間、帯広競馬場で「とかちばん馬まつり」が開催される。3年目を迎えるまつりの目的や見どころを、主催グループ「ばん馬とともに地域振興をはかる会」(川田章博会長)の「ばん馬まつり推進会議」でイベント部会長を務める越智孝佳さんに聞いた。(文・大谷健人、写真・塩原真)



    食と文化…十勝の「財産」再認識を

    −ばん馬まつりの目的は。
     ばんえいは世界中で帯広にしかない貴重な「文化」。しかし、地元にいながらばんえいを見たことのない人が大勢います。

     今、ばんえいは存続の危機ですが、大勢の市民らにこの「文化」に触れてもらい、存続・廃止にかかわらず「ばん馬とは何か」を考えてもらいたいと思っています。
     そのきっかけとしてばん馬まつりが始まりました。

    ▼−−−−−△
    イベント充実 
    −まつりは今年で3年目を迎えました。
     今年はフードコーナー「とかち食べ歩き!」などの物産やイベントも充実しています。
     女性や子供にも多く集まってほしいという思いから「ギャンブルをしなくても、楽しめる場所にしたい」と考えており、十勝の食と文化を一度に楽しめる場になっています。
     「経済資源に」との思いももちろんありますが、「多くの人に触れてほしい」という原点の“軸”は、ぶれていません。

    −まつり成功に向けたイベント部会の役割は。
     われわれの大きな役割は「空間の演出」。メーンイベントの「人間ばん馬」とそのほかのイベントを1つの空間としてとらえ、お祭り気分や明るい雰囲気を演出していきます。
     「会場内どこでも楽しい催しが行われている」のが理想とするイメージです。

    ▼−−−−−△
    各チームが本気   
    −まつりのPRを。
     当日は人間ばん馬を中心に大道芸やバルーンアート、子ども縁日など多彩な催しがあります。人間ばん馬は各チームが本気を出して戦います。この日を1年の目標にしているチームもあり、非常に面白いです。ぜひ会場に足を運んでもらい、イベントとしてのまつりの楽しさ、ばん馬という文化に触れ、十勝の財産を再認識、再考察していただければと思います。

     おち・たかよし 
     1953年愛媛県西条市生まれ。成蹊大学法学部を卒業し東京のコーヒー卸売会社に就職。81年、義父の経営する千葉石材(帯広市西11北1)に入社。2000年から社長。妻みつるさん(51)との間に1男。趣味はスポーツ全般で、テニスは中学時代から続けている。


    1億突破は1日 重賞レースに期待

     帯広市単独開催3年目のばんえい競馬は開催150日間の半分が終了、17〜19日で後半に突入した。12日に前半75日間を終え、馬券発売額は51億1887万4700円(予算比9.78%減、前年比11.22%減)と計画を1割下回る厳しい状況が続いている。1日の発売額が予算を超えた日は11日間にとどまった。昨年度も同時期は予算比8%弱下回るペースで推移し、最終的には予算比3%弱まで持ち直しているため、後半の巻き返しが期待される。

     開催75日間(4月25日〜10月12日)の1日平均発売額は6825万1663円(予算額7564万9947円)。1日で発売額が1億円を突破した日はわずか1日(8月16日)で、昨年の同時期と比較すると2日間減。1日の発売額が単独開催後初めて4000万円台に落ち込んだのが1日(10月5日)あり、ネット販売のシステム障害が大きな要因。

     75日間の発売額内訳では、帯広競馬場が13億6862万7000円(予算比12.18%減、前年比11.14%減)で、直営場外の17億9909万1900円(同4.27%減、同12.77%減)よりも予算比で苦戦。直営場外の苫小牧と釧路は予算額を上回った。

     ネット・電話は12億5654万8600円(同12.76%減、同4.57%減)。システム障害が生じた影響が6日間反映されているが、これを差し引いても伸び悩んでいる。道営場外や道外など「広域発売」は6億9460万7200円(同12.70%減、同17.92%減)だった。

     入場者数は帯広競馬場が11万2763人(前年比6.38%減)、直営場外は10万965人(同3.03%減)。市ばんえい振興室では、重賞レースが馬券売り上げが伸びる最も効果的な手段であることから、正月や年度末に向けて「今後売り上げが伸びることを期待したい」としている。

     後半に突入した3日間の発売額を含む開催78日間の累計発売額は53億1201万6900円(同9.91%減、同11.38%減)。24日から昼間開催に移行する。(中津川甫)


     インターネットによる地方競馬の馬券販売サービスを手掛ける「オッズパーク」(本社東京)は20日、システム障害が生じていた携帯電話からの利用サービスを再開した。

     1日からシステム障害が発生。ばんえい競馬でも3日から携帯電話が使用不可能になり、5日にはパソコンからも利用できなくなった。8日にパソコンからの利用は再開したが携帯電話の復旧は遅れていた。


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全26件中)
    著作権 十勝毎日新聞社