΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年1月(6)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • リッキー号特別出演へ 冬季アジア大会 [1/16]
  • 正月発売額8.7億円 2、4日は2億円台に [1/6]
  • センゴクエース圧巻のV ばんえい天馬賞 [1/4]
  • ばんえい正月開催 2日の売り上げ史上最高額更新 [1/3]
  • オレノココロ逆転で2連覇 ばんえい帯広記念 [1/3]
  • ばんえい新春から熱く 連日の重賞、来場プレゼントも [1/1]
  • 初の2億円台 年末最終日に快挙 29日発売額 [12/30]
  • 1月2日帯広記念予想 ばんえい十勝 [12/30]
  • ホクショウムゲン優勝 ヤングチャンピオンシップ [12/30]
  • 元日から5日連続で開催 [12/29]
  • ホクショウムゲンなど有力 ばんえいヤングCS予想 [12/28]
  • 2年ぶり「大臣賞」復活 ポスター間に合わず 帯広記念 [12/26]
  • マルミゴウカイ ダービー制覇 3歳路線で2冠 [12/26]
  • 出た 史上最高1588万円 7重勝で2口 [12/25]
  • ばんえいダービー予想 ホクショウディープ本命 [12/24]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     帯広市は30日、帯広競馬場の複合施設化公募に関する事業提案受け付けを締め切った。道内外の応募登録者5者のうち、管内1者を含む道内3者から申し込みがあった。いずれも市から助成を求める事業計画になっている。

     11月6日に3者の「応募者ヒアリング・プレゼン」を行い、同10日に市は選考委員会の選考結果を基に事業計画の内容、施設計画、経営計画、管理運営計画などを総合的に判断し、事業予定者の1者を決める。決定後は市と事業予定者で、簡易建造物の設計費や建設費、賃料などに関する助成額を協議する。

     市商工観光部は「短い期間にアイデアを提案していただきありがたい。これから選考に当たり、にぎわい創出や費用対効果を総合的に判断したい」と話している。(中津川甫)



    多くの家族連れなどでにぎわった「とかちばん馬まつり」(31日午後0時15分、山下僚撮影)

     世界で唯一のばんえい競馬を盛り上げようと「とかちばん馬まつり」(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)が31日、帯広競馬場で始まった。道内外から多くの家族連れなどが訪れ、ばん馬や秋の十勝の味覚を楽しんだ。11月1日まで。

     3回目の今年は女性や子供などにも来場してもらおうと物産を充実。公募で集まった28団体が出店。羊の丸焼き(1人前400円)、豚丼(500円)、しほろ牛のカットステーキ丼(500円)などを提供した。

     ばんえい競馬のレースが始まると、子供からお年寄りまで「頑張れ!」と声援を送っていた。会場ではバルーンアートやばん馬とのふれあいコーナー、お笑いコンビ「オクラホマ」のトークイベントなども行われた。

     市内から訪れた会社員の佐藤恵理佳さん(20)、中原綾奈さん(21)は「普段は帯広競馬場に来ることはなかった。ばん馬まつりが(競馬場を訪れる)よいきっかけになった」と話していた。

     11月1日は午後0時25分から、「ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」を開催。25チームが激突し、勝利チームを予想する大抽選会も行われる。
    (大谷健人)

     「とかちばん馬まつり」(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)が31日と11月1日、帯広競馬場で開かれる。11月1日のメーンイベント「人間ばん馬」には管内外から25チームが集結する。秋のばんえいを盛り上げるユニークな3チームを紹介する。

    「覇権奪還」意気込む参加者

     帯広市の出場チームは自衛隊員らで構成する「マッスル・コブラ」。ラグビーやボディービルなど各種競技者でチームを組んだ。昨年の優勝チームも網走管内美幌町の自衛隊チームで、「帯広市民の手に賞金を取り戻す」と意気込む。100万円の使い道は「鉄ぞりを購入し、連覇の礎に」と強調。最年少メンバーの中寺順記さん(21)は「鍛え抜かれた肉体美を見てほしい」とPRしている。

    覇権奪還とばかりに意気込む「マッスル・コブラ」

     足寄町から出場する「ハシレラワンブッキーズ」はメンバー5人中3人が馬産農家。代表の留田邦彦さん(39)は「馬産地として馬には負けられない。夢はでっかく100万円」と頂点を狙う。3年連続の出場。昨年は予選3着で決勝進出を逃した。30日には実際のばん馬で使用されるそりで練習を行う。騎手の尾西沙織さん(26)は「後ろから盛り上げていきたい」と気合を入れている。

    馬産地を代表して出場する「ハシレラワンブッキーズ」

     海外からは国際協力事業団(JICA)研修員で構成する「JICA Winners」がエントリー。モンゴル、ジンバブエ、ブルキナファソ、ザンビアの屈強な選手がそろう多国籍チームだ。騎手のモンゴル人女性、ハンダさん(25)は1カ月前に来日、帯広畜産大で「食の安全」について学んでいる。「男の人がそりを引いている写真を見て面白いと思った。We can do it!(私たちならできる)」と力強く語っている。

    世界各国から屈強なメンバーが集った「JICA Winners」

     11月1日は午後0時25分から25チームを5組に分けて予選、同3時55分から各組1位で決勝レースを行う。当日は特別招待チームとして帯広と交流を進める香川県高松市の「高松ゆめ大使」をジョッキーとするチームも参戦する。(大谷健人、宮木宗久)


     ばんえい競馬を盛り上げようと、今年も10月31、11月1日に帯広競馬場で「とかちばん馬まつり」が開かれる。メーンの「人間ばん馬世界大会」のほかに今年は十勝の食材や飲食など物産が充実。食と文化の“オール十勝”を味わえるイベントになっている。

     ばん馬と共に地域振興をはかる会の主催で今年で3回目。昨年は2日間で9307人が来場した。

     フードコーナー「とかち食べ歩き!」では今年から出店する事業者を公募。管内外から29団体が集まった。中には「ランチョ・エルパソ」や「辨慶」などの有名店も並ぶ。

     そのほかにも羊の丸焼きや大道芸など多彩なイベントが予定されている。また、31日にはお笑いコンビの「オクラホマ」が来場し、まつりを盛り上げる。

     ばん馬まつり推進会議の物産部会、加藤昭治部会長は「『食』が競馬場に足を運ぶきっかけになり、馬券購入につながれば」と話している。(大谷健人)





    重賞初勝利に向けてゴールを目指すユーファンタジー

    2着はキクノリアル

     ばんえい十勝は25日、帯広競馬場で4歳の女王を決めるクインカップ(BG3、4歳牝馬オープン別定)を行い、1番人気のユーファンタジー(平田義弘調教師、安部憲二騎手)が圧勝で重賞初制覇を遂げた。タイムは2分7秒3(馬場水分4.0%)。2着には4番人気のキクノリアル(久田守調教師、西弘美騎手)が入った。

     晴天続きで砂が乾き、落ち着いたレース展開に。じっくりとためて第2障害に仕掛けたユーファンタージはひと腰で障害をクリアすると、後続を引き離しながら一気に逃げに入った。ラスト15メートル付近でいったん脚が止まったものの、2着に約7秒差を付けてゴールした。

     3歳牝馬の重賞レースではこの日の2番人気ニシキエースに3冠をさらわれ、まったく歯が立たなかったユーファンタジーだったが、1年の成長を印象付ける勝ちっぷり。平田調教師は「今日はハンデとメンバーに恵まれた」としながらも、「課題だった障害が良くなり、下りてからの脚が生きるようになってきている。ここでつぶさないように大事に使っていきたい」と話し、ユーファンタジーのさらなる可能性を実感していた。


    4歳牝馬の頂点に立ったユーファンタジー。馬の右が平田調教師、左が安部騎手

     安部騎手は「少ししんの弱いところがある馬で、障害で脚を折ると集中を切らしてしまう。能力的にどの馬よりも格上だったので、障害にポイントを置いて自分のレースをすることだけを考えた」と会心の勝利を振り返った。自身にとっては2008年3月のイレネー記念以来、およそ1年半ぶりの重賞制覇。「重賞に限ったことではないが、やはり大きなレースで勝つことは騎手冥利(みょうり)に尽きる」と笑顔を見せた。(丹羽恭太)


    1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全26件中)
    著作権 十勝毎日新聞社