\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー 459
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛10(8)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
  競馬場ストーリー
あすから「ばん馬まつり」 人間ばん馬に精鋭25チーム
2009年10月30日(金)
 「とかちばん馬まつり」(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)が31日と11月1日、帯広競馬場で開かれる。11月1日のメーンイベント「人間ばん馬」には管内外から25チームが集結する。秋のばんえいを盛り上げるユニークな3チームを紹介する。

「覇権奪還」意気込む参加者

 帯広市の出場チームは自衛隊員らで構成する「マッスル・コブラ」。ラグビーやボディービルなど各種競技者でチームを組んだ。昨年の優勝チームも網走管内美幌町の自衛隊チームで、「帯広市民の手に賞金を取り戻す」と意気込む。100万円の使い道は「鉄ぞりを購入し、連覇の礎に」と強調。最年少メンバーの中寺順記さん(21)は「鍛え抜かれた肉体美を見てほしい」とPRしている。

覇権奪還とばかりに意気込む「マッスル・コブラ」

 足寄町から出場する「ハシレラワンブッキーズ」はメンバー5人中3人が馬産農家。代表の留田邦彦さん(39)は「馬産地として馬には負けられない。夢はでっかく100万円」と頂点を狙う。3年連続の出場。昨年は予選3着で決勝進出を逃した。30日には実際のばん馬で使用されるそりで練習を行う。騎手の尾西沙織さん(26)は「後ろから盛り上げていきたい」と気合を入れている。

馬産地を代表して出場する「ハシレラワンブッキーズ」

 海外からは国際協力事業団(JICA)研修員で構成する「JICA Winners」がエントリー。モンゴル、ジンバブエ、ブルキナファソ、ザンビアの屈強な選手がそろう多国籍チームだ。騎手のモンゴル人女性、ハンダさん(25)は1カ月前に来日、帯広畜産大で「食の安全」について学んでいる。「男の人がそりを引いている写真を見て面白いと思った。We can do it!(私たちならできる)」と力強く語っている。

世界各国から屈強なメンバーが集った「JICA Winners」

 11月1日は午後0時25分から25チームを5組に分けて予選、同3時55分から各組1位で決勝レースを行う。当日は特別招待チームとして帯広と交流を進める香川県高松市の「高松ゆめ大使」をジョッキーとするチームも参戦する。(大谷健人、宮木宗久)


篏罔罸ユ域腓