΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2009年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    個展への来場を呼び掛ける吉岡さん

     札幌在住の写真作家吉岡均さん(52)が、市内の帯広競馬場内で自身が撮影したばん馬の個展を開いている。ポストカードの販売も行い、来場を呼び掛けている。

     吉岡さんは1956年、芦別市生まれ。札幌で吉岡写真事務所を経営する傍ら、写真作家としての活動にも力を入れている。

     「ばん馬に恋して2008」と題した個展では、同競馬場や管内の牧場で撮影した約120枚の写真を展示。レースや調教に臨むばん馬のさまざまな表情が写し出されている。また、ポストカードを3枚1セット(500円)で販売。上川管内東川町の木工クラフト工房で制作した手作り額とセットになったA3判(2万8000円)やA2判(3万8000円)の写真もそろえている。

     吉岡さんは「ばんえい競馬を応援しようと個展を開いている。ぜひ見に来てほしい」と話している。

     個展は入場無料。ただし同競馬場の入場券(100円)が必要。2月2日までのレース開催日に合わせて開かれる。問い合わせは同事務所(011・826・5485)へ。(佐藤圭史)


    帯広競馬場内のスタジオを見学する子供たち

     小学生を対象とした馬との触れ合い学習「ばんえいキッズ・クラブ」が10日午後1時から、帯広競馬場(帯広市西13南9)で開かれ、小学生13人が同競馬場内を見学した。

     馬との触れ合いを通じた情操教育や馬文化の継承を目的に、とかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)が初めて企画。10、17、24日の3回にわたり、同競馬場を利用してさまざまなプログラムを実施する。

     初回のこの日は、ばんえい競馬を放送しているテレビのスタジオを見学。子供たちは全国放送の番組に出演し、緊張した様子を見せていた。また、普段は立ち入ることのできない決勝判定委員室や執務室など競馬場の裏側にも足を運び、競馬にかかわる仕事の幅広さを実感していた。帯広森の里小3年の井出風人君(9)は「鈴木勝堤騎手のファンで、将来は騎手になりたい」と話し、場内を熱心に見て回っていた。

     17、24日は馬の世話や模擬レースなどを予定している。(丹羽恭太)


     輝く新人ジョッキー4人組みの最後を飾って12日の第9レース、キョウエイボーイ号で登場した菊池一樹騎手(22、大橋和則厩舎)は、攻めの騎乗で惜しくも2着でした。


     レースは第2障害までの道中、「馬の疲れが見えたので1度止めました」と的確に休みを刻んで全体のペースをリード、勝負どころの第2障害に先頭で到着。「ほかの騎手の声が聞こえたので、そのタイミングで」と同時に仕掛けてほかが手間取る間に見事にひと腰でクリア、1番手で障害を降りました。場内からは大きな歓声。


     その後は「脚質から言って、どこまで行けるか」という後半勝負。タケノホウシュウ、オレワスゴイに抜かれて3番手。しかしそこから粘りを見せて残り約20メートルで2番手に浮上、そのまま2着に。ゴール後の悔しい表情に、プロ騎手の根性が見えました。


     ゴール後、「緊張しました。(2着の結果は)うれしいです。初勝利目指して頑張ります」と闘志満々のコメント。


     1月10-12日の新人騎手4人のデビュー戦は長澤騎手勝利、菊池騎手2着、林騎手と貝羽騎手がともに3着と全員入賞の快挙。長澤騎手は12日の第5レースでキタノドリーマー号で3日間連続勝利の3勝目。ばんえい競馬は、新人4人の大活躍で、大いに盛り上がっています。
                          (Chai編集長・横田光俊)

     帯広出身、初の平成生まれのばんえいジョッキー・貝羽智生騎手(19)が
    11日の第4レースでミノルユウセン号に騎乗、デビュー戦に臨み、終盤の追い上げで見事に3着入賞を遂げました。


     地元出身とあって、親族・友人らが大勢詰め掛け、りりしい姿にパドックでは「かっこいいよ」と声援も。単勝2番人気。


     レースは第2障害を5番手で降りてから追撃、ゴール際のたたき合いで3番手に浮上。トップから0・6秒差の3着でした。

     騎乗後、息を切らしながら「何とかなると思って臨みました。(最後のせめぎあいでコースが)狭かった。次のレースは馬と人をいい状態にして頑張ります」。帯広3中時代の担任だった福田智子先生からの花束を受け取り、うれしい笑顔を見せていました。(Chai編集長・横田光俊)





     前日の1月10日にデビュー戦勝利を飾った長澤幸太騎手が、翌日の11日第4レースで、ハマナカウィン号(馬主は、あの孫正義氏です!)で見事に勝利。デビュー4鞍目で早くも2勝です。
     第2障害を4番手で降りて、ゴール前10メートルで2番手に浮上、ゴール際の大逆転。デビュー戦と同じ、見事な差し切りでした。
     (Chai編集長・横田光俊)


    早くも2勝目に「うれしいです」と長澤幸太騎手

    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全17件中)
    著作権 十勝毎日新聞社