΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2008年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    プレゼントもらってうれしい、リッキー号


     大勢のファンに囲まれ、すずらん保育所の園児からニンジンケーキをもらったリッキー号

     ばんえい十勝のPRで活躍する帯広市特別嘱託職員のリッキー号=セン10歳、服部義幸厩舎(きゅうしゃ)、生産者は足寄町・佐々木七郎さん=の満10歳の誕生会が9日午後3時15分から帯広競馬場で行われ、帯広・すずらん保育所(櫻井きみ子所長)の年中・年長の園児21人が誕生日の歌とニンジンケーキなどをプレゼント、ファン約300人が集まって盛大に祝いました。

     
     同保育所とリッキー号は互いに訪問して大の仲良し。園児たちは昨年秋に自分たちで育てて収穫したニンジンを持って競馬場に会いに来ました。リッキー号も12月にクリスマスの格好で保育所を訪れました。この日はまず、同号の「同僚」の市職員有志約50人が協賛した「誕生日記念」レースで、園児たちは「頑張れー!」と大声援を送って観戦。



     着ぐるみのリッキー号も子供たちに大人気

     誕生会ではまず園児たちが「たん、たん、たん、誕生日、リッキーのリッキーの誕生日」と元気に歌を披露、ニンジン10本を立てたオリジナルケーキなどを贈りました。


     リッキー号を生産した佐々木さん夫妻やファンからも次々にプレゼントが渡されました。園児たちは「リッキー、よかったね」。

    リッキー号を生産した佐々木さん夫妻


    ファンの子供たちからも続々とプレゼント

      
     協賛レース勝利のキョウワプリンセス号(牝5歳、梨本照夫調教師、阿部武臣騎手)の表彰式では園児代表の栗原姫永ちゃんら3人が立派にプレゼンテーターを務めました。表彰の後は、同号と記念写真。



     最後にリッキー号とも記念写真、馬車に乗せてもらいました。


     リッキー号の服部調教師は「子供たちの応援を受けて、これからもリッキーは頑張って仕事させてもらいます」と感謝していました。




    晴れやかな表情で記者会見に臨む西謙一騎手

     地方競馬全国協会の「NARグランプリ2007」表彰式が2月7日、東京・目黒雅叙園で行われました。

     ばんえい競馬で昨年1月にデビューした西謙一騎手(21)=大橋和則厩舎(きゅうしゃ)=が、優秀新人騎手賞で表彰。ばんえい最優秀馬には帯広産駒のトモエパワー(牡8歳、松井浩文調教師、馬主は函館市・酒井兼益さん、生産者は帯広市・三井宏悦さん)が輝き、松井調教師と主戦騎手だった坂本東一氏(今春から調教師)が晴れの舞台に臨みました。

     西騎手は昨年1月6日デビュー。同15日に初勝利後、タケトップクインやギャンブラークインで各4連勝を遂げるなど活躍し昨年56勝、現在62勝。表彰式のトップで壇上に上がり、表彰の楯を受け取った西騎手は「ぜひ帯広まで観戦に来て下さい」とばんえい競馬をアピール。


     トモエパワーの松井調教師は「会場の素晴らしさにびっくり。壇上に上がって受賞の実感が沸いた。ばんえい記念連覇を目指します」。坂本氏も「受賞して招待されなければ来れない。うれしい」と感慨部深げでした。

    今後の活躍を誓う(右から)松井調教師、西騎手、坂本氏

     ばんえい競馬など国内11の地方競馬の馬券販売などをインターネットで行っている総合サービスサイト「オッズパーク」を運営するオッズ・パーク株式会社(東京・藤井宏明社長)は、ネット投票の金融機関専用口座をつくらなくても普通口座で入金・払い戻しができる国内公営競技(競馬・競輪・競艇・オートレース)初の新決済サービスを5月をめどに開始予定と発表しました。

    ゆうちょ銀行、農漁協などに口座を持つ地方在住のファンの利便性も高まり、ばんえい競馬で売り上げ増が続くネット販売が加速することが期待されます。
     
     これまでの競馬など公営競技のネット投票(馬券購入)は利用者がすでに持つ口座以外に専用の口座を設ける必要があり、オッズパークでも道銀、北洋銀など10行やネット銀行の口座で決済してきました。同社は「地方在住のファンの利便性向上を図る」(藤井社長)として、国内ほとんどの金融機関(銀行・信金・信組・労働金庫・農漁協・ゆうちょ銀行)で共同運営する公共料金などをネット・携帯電話・ATM(現金自動預入払出機)で随時支払える「ペイジー(Pay-easy)」で入金、各金融機関で利用者がすでに持つ普通口座に払戻金を振り込む決済サービスをスタートさせます。4月21日からモニターによる試用を行った上で5月をめどに開始予定です。
     
     ばんえい競馬の今年度のオッズパークでのネット販売は2月4日終了時点で約17億2700万円(全体の売り上げの約16%)と、昨年度の約13億円をすでに大幅に上回っています。「ゆうちょ銀行、信金、信組、労働金庫、農漁協などに口座を持つ地方在住のファンも、大いにネット競馬を楽しんでもらえるようになる。休日でも夜間でも追加入金もできる」(同社)とし、地方で支えられているばんえい競馬の売り上げ増を図ります。

     同社は、新サービスの名称募集(採用者に10万円など進呈)も行っています。詳細はホームページ(http://www.oddspark.com/static/event/2008/koubo/)で。

    ※取材した横田光俊記者コメント=田舎に住んでいるわたしの隣人たちは、郵便局・農協・信金の利用者がほとんど。街まで出て大手銀行の口座をわざわざつくることは、ほとんど無理でした。ばんえい競馬のファンは農村に多いことを考えると、「地方」に目を向けてくれたオッズパーク社の試みは、大歓迎です。ちなみに十勝の農村はパソコン普及が都市部より早く進んでいます。ブロードバンド化も、有線が無理なら無線で100%化の方向。農家のおじいさんがネット競馬の時代ももうすぐ。

     ばんえい十勝は、競走馬の出走申し込み頭数の減少のため、1開催(6日間)のレース数を72から70に減らし、4日と9日のレースを1日12レースから11レースに変更しました。レース回数の減少は2年ぶり、新生競馬で初めて。同競馬業務受託のオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、藤井宏明社長)は、在厩(きゅう)頭数の減少は季節変動によるものが主な原因と見ています。
     
     新生競馬は昨年4月の開始以来、1日12レースを行ってきましたが、4日に初めて11レースに減らし、第1レースの発走時刻を午後11時から同半に繰り下げました。(競馬場の開場時間は午前9時40分のまま)。これは現在の第22回開催(2月2日-同11日)の前に厩舎から出された出走申し込みが今季初めて600頭を割って599頭となり、1開催で同じ馬が2回レースに出る「2回使い」のレース編成も限界となったため。今年度内の残り3開催は、70レース(6日間のうち月曜日または土曜日の2日間で11レースを実施)をベースにして行う見込みです。
     
     各開催での申し込み頭数は年度当初などのピークで700頭を越えていましたが、年度末に向けて減少して600頭台前半に落ちてきていました。これは、春にデビューする新馬が入厩し始めたことと、「成績下位で馬主が保有し切れなくなる馬が退厩するため」(OPBM)。4市開催だった一昨年度には1開催で68レース(2006年2月)に減少したこともありますが、昨年度は全開催で72レースを維持しました。

     馬主・厩舎関係者に支給される報償費は昨年度に比べて実績で約3割減となっており、これに伴い競走馬の頭数確保に支障が出る事態も心配されていますが、今回の頭数減少は「主に季節的変動の範囲内。レース回数が減る分、売り上げの面で厳しくなりますが、レースの魅力向上で1レースごとの売り上げ増に努めたい」(OPBM)としています。


     絶大な人気のリッキー号(昨年12月、伊藤宙君・お父さんと)

     ばんえい十勝の広告塔として活躍する足寄町産駒で帯広市特別嘱託職員のリッキー号=セン10歳、服部義幸厩舎(きゅうしゃ)、生産者は足寄町・佐々木七郎さん=の満10歳の誕生日を祝うイベントが2月9日午後3時15分から帯広競馬場(市内西13南9)で行われます。プレゼントを持って、競馬場に集まりましょう。

     同号は1998年2月9日生まれ、2000年4月に競走馬デビュー。現役時代から同競馬のPRで管内の学校・幼稚園・保育所訪問で活躍し、生涯成績6勝で昨年3月に競走馬を引退、市で初の特別嘱託職員になりました。

     競馬場での馬車引きや各地のイベントで奮闘、絶大な人気です。誕生日イベントは同号の「同僚」の市職員らが準備。保育園児からの歌とオリジナルケーキ、NPO法人とかち馬文化を支える会からのプレゼントなどが行われます。
     
     帯広市観光課の植松秀訓課長補佐は「市民の皆さんからのプレゼントも受け付けます。当日、ぜひお集まりを」と呼び掛けています。当日は市役所職員有志による「リッキー誕生日記念」協賛レース(第9レース)も行う予定です。問い合わせ先は市観光課(0155・65・4169)。

    << 前へ 1 2 3 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全12件中)
    著作権 十勝毎日新聞社