΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2008年12月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     砂川敏文帯広市長と藤井宏明オッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)社長は25日午前、市役所で記者会見し、ばんえい競馬を来年度も開催する方向で大筋合意したと発表した。藤井社長は「世界的な社会情勢の中でパートナー企業がどうなるか最終的な判断をしたい」と述べ、経済情勢の悪化次第では撤退も視野に入れていくことも示唆した。最終合意に向けて流動的な要素も残した。

     帯広単独開催のばんえい競馬は、主催者の市と運営業務を行うOPBMの間で単年度契約を結び、1年間の販売成績から、翌年度の開催を決めることになっている。市単独開催3年目となる来年度も、OPBMは引き続き運営委託したい基本的認識は示した。

     藤井社長は「今年度はかなり厳しい状況だが、赤字だから止めるというわけではない。基本的には開催したい」とした上で、「中長期的に安定的な運営ができなければ(ばんえい競馬が)望まれるものではないと判断する。道の駅といった複合施設化して収益構造を変えていかなければならない」と強調。来年度からの複合施設化が運営委託継続の後押しになる考えも明らかにした。

     砂川市長は「正念場だが、厳しい逆境をチャンスととらえ、長期的に運営する礎をOPBMと築いていかなければいけない時期だ」と述べた。

     鈴木新一市ばんえい振興室長は、来年度の日程案で、開催日数は150日、ナイターは昨季並みの42日間に短縮する方向性を示した。(中津川甫)


    子供たちをそりに乗せて行われた模擬レース

     ばんえい十勝開催中の帯広競馬場で23日午後3時半から、サンタクロースに扮(ふん)した現役騎手が子供をそりに乗せて模擬レースを行う「クリスマスチャレンジばんえい」が開かれた。参加した子供たちは保護者らの声援を浴びながら本コースを疾走した。

     ばんえい競馬を主催する市と運営を受託するオッズパーク・ばんえい・マネジメントが、子供たちにも競馬に親しんでもらおうと昨年から始めた企画。今年は定員5人に対して約30人の応募があった。

     抽選で選ばれた子供たちは、赤い衣装と白い口ひげで仮装した騎手とともにそりに乗り、模擬レースがスタート。帯広啓北小の岸田君が乗ったダイヤノカガヤキ号が、大口泰史騎手の手綱さばきで接戦を制した。

     祖父母に連れられてよく競馬場を訪れているという岸田君は「思ったよりスピードが速くてちょっと怖かった」と話しながらも、「騎手に合わせて『ヤー!』って声を掛けたら馬が応えてくれた」と大満足の様子だった。
    (丹羽恭太)


     帯広市は、ばんえい競馬の来年度開催日程で、夕暮れ時刻にレースを行う「薄暮開催」を検討している。今季、期間を1カ月近く長くしたナイター開催が不調に終わり、この反省を踏まえ、デイ(昼間)開催とナイターの切り替え時期での実施を想定している。開催日数自体は150日間、ナイターは市単独開催1年目と同程度の42日間を軸に調整している。

     来年度のばんえい競馬開催日程は、年内に農林水産省に届け出。来年1月末までに、総務省に対しては開催指定も申請する。

     今季のナイターは、昨季の好調を受けて開催日数を72日間(前年比30日増、5月9日−10月19日)と設定。ただ春や秋の肌寒い時期に加え、夏場も天候不良による低温で客足が遠のいた。市外のファンは帰宅時間の都合上、早めに馬券発売所を離れることも指摘されていた。

     市はこれらの反省点を踏まえ、来年度のナイターを短縮する方向。代わりに導入する薄暮開催は、メーンの11レースを午後5時半ごろ、最終12レースは午後6時ごろ発走で検討している。発走時刻の設定は、南関東の競馬場のナイターと連動できるように進める。

     市は現在、運営を委託しているオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)などと協議中で、一両日中にも方針を固める。

     市は「夕暮れは日高山脈に沈む夕日がきれい。新たな魅力創出につながれば」と期待。OPBMの本川高雄常務は「薄暮開催はインターネット販売の調整もある。馬主や騎手とも協議したい」と話している。
    (中津川甫)



    物品目録を若林会長に手渡す大野会長(左)

     社団法人ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)は22日、障害者の日中活動の場である帯広市内の地域活動支援センター6カ所に、帯広市社会福祉協議会(若林宣龍会長)を通して総額20万円相当の物品を寄贈した。

     各センターの備品充実を図る狙いで、市愛情銀行を通じて寄付を行った。

     この日は帯広競馬場(市内西13南9)で贈呈式を行い、大野会長が若林会長へ目録を手渡した後、若林会長が大野会長に感謝状を贈った。6つのセンターを代表し、とつた共同作業所の畑中三岐子所長が「備品は大切に、有効に使わせていただきます」とお礼を述べた。

     物品は、各センターが要望していた電子オーブンレンジや掃除機、ホワイトボードなど。同協会は地域の福祉向上を目的に、来年は市内を除く十勝管内の福祉施設に物品を寄贈する予定。
    (山崎大和)


     おめでとう!今年度のばんえい競馬騎手免許試験に一挙4人の若者が合格しました。12月19日午後4時すぎ、記者会見が行われました。写真をご覧ください。この雄姿!新時代の幕開けを感じさせます。


     右端・貝羽智生(かいわともき)さん(19歳・帯広出身、大友栄人きゅう舎)
     右から2人目・菊池一樹(きくちかずき)さん(22歳・岩手県北上市出身、大橋和則きゅう舎)
     同3人目・長澤幸太(ながさわこうた)さん(20歳・北海道浜中町出身、服部義幸きゅう舎)
     左端・林義直(はやしよしなお)さん(21歳・伊達市出身、今井茂雅きゅう舎)※身長191センチ=最長身長のばんえい騎手誕生だ!

     4人の抱負がスゴイ。
     貝羽さん「小さい子からお年寄りまで、幅広い人にばんえい競馬を見てもらえるきっかけになる騎手に」
     菊池さん「きゅう舎の先輩のような騎手に。新人賞狙います」 
     長澤さん「大河原和雄騎手を超える騎手に」
     林さん「4人がいいライバルになり、3000勝の金山明彦さんを超える」

     ばんえい競馬の正月開催で4人はデビュー予定。4人の勝負服が出来上がったら、ぜひまた、そろって取材させてほしいです。(Chai編集長・横田光俊)


    スーツ姿(記者会見用に新調した人もいるのだ)もカッコいいぜ!

     

     

    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全21件中)
    著作権 十勝毎日新聞社