΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2008年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     


     管内18町村は、ばんえい競馬を応援しようと、帯広競馬場のエキサイティングゾーンの柵に、町村の特色や観光スポットなどを示す広告看板を設置した=写真。

     看板は帯広市を含む管内自治体の19枚のほか、ばんえい十勝の応援メッセージと19市町村のカントリーサインが入った案内地図の計21枚。縦90センチ、横1.2メートル。10日に設置した。5月の十勝圏活性化推進期成会で、十勝町村会の金澤紘一会長が期成会会長の砂川敏文市長に提案した。

     各市町村名やキャッチフレーズ、特産品、観光施設などを写真やイラスト付きで分かりやすく示している。期成会事務局では「ばんえい振興はもとより十勝19市町村のPRにつながれば」と話している。
    (中津川甫)

    天候不良や場外売り上げ不振

     帯広市単独開催2年目のばんえい競馬は13日、今季開催の半分に当たる75日間を終えた。発売額は57億6575万1500円、予算対比91.60%、前年対比91.57%と厳しい状況となっている。今季はナイターの開催日数を増やしたが天候不良や低温などで売り上げが苦戦、直営場外発売所の不振、関東など他競馬場での売り上げも想定より伸びなかった。後半戦は各種イベントや重賞レースなどで巻き返しが期待される。

     1日平均の発売額は7687万6687円(予算額8392万6121円)。今季の1億円発売額達成日は3回で、6月22日を最後に約4カ月間途絶えている。
     健闘していた帯広競馬場(本場)も15億4023万8600円(予算対比98.49%、前年対比90.33%)と予算を割り込み、前年対比でも90%割れが目前。入場人員は前年比2万1509人減の12万446人となっている。1人当たり購入額は同776円増の1万2787円。

     旭川、北見など6カ所の直営場外発売所も20億6253万7800円(同89・61%、同78・84%)と苦戦。ただ旭川だけは、ほぼ予算通りの8億3883万600円で推移している。6カ所全体の入場人員は前年対比2万2756人減の10万4118人、1人当たり購入額は同811円減の1万9809円。

     他の道内、関東など広域の発売額は8億4621万5400円(同83.26%、同89.77%)。インターネット購入など電話投票は13億1675万9700円(同93.23%、同127.54%)となった。

     後半戦は19日のナイター終了後、日中開催に移行。各種イベントや年末年始開催で上昇を見込む。市ばんえい振興室では「気温が下がるナイターは年配者にとって厳しかった。来年は短くする方向で検討したい」(井上隆主幹)としている。
    (中津川甫)

     
     うれしい勝利を決めて佐々木康弘厩務員に甘えるフクイズミ

     ばんえい十勝で、ばんえい記念に次ぐ4大重賞レースの1つ、第44回岩見沢記念(BG2、3歳以上オープン)が5日、帯広競馬場で行われ、3番人気で出走馬中唯一の牝馬・フクイズミ=7歳、松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手、馬主は渡島管内八雲町・トーヨーファーム(工東哲夫社長)、生産者は旭川市・さくら牧場=が3番手で第2障害を降りてから見事に先行2頭を差し切り逆転勝利、うれしい今季重賞初制覇、通算重賞4勝目を飾った。タイムは2分50秒7(馬場水分2・1%)。2着は同じくトーヨーファーム所有で1番人気のカネサブラック(牡6歳、同調教師、松田道明騎手)、3着は2番人気のナリタボブサップ(同、大友栄人調教師、藤本匠騎手)だった。(文・写真=Chai編集長・横田光俊)


     フクイズミ(左・尾ケ瀬馨騎手)は3番手で第2障害を降り、残り20メートルで先行するカネサブラック(右・松田道明騎手)など2頭をとらえ、ゴールに向けて快走

     今季これまで10戦1勝、2着が4回と「勝てるレースを落としてきた」(松井浩文調教師)という差し馬のフクイズミが、好位追走からの勝利を最も得意とする尾ケ瀬馨騎手の腕で見事に自分の展開に持ち込み、快勝した。


     勝利騎手インタビューに答える尾ケ瀬馨騎手 

     2003年のデビューから松井厩舎(きゅうしゃ)で「強い心臓」を作り上げた。「普通の馬の倍以上、ばんえいで最も時間も量も多い調教をしてきた」(尾ケ瀬騎手)という猛特訓に耐え抜いた。前走(9月21日、カネサブラックに次いで2着)のばんえい重量715キロから200キロ増の重量で「ゆっくり走り、気持ちよく障害を上がる訓練に打ち込んだ」(同調教師)という。

     激しく追い込んだけいこの疲れも、この日のレース前のパドックでは「元気いっぱい。完全に回復していた」(尾ケ瀬騎手)と絶好調。レースは第2障害まで8回の休みを刻み、自分のタイミングで挑んだ障害には「ひと腰で天板(頂上)に前脚が掛かり、これで行けると思った」(同)。3番手で降りたが、先行したナリタボブサップ、カネサブラックが次々に止まるのをしり目に、フクイズミの驚異の末脚はノンストップでゴールを駆け抜けた。
     
     馬主の工東哲夫・トーヨーファーム社長は「責任感の強い調教師・騎手のおかげ。ばんえい競馬(の馬主を)やってきて本当によかった」と松井調教師らと固く握手。担当厩務員の佐々木康弘さんは「甘えん坊の馬。ようやく結果が出て、馬のためにもよかった」と感無量の表情。次は来年1月のヒロインズカップ、同3月のチャンピオンカップでの勝利で、ばんえい最強牝馬の座を不動にすることを目指す。


    重賞4勝目を遂げたフクイズミ。右端が松井浩文調教師、馬の右が工東哲夫社長、同左が尾ケ瀬馨騎手




     ばんえい十勝は5日、帯広競馬場(西13南9)などで初の「岩見沢記念3連単クイズ大会」を行う。1着から3着までの馬を順番通りに当てる「3連単」は、ばんえい十勝の馬券では未導入。馬券として実現すれば高配当が期待され、ファンから導入の要望もあるが、まずは強豪オープン馬がそろって予想もしやすい第44回岩見沢記念レースの関連イベントとして、岩見沢の地酒などを賞品に実施する。

     同競馬の馬券は(1)単勝(2)複勝(3)枠番連勝複式(枠複)(4)馬番連勝複式(馬複)(5)連勝単式(馬単)の5種類。未導入の「3連単」馬券は予想が難しいものの高配当になりやすく、売り上げ増効果を生む馬券として期待する声も根強い。こうしたファンの要望に応え、クイズイベントの形で実施が決まった。

     当日は岩見沢記念レース(午後8時発走)前の同5時から同7時半までの間に、競馬場1階特設コーナーで参加券に予想した馬番を記入し、2000円分以上の確定前馬券を提示して投票する。当選者の中から計20人に、岩見沢産米で造った地酒「ゆあみさわ」などが当たる。岩見沢場外発売所でも十勝のスイーツなどが当たる同クイズを同時に行う。
     (Chai編集長・横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4   

    表示件数 16-19  (全19件中)
    著作権 十勝毎日新聞社