\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛10(8)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
 ばんえい競馬の強豪馬が主役のドキュメンタリー映画を手掛けた早稲田大学第二文学部4年の島野貴之さん(24)が、同競馬をテーマにした新たな映画制作に取り組んでいる。27日に帯広競馬場での撮影を終えた島野さんは「自分が見て感じたばんえい競馬の姿を映像にできれば」と話している。

 島野さんは同大川口芸術学校(埼玉)在籍中の2006年、同競馬を題材にした卒業制作映画作りをスタート。帯広や岩見沢での撮影を重ね、強豪馬ミサイルテンリュウ号(牡9歳、槻舘重人調教師)を主役にした「人馬一体 ミサイルテンリュウ 砂地の頂へ」(27分)を完成させた。作品は第6回横濱学生映画祭(昨年10月)、夕張国際学生映画祭2008(2月)で上映された。

 今回の作品のテーマは、ばんえい競馬の過去と未来。同競馬が帯広市単独開催となった昨年度以降、対照的な道をたどった岩見沢競馬場(廃止)と帯広競馬場を対比させながら、ミサイルテンリュウ号を軸に改めて同競馬の魅力を伝えていく。島野さんは「前作にはなかった一人称の作品を意識し、肉眼で見て感じた競馬場、厩舎(きゅうしゃ)関係者、馬の姿を映像に乗せたい」と話す。

 22日に北海道入りし、岩見沢と帯広での撮影に臨んだ島野さんは「ミサイルテンリュウや槻舘先生との再会を本当に楽しみにしていた。(一市開催以降に)変わったものと変わらないものがあるが、帯広競馬場にはいい意味で変わらないものがある。自分にとっては第二の故郷」と笑顔を見せ、「世の中の流れで浮き沈みもあるかもしれないが、ばんえい競馬の良さが見直され、さらに多くの人に親しまれるようになってほしい」と話していた。
(清水生)

篏罔罸ユ域腓