\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛10(8)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
  競馬場ストーリー
道内1歳馬の頂点競う
2008年10月27日(月)

島津さんの騎乗で、1歳馬の女王の座に就いたベツカイクイーン

来春ばんえい十勝入り 騎乗の高校生優勝

 帯広競馬場で25、26の両日、道内の1歳馬ナンバーワンを決める「全道祭典ばんば1歳馬決勝大会」が開かれた。小柄な馬体で懸命に鉄そりを引くスターホース候補に、スタンドからは大きな声援が送られた。

 道内各地の生産者、馬主、調教師、騎手らで組織する「北海道輓用馬振興対策協議会」(会長・山本勝博十勝農協連会長)主催。道内の市町村ばんば大会で優秀な成績を収めた1歳馬を集め、同競馬場本コースを使って行われた。

 25日は雌馬の部(負担重量330キロ)が行われ、5頭が出走。根室選抜のベツカイクイーン(生産者は空知管内南幌町の竹内正昭さん、所有者は根室管内別海町の大河原昭雄さん)が優勝した。

 ベツカイクイーンに騎乗した函館工業高校の島津さんは、北斗市で生産牧場を営む父・信さん(46)の下で幼少から馬に親しんでいたという。同競馬場でのレースはこの日が初めてだったが、他馬を寄せ付けず圧勝、「馬が強かったの一言」と勝利を喜んだ。来春にはばんえい十勝の岩本利春厩舎(きゅうしゃ)に入る予定で、「将来は騎手になりたい」と話していた。

 26日に行われた雄馬の部(同350キロ)は6頭が出走し、道南選抜のカツタロー(生産者は桧山管内今金町の木島光男さん、所有者は北斗市の田山克廣さん)が優勝した。
(丹羽恭太)

篏罔罸ユ域腓