΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2008年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

     ばんえい十勝は14日の成人の日に、全国初の新成人(満20歳)に馬券購入券(500円分)をプレゼントするイベントを行い、成人式を終えた若者約20人が夕方から帯広競馬場を訪れました。競馬関係者や場内の大勢のファンは若者たちを歓迎して祝福、場内は大いに盛り上がりました。
     
     成人式を終えた新成人は夕方から競馬場を訪れ、インフォメーションで購入券をもらい、リッキー号にまたがって記念撮影、その場でフレーム入りの写真にしてもらいました。場内では高齢のファンらに「成人おめでとう」と歓迎を受けて、馬券の買い方の指南を受ける若者も。
     
     メーンレースの重賞「ヒロインズカップ」では、新成人代表の佐藤陽介さん、東出卓さん、福井翔太さん(いずれも帯南商高野球部OB、札幌在住の学生)が表彰式のプレゼンテーターを務め、勝利騎手の大口泰史さん(陸別町出身)とがっちり握手。佐藤さんら3人は初めての馬券購入で「これからある同窓会の参加費用をつくろうと思ったが、外してしまった」と苦笑いしながらも「いい思い出になりました」。
     
     競馬業務受託のオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)は「新成人に大好評だった。来年も馬券購入券配布を中心に、さらに楽しいイベントを」(新名貴之取締役)と手応えを語りました。

     ※注=競馬法28条「未成年者は、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない」(平成16年改正)により、満20歳以上は馬券購入可。学生の購入は法改正により適法です。



     昨年1月、ばんえい競馬の騎手に20歳でデビュー、プロとしての道を歩み、全国の地方競馬で最高の活躍を遂げた新人ジョッキーとして「NARグランプリ2007」優秀新人騎手賞にこのほど輝いた西謙一騎手(21)=大橋和則厩舎(きゅうしゃ)=は、さわやかな笑顔から「ばんえい競馬のプリンス(王子)」として人気。新成人に向けて「どうせ仕事をするなら、長持ちする好きな楽しいことをやろう」とメッセージを送ります。
     
     西騎手は青森県生まれ。小さいときから動物好きで犬、猫、ニワトリ、綿羊などを飼ってきました。ばんえいの名騎手・西弘美さん(49)の長男。小学校5年で北海道に移り、名寄農高卒業後に「ほかに何もやることなくて」と叔父の大橋調教師の下で厩務員になりました。朝3時、4時に起きて馬の世話、1年中休みなしの暮らしに「同じことの繰り返し。飽きてきた」。騎手試験に2回目で合格。昨年の騎手デビュー時は「ばんえい初の親子騎手」とマスコミに注目されましたが「そっとしてほしかった」と打ち明けます。
     
     昨年1月6日に初騎乗、「緊張して何をしていいのか分からなかった」。同15日の初勝利も「ソリから落ちそうになって、気が付いたら勝っていた」。しかし厩務員として3年間世話をしてきた気性の荒いタケトップクイン(牝7歳、当時大橋厩舎)で3月に4連勝。8-9月にはギャンブラークイン(同、大友栄人厩舎)でも4連勝。「数多く乗せてもらえて場に慣れた。周りが見えるようになった」。10月20日に50勝達成、新人騎手のばんえい重量10


    解説する(右から)鈴木勝堤、松田道明、細川弘則の3騎手

     ばんえい競馬の正月開催最大の重賞レースでの戦いぶりを上位入賞騎手3人が自ら解説する史上初の感想戦イベント「ばんえい競馬ジョッキー座談会・第30回帯広記念を語る」=有志の会(小原孝志代表幹事)主催=が1月13日午後5時半から帯広競馬場2階ファンルームで開かれました。各騎手はスタート直前まで戦法を熟慮し、本番では馬の調子・馬場状態・ほかの騎手の仕掛け方への対応で数多くの激闘のドラマが2分間強のレースで生まれたことを熱を込めて語りました。

     解説したのは帯広記念を制した陸別町産駒ナリタボブサップの鈴木勝堤騎手、2着カネサブラックの松田道明騎手、3着タケタカラニシキの細川弘則騎手。競馬ファン歴40年の小原さん(帯広の飲食店「炭吾郎」経営)、帯広在住の小説家・鳴海章さんら8人が主催し、約60人のファンが集まりました。


     この催しの前に3騎手から長時間のインタビュー取材を重ねた鳴海さんが司会。レースの録画映像を見ながら各場面での戦い方を聞きました。第2障害前までで重要なペース配分について鈴木騎手は「ためてもためても馬が前に行く」と好調な馬に合わせて全体の流れを形成、ライバルの松田騎手は「鈴木さんに皆が合わせてきた。これはまずい」、細川騎手も「鈴木さんの馬のペースにあまりに余裕があった」と劣勢に立たされました。
     
     見せ場の第2障害を驚異のひと腰(1回の坂への挑戦)で上げた鈴木騎手は「やった、やった、また勝った」と勝利を確信して独走。松田騎手は「何とか2着を」とぼい(追い=馬を全力で追い込み)始め、壮絶な2着争いできん差で敗れた細川騎手は「ゴール際で弱る馬なので、残り10メートルからぼった」と語りました。
     
     会場のファンは初めて聴く騎手が語るドラマに引き込まれ、最後に鈴木騎手らが「次も『うまくいった』と言えるように乗りたい」などと決意表明すると、盛んに拍手を送りました。
     (座談会の詳細は後日、十勝毎日新聞スポーツ面で掲載予定です)



    ばんえい競馬で昨年1月にデビューした西謙一騎手(21)=大橋和則厩舎(きゅうしゃ)=が、地方競馬全国協会の「NARグランプリ2007」優秀新人騎手賞に選ばれました。ばんえい競馬の同賞受賞は尾ヶ瀬馨騎手(1992年度)以来15年ぶり2人目の快挙です。

     ばんえい最優秀馬には、帯広産駒のトモエパワー(牡8歳、松井浩文調教師、坂本東一騎手、馬主は函館市・酒井兼益さん、生産者は帯広市・三井宏悦さん)が輝きました。
     
     西騎手は昨年1月6日に騎手デビュー。同15日に初勝利後、タケトップクインやギャンブラークインで各4連勝など「新人離れした騎乗」で勝ち続け昨年56勝、通算60勝。昨年の全国の地方競馬で最も活躍した新人ジョッキーとして認められ「驚きと喜びが半々。ただ単に巡り合わせが良かっただけ。技術はまだまだこれから」と謙虚に喜びを語ります。

     トモエパワーは昨年3月の同競馬最高峰の「ばんえい記念」を制するなど重賞3勝。生産した帯広の三井さんは、02年-05年度に4年連続受賞したスーパーペガサス(昨年死去)、06年度受賞のアンローズ(牝9歳)に続いて6年連続の生産馬の栄冠。
     表彰式は2月7日に東京で行われます。

     ばんえい十勝で昨年12月、競走馬2頭から禁止薬物カフェインの陽性反応が出た問題で帯広市は1月11日、2頭が所属していた厩舎(きゅうしゃ)の2人の調教師に対して戒告・賞典停止の処分を決めたことを発表しました。うち1つの厩舎内に主催者が無許可の飼料添加物が3袋、開封して置かれていた事実が判明、そのいずれからもカフェインが検出されたことから、関係者が過失により馬に与えた可能性が「極めて高い」としますが、具体的な原因は特定できませんでした。

     市は1月7日に処分委員会を開き、禁止薬物発生の防止措置が不十分だったとして、同競馬実施条例施行規則第84条(戒告・賞典停止)などで処分を決めました。問題の飼料添加物を厩舎内に置いていた平田義弘調教師を戒告・賞典停止50日間(1月19日から6月7日まで)と2馬房削減(同厩舎は現在21馬房)。平田厩舎に所属馬を置いていたことで陽性反応が出た梨本照夫調教師を戒告・賞典停止40日間(同日から5月16日まで)と2馬房削減(同25馬房)。賞典停止は、出走のたびに支給される調教師奨励金(基本は着外5200円-1着1万3000円)が対象となります。馬房削減は来年度も継続されます。
     
     禁止薬物混入の原因について市が調べた結果、平田厩舎に業者からサンプルとして提供された3種類(計3袋)の飼料添加物が開封されたまま置かれ、競走馬理化学研究所(栃木県)で検査したところ、いずれからもカフェインが検出されました。関係者の事情聴取から「故意ではなく過失で給餌(きゅうじ)した可能性が極めて高い」としましたが、与えた人物・時期などは特定できませんでした。
     
     厩舎で新たに飼料添加物を使う場合には、禁止薬物が含まれないことが証明されたものを使い、市長への届け出が必要ですが、両厩舎ともに市の無許可の添加物に、禁止薬物が含まれる危険性を認知できる立場にあり、防止措置が不十分として、市は「全国基準と過去の実例から厳しい処分とした」とします。なお競馬法違反容疑で届け出を受けた帯広警察署は、捜査の結果、事件性は乏しいと判断しました。

     昨年12月8日に判明したばんえい競馬の禁止薬物問題は、具体的原因が特定できませんでしたが「禁止薬物が含まれる飼料添加物を安易に厩舎内に置いていた過失の可能性が極めて高い」(帯広市)ということで、故意による可能性はほぼ消え、一定の安心感が広まりました。
     
     しかし管理責任を問われた2人の調教師への処分は重く、鈴木新一・同競馬開催執務委員長(市ばんえい振興室長)は「厩舎への立ち入り検査(昨年12月27日)、今年の元日の朝には調騎会の全員に訓示するなど再発防止を厳しく指導している」とします。
     
     ばんえい調騎会(服部義幸会長)も医薬品や飼料添加物の使用などについて注意事項を分かりやすくまとめた資料をつくり、同じ製品名でも製造者の違いで禁止薬物陰性・陽性に分かれる場合もあることなど具体的に示して再発防止に全力を挙げています。服部会長は「仲間の調教師への処分は大変厳しいものだった。どんなことがあっても2度と起こさないように、厩舎関係者は気持ちを引き締めている」と語ります。


    << 前へ 1 2 3 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全14件中)
    著作権 十勝毎日新聞社