΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2008年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    ファンに最後の雄姿を見せたミサキスーパー号。鈴木勝堤騎手(右)と達崎智彦厩務員(左)が万感を胸に見詰めました


     小柄な馬体ながら無類の勝負根性でばんえい競馬を沸かせた帯広産駒の名馬ミサキスーパー(牡11歳、鈴木邦哉調教師、馬主は留萌管内羽幌町・廣瀬寛さん、生産者は帯広市・三井宏悦さん)の引退式が1月27日、帯広競馬場で行われました。同号は、本州からも集まった約200人のファンに最後の雄姿を見せました。

     ばんえい競馬は今年度から馬の定年制と引退馬そろっての式が廃止されましたが、同号の熱心なファンが準備を進め、新生競馬初の引退式が実現しました。馬着をまとったミサキスーパー号は鈴木勝堤騎手、達崎智彦厩務(きゅうむ)員に引かれてスタンド前に現れました。


    ファンを代表して子供たちからニンジンが贈られました。

     
     1999年デビュー、生涯成績は189戦30勝(うち帯広記念など重賞4勝)。勝っても負けても全力を尽くす走りは「まさに競走馬の鏡」(鈴木勝騎手)、8年間世話した達崎厩務員は「運動能力は弱いのに勝負根性があり故障も多くて大変だった。寂しくなるが、ぜひ子馬を見たい」。

     同号は来月から幕別町・青田誠さんの牧場で種牡馬になります。会場では青田さんの提供でファンにタオル・ポストカード計200枚がプレゼントされました。静岡県、愛知県からも引退式のためにファンが来帯した人気に、鈴木邦調教師は「うれしい限り。これほどの馬にはもう巡り合えないかも」と語りました。



    全国から集まった大勢のファン


    2001年4月に1度騎乗した中山直樹騎手はパドックで待ち続けてミサキスーパーとポーズ写真

     鈴木邦哉調教師コメント
    引退式は鈴木勝騎手らに任せて、パドックの裏から見させてもらった。こんなに大勢のファンに集まっていただきうれしい限り。式を見ながら、帯広記念(2004年)での強い走りを思い出した。小さい体だったが「必ず強くなる」と信じて、我慢に我慢を重ねながら調教して、はまなす賞(01年)で重賞初勝利、やっぱり強いと思った。あれだけの勝負根性を持った馬には、もう巡り合えないかも知れない。子馬に期待したい。

     鈴木勝堤騎手コメント
    「こんな小さい体で勝つはずない」と皆に笑われたが、初めてソリをつけてときに引く力があり、「2年たったらできる馬になる」と確信した。余計なことはしない、競走馬の鏡のような馬。大力(おおぢから)はないが、最後まで絶対にあきらめない走りをした。今年は1年間休養して無理をさせず、種牡馬として活躍できるようにしてきた。父ヒカルテンリュウ、祖父マツノコトブキの優秀な血統は、スーパーペガサス(ばんえい記念4連勝、競馬史上最多の重賞20勝馬)が昨年亡くなり、ミサキスーパーに期待するしかない。頑張っていい子を残してほしい。

     達崎智彦厩務員のコメント
     4歳のときから8年間世話してきた。運動力は弱いが勝負根性があり、自分の能力以上のことを自らする。そのた故障も多くて大変だった。寂しくなるが子馬を見たい。ミサキスーパーの後に自分が世話しているミサキスペシャル(牡4歳)がきょうの第7レースで細川弘則騎手の騎乗で勝ってくれた。いいはなむけになった。
     
     ばんえい調騎会・服部義幸会長のコメント
     勝っても負けても一生懸命走り、ゴール後はいつも動けないほどに疲れ切る根性のある馬。生産者の三井宏悦さん(帯広)が優秀な血統を残そうと努力してきた成果だ。優れた成績の馬の子は、必ず優秀な馬になる


     最後の口取り写真。右奥で服部義幸調騎会会長らが笑顔で見続ける




    ずり引き途中でキタノドリーマーがひと休み

     1月17日の朝の帯広は零下21度。厳寒の朝の調教の模様を見てきました。絶景、そして馬と人のドラマが満載です。


    キタノドリーマーと厩務員さん


    同上


    エサシコーネル


    今井調教師の奥さんと娘さんが調教に出発


    撮影に訪れた写真家の太田宏昭さん


    日の出


    重賞のチャンピオンカップを連覇したミサキスーパー(2005年1月、鈴木勝提騎手、写真はオッズパーク・ばんえい・マネジメント提供)

     小柄な馬体ながら活躍して重賞4勝、最高峰の「ばんえい記念」3年連続2着などでファンを沸かせた帯広産駒の名馬ミサキスーパー(牡11歳、鈴木邦哉調教師、馬主は留萌管内羽幌町・廣瀬寛さん、生産者は帯広市・三井宏悦さん)の引退式が27日午後3時半から、帯広競馬場で行われます。これまでの活躍に感謝、次の世代への期待を込めて、帯広競馬場に集まりましょう。


     鈴木邦哉厩舎でおだやかな表情のミサキスーパー

     ミサキスーパーは1997年5月14日に帯広の名馬生産者・三井さんの牧場で誕生。99年6月に競走馬デビュー、同7月に初勝利。体重936キロで重賞はまなす賞(2001年)を制するなど小柄な体格ながら活躍し、帯広記念(04年)で勝利、チャンピオンカップでは04、05年と連勝しました。同競馬最高峰の「ばんえい記念」は04、05、06年と3年連続2着であと一歩勝利に届かず、大きな話題になりました。生涯成績は189戦30勝。来月からは幕別町内の牧場で種牡馬になります。

     鈴木邦哉調教師は「今までやらせてもらった馬の中で、一番ほれこんだ馬。小さい体だったが引く力があった。性根のいい馬。ぜひ2世に、果たせなかったばんえい記念を制覇してもらいたい」と優秀な子馬に期待しています。引退式では、青田さんの提供で馬名入りのタオル、ポストカード各100枚がファンにプレゼントされます。

     ばんえい競馬は昨年までの馬の定年制(牡11歳、牝8歳)が馬の頭数確保などのために今季から廃止され、シーズン終盤に行われてきた引退名馬そろってのセレモニーはなくなり、引退式は個別に行われることになりました。今回がその第一号となります。



     ばんえい十勝は、昨年4月の第1回能力検査以来、第2障害の高さを約1・6メートルのまま実施してきましたが、冬季でタイムが速くなってきたことなどから、従来の約1・7メートルに戻して19日(第21回開催第1日)から実施します。

     元の帯広競馬場のコースに戻り、さらに白熱レースが期待されます。



    見事な先行・逃げ切りで勝利を飾ったトカチプリティー(大口泰史騎手)

     ばんえい十勝は14日、古馬牝馬唯一の重賞レース「第18回ヒロインズカップ」(BG2、4歳以上8歳以下牝馬オープン)を行いました。1番人気のトカチプリティー=8歳、久田守調教師、大口泰史騎手、馬主は神奈川県横浜市・伊藤圭子さん、生産者は稚内市・早崎久矩さん、担当厩務員(きゅうむいん)は神田徹さん=が先頭で第2障害をクリア、3番人気のフクイズミ(7歳、松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手)の猛追撃を0・5秒差でかわして逃げ切りました。タイムは2分27秒1(馬場水分4・1%)。トカチプリティーは2004年以来2度目の同賞制覇。フクイズミは終盤に5番手から驚異の追い上げで2着。3着には4番人気のニシキユウ(5歳、村上慎一調教師、西弘美騎手)が入りました。
     
     久田守調教師が2004年(トカチプリティー)、06年(エンジュオウカン)に続く3度目のヒロインズカップ制覇。「狙って取れるものではないが、この重賞は取りたかった。(出走の)ローテーションがうまくいった」。大口泰史騎手も「馬のいいところを出せた」と先行・逃げ切りの作戦も大成功。
     
     ばんえい競走馬は、高重量のレースに一度出走すると「重いやみ」(高重量でレース中に止まってしまうくせ)が出ることがあります。これを避けるためにトカチプリティーは昨年12月23日の前走で勝利後、高重量戦の帯広記念を回避する出走ローテーションを組み、今回の勝利を目指しました。担当する神田徹厩務員は「荷物は重くしないで、普段通りの調教を、長めの時間で」とトレーニングを重ねました。
     
     この日のコースは昼間は軽く1分台のレースが続きましたが、夕方から重くなってきました。ばんえい重量は770キロ。ニシキユウ(同730キロ)などとは40キロも差がありましたが、スタート後、「流れが遅くなった。(第2障害前までに休みを)4回刻み、自分のペースに持ち込めた」(大口騎手)。先頭で障害下に着き、真っ先に挑戦、3腰で何とかクリアして先行・逃げ切り態勢に持ち込みました。5番手で降りたフクイズミの猛追撃を「ぼったりすかしたりして、何とかもたせた」という騎乗で見事にかわしました。
     
     大口騎手は自身の今季重賞初制覇に「とてもうれしいです」。神田厩務員も「うれしい」を連発。久田調教師は「この馬は力はあるが、本来は軽い馬場向き。シンエイキンカイ(牡11歳)、エンジュオウカン(牝7歳)とトカチプリティーのオープン馬3頭の中で、何とか重賞を取れた」と満面に笑みを浮かべました。


    ヒロインズカップ3度目の勝利を飾った久田守調教師


    トカチプリティー担当の神田徹厩務員


    2度目のヒロインズカップ制覇を遂げたトカチプリティー(馬の右3人は新成人の代表。馬の左は大野清二・ばんえい馬主協会会長)

    1 2 3 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全14件中)
    著作権 十勝毎日新聞社