\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛12(2)
2017綛11(15)
2017綛10(11)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 

見事な先行・逃げ切りで勝利を飾ったトカチプリティー(大口泰史騎手)

 ばんえい十勝は14日、古馬牝馬唯一の重賞レース「第18回ヒロインズカップ」(BG2、4歳以上8歳以下牝馬オープン)を行いました。1番人気のトカチプリティー=8歳、久田守調教師、大口泰史騎手、馬主は神奈川県横浜市・伊藤圭子さん、生産者は稚内市・早崎久矩さん、担当厩務員(きゅうむいん)は神田徹さん=が先頭で第2障害をクリア、3番人気のフクイズミ(7歳、松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手)の猛追撃を0・5秒差でかわして逃げ切りました。タイムは2分27秒1(馬場水分4・1%)。トカチプリティーは2004年以来2度目の同賞制覇。フクイズミは終盤に5番手から驚異の追い上げで2着。3着には4番人気のニシキユウ(5歳、村上慎一調教師、西弘美騎手)が入りました。
 
 久田守調教師が2004年(トカチプリティー)、06年(エンジュオウカン)に続く3度目のヒロインズカップ制覇。「狙って取れるものではないが、この重賞は取りたかった。(出走の)ローテーションがうまくいった」。大口泰史騎手も「馬のいいところを出せた」と先行・逃げ切りの作戦も大成功。
 
 ばんえい競走馬は、高重量のレースに一度出走すると「重いやみ」(高重量でレース中に止まってしまうくせ)が出ることがあります。これを避けるためにトカチプリティーは昨年12月23日の前走で勝利後、高重量戦の帯広記念を回避する出走ローテーションを組み、今回の勝利を目指しました。担当する神田徹厩務員は「荷物は重くしないで、普段通りの調教を、長めの時間で」とトレーニングを重ねました。
 
 この日のコースは昼間は軽く1分台のレースが続きましたが、夕方から重くなってきました。ばんえい重量は770キロ。ニシキユウ(同730キロ)などとは40キロも差がありましたが、スタート後、「流れが遅くなった。(第2障害前までに休みを)4回刻み、自分のペースに持ち込めた」(大口騎手)。先頭で障害下に着き、真っ先に挑戦、3腰で何とかクリアして先行・逃げ切り態勢に持ち込みました。5番手で降りたフクイズミの猛追撃を「ぼったりすかしたりして、何とかもたせた」という騎乗で見事にかわしました。
 
 大口騎手は自身の今季重賞初制覇に「とてもうれしいです」。神田厩務員も「うれしい」を連発。久田調教師は「この馬は力はあるが、本来は軽い馬場向き。シンエイキンカイ(牡11歳)、エンジュオウカン(牝7歳)とトカチプリティーのオープン馬3頭の中で、何とか重賞を取れた」と満面に笑みを浮かべました。


ヒロインズカップ3度目の勝利を飾った久田守調教師


トカチプリティー担当の神田徹厩務員


2度目のヒロインズカップ制覇を遂げたトカチプリティー(馬の右3人は新成人の代表。馬の左は大野清二・ばんえい馬主協会会長)

篏罔罸ユ域腓