΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年9月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    ばんえい競馬の人気トレーナー、皆川公二調教師(48)が、ばんえい十勝をPRする大型馬運車(競走馬搬送用の車両)を完成させ、強烈なアピールで話題になっています。

     皆川調教師は北見市(旧留辺蘂町)出身。1978年4月に騎手デビュー、1040勝を挙げて2002年に調教師になり、オープン馬のスーパーロイヤル号、今季6連勝など活躍のタケノホウシュウ号、今春の第1回能力検査トップタイムの新馬オレワスゴイ号など強豪馬を育て、明るい性格でファンに大人気のトレーナー。「ばんえいを思いっきり宣伝する媒体を」と、今年1月に購入した馬運車に約20万円を自己負担して「ばんえい十勝」のロゴマークや競走馬の写真などを描きました。

     
     黄色い車体の左右には「めざせ!世界遺産!ばんえい競馬」の文字も。「世界からお客を呼ぶために、北海道遺産にとどまらず、世界遺産登録も目指したい」(皆川さん)という持論から大書しました。

     馬の搬送で道内をはじめ東北地方も走ることがあり「ばんえいの宣伝に頑張りたい」。帯広競馬場の外を走ると「みんな、振り向いてくれるねえ」と早くも手応え十分です。





    (※取材した横田光俊記者コメント=帯広競馬場の駐車場で待ち合わせ、ドンと置かれた馬運車にびっくり。当日はホッカイドウ競馬場外の日でしたが、来場者はみんな振り返るアピール力。皆川先生、やるねー)

     ばんえい十勝が開かれている帯広競馬場(市内西13南9)に体が不自由な高齢のファンも多く観戦に訪れるようになり、備えている貸し出し用の老朽化した車いす2台では対応できなくなったため、競馬業務を受託しているオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、藤井宏明社長)が十勝毎日新聞を通じて「家庭などで不用な車いすがあれば寄贈を」と呼び掛けたところ、市民11人・1団体から計12台の車いすが寄贈されました。9月9日夜、競馬場で贈呈式が行われました。


     車いすを寄贈した市民を代表して目録を贈った(左から)十勝馬唄保存振興会の柴田副会長、黒田会長。右は受け取ったOPBMの本川常務(塩原真撮影)
     
     4月に開幕した新生ばんえい競馬は、親子連れ・若者グループなどととともに、高齢者・障がい者・福祉関係団体の来場も増えてきました。若いころから馬と親しんできた十勝の高齢者は、ばん馬への愛着も深いのです。家族などと一緒に来る足が不自由な観戦者のために同競馬場1階の整理本部に備えている車いす2台では、日曜日などには足りないケースが増えてきました。

     OPBM開催業務部の齊藤正興シニアマネジャー(元帯広市緑化環境部参事)の提案で、新聞を通じて車いすの提供を市民に呼び掛けることになり、8月24日付の十勝毎日新聞で掲載。市民11人と十勝馬唄保存振興会(黒田弘会長)から新品2台、中古10台の寄贈があり、齊藤さんは「福祉関係者が団体で来場の際にも、十分に貸し出せるようになった。市民のご協力に心から感謝します」とお礼を述べています。競馬場ではこれに合わせて、入り口の身障者用駐車場を従来の倍の10台分に増やしました。

     贈呈式では自らも個人で新品1台を寄贈した十勝馬唄保存振興会の黒田会長(元北海道市営競馬組合議会議長)と、団体で同1台を贈った同会の柴田文雄副会長が、寄贈者を代表してOPBMの本川高雄常務に目録を手渡しました。黒田会長は「高齢で足が不自由になると、出掛ける先の施設で動けるかどうかと心配になる。競馬場に来たい高齢者のチャンスが広がれば」と、だれでも来場できるばんえい競馬になるようにバリアフリー化を期待していました。

     ※取材した横田光俊記者コメント=整理本部の齊藤さんに頼まれて「車いす募集」の記事を書きました。多くの市民の協力を得られたということは、ばんえいを愛する帯広市民がいかに多いかと言うことです。すべての人に優しい「ばんえい」を目指そう!

     6月4日に落馬、重傷を負った松田道明騎手(43歳)が復帰し、3カ月ぶりに帯広競馬場のレースに戻ってきました。



     復帰レースとなった9月8日の第3競走、アオノパワー(平田義弘調教師、牡2歳)で真っ先に第2障害を降り、終盤に逆転を許すも見事な2着。「お客さんを勝たせようと頑張った。久しぶりのレースはこわい(きつい)」としながらも手応え十分。
     
     けがで入院後は夕張市の自宅で療養、リハビリ・トレーニングを重ねてきました。「体調はいいです。いい馬にたくさん乗せてもらっているので、頑張ります」。

     昨年はリーディング7位の115勝、今季も重賞「柏林賞」など15賞を挙げていた松田騎手。3カ月のブランクをものともしない活躍を期待しています。

    松田騎手はこの日の最終レースで、イブリセンリュウ(小林長吉調教師、牡10歳)で、見事に復帰後初勝利を飾りました。あす9日も5回の騎乗予定。



    (※取材した横田光俊記者コメント=松田騎手の元気な顔を見て安心。復帰レースの気合はすごかったです。ちなみにこの日は2日に負傷した大河原和雄騎手も復帰して見事に2勝しました。2人の復帰と活躍、うれしかったです)



     スーパーペガサスとの出会いで撮り始めた山岸伸さん










     アイドル写真の大家、超売れっ子写真家の山岸伸さん(57歳)が、昨年5月から帯広競馬場など4カ所の競馬場に計32回通い詰めて撮影した写真5万枚の中から厳選した写真70点を並べた「北海道遺産 ばんえい競馬写真展」(帯広市、帯広市教委など共催、山岸伸写真事務所、オリンパスイメージング協力)が5日午前9時に帯広・道新情報プラザ(市内西4南9)で始まりました。山岸さんがばん馬にひかれたのは、ばんえい記念4連覇の故スーパーペガサス号との出会いでした。

     山岸さんはアイドル写真集を約380冊出版する人気写真家。ばんえい好きの会社社長の誘いで昨年5月、旭川競馬場を訪れました。早朝の調教で馬群の中から浮かんできたのが栗毛の牡馬。厩務(きゅうむ)員が右手で草をやり、馬と対話する姿を撮影しました。「これがきっかけ。あとでばんえい記念4連覇の名馬スーパーペガサス(今年5月死去)と知った。オーラがあった」。

     仕事は超多忙ですが、週末に旭川、岩見沢、北見、帯広の各競馬場に通いました。「朝の調教が好き。午前3時には撮影を始め、最初に現れる大河原和雄騎手にいつも声を掛けられた」と騎手・厩務員と仲良くなりました。

     馬にほれ込んだ結果の5万枚から厳選した作品は7月から東京、神戸の写真展で展示。「山岸の名前でなくて、馬好きの人が見に来た。中には涙を流す人も。日本人、特に女性がこんなに馬好きだったとは」。ばんえいの本拠地・帯広での展示には「どう見てもらえるか怖いです。世話になった騎手・厩務員の皆さん、ばん馬の生産農家、ファンに来てほしい。これが始まりで、これからもっと通って将来は写真集を出したい」。

     今回展示の写真パネルは帯広市に寄贈、競馬の盛り上げに使ってもらいます

     写真展は午前9時-午後8時、9月16日まで。入場無料。

    (※取材した横田光俊記者コメント
    赤いダウンジャケット=西田敏行の北極物語撮影で山岸さんが着たものとか=姿で真冬の帯広競馬場で撮影する山岸さんを、何度も見ました。本来は動物のにおいが嫌いで、初めはマスクを付けて競馬場に行ったそうですが、「失礼だから」と取ったそう。「4つの競馬場の朝・昼・夜を撮影したカメラマンは初めて」(ばんえい主催者)とうならせる熱心さ。表現者の鏡です。感服。ぜひ写真を見に来てください)



     ばんえい十勝は9月2日、重賞(BG2)の第15回銀河賞(4歳オープン別定)を行い、2番人気のツジノコウフク(牡、岡田定一調教師、生産者と馬主は桧山管内厚沢部町・辻口國光さん)がテン乗り(騎手の乗り換え)の尾ヶ瀬馨騎手の強気の騎乗で先手に攻め、2着のヒロノドラゴン(牡、大友栄人調教師、西弘美騎手、1番人気)の追撃をかわして、見事な先行逃げ切りで重賞初制覇を遂げました。タイムは1分58秒8(馬場水分0・6%)。3着はニシキユウ(牝、大友栄人調教師、入澤和也騎手)。このレースの発走直前、ゲート入りの際に大河原和雄騎手がテンカ(牡)に蹴られて負傷、同号は出走を除外されました。


      
     岡田定一調教師は6月の黒ユリ賞(勝利馬はエリザベスライデン)に続き今季重賞2つ目。リーディング首位も走り、勢いがあります。ツジノコウフクが持ち馬の安部憲二騎手が騎乗停止で、代打で騎乗の尾ヶ瀬馨騎手に「勝ちに行け。2着はいらない」と指示しました。

     尾ヶ瀬騎手は5月に一度、この馬に乗った経験があり、その時は4着。今季は8月の勝毎杯ばんえいグランプリで、フクイズミで惜しくも2着に終わっており、重賞勝利への意気込みが騎手にもありました。

     レース直前に、大河原和雄騎手が負傷のアクシデント。発走時間が遅れたが、動揺することなく、スタートすると先手、先手で攻め続けました。第2障害に各馬一斉に取り掛かり、5コースのツジノコウフクはひと腰でクリア、真っ先に降りて先行しました。右に1コースのヒロノドラゴンが追うが、ゴール前20メートルで失速、ツジノコウフクは終盤の粘りで逃げ切りました。

     岡田調教師は「(生産者で馬主の)辻口國光さんにすべてを任された。責任があった」と重賞初制覇にホッとした表情。「これまでは、第2障害を降りてからの展開に悩まされて、なかなか勝てなかったが、今回はハンディ(重量690キロでほかの馬より有利)と、先に行く展開で勝てた。おとなしくて素直な馬だが、レースでは自分から行きたがる。夏の暑さにも強い。期待している」と名馬に育て上げる決意です。

     レース後、尾ヶ瀬騎手は「先生の言う通りに乗って勝てたでしょ」と岡田調教師に報告、テン乗りでの勝利には「(同じ馬での)次がないから無心になれる」と分析しました。勝利騎手インタビューでは「また乗れる機会があったら、乗って勝ちたい」と名調教師が育てた馬の力を絶賛しました。
     



    << 前へ 1 2   

    表示件数 6-10  (全10件中)
    著作権 十勝毎日新聞社