΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年7月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

     ばんえい十勝は29日、重賞レースの第32回ばんえい大賞典(BG3、3歳オープン別定、帯広市ばんえい競馬開催執務委員長賞、生産者賞)を行い、7番人気だったプリンセスモモ(牝、久田守調教師、生産者は根室管内中標津町・宮田光男さん、馬主は同町・宮田邦子さん)が高速レースを驚異の末脚で差し切り、うれしい重賞初制覇・今季初勝利を遂げ、初騎乗の安部憲二騎手はナイターレース重賞2勝目を飾りました。タイムは1分29秒2(馬場水分5%)。

     2位は6番人気のコーネルフジ(牡、大友栄人調教師、藤野俊一騎手)が、1番人気のアローファーター(牡、高嶋紳一調教師、鈴木恵介騎手)に最終盤に逆転して入りました。馬単(10-6)は万馬券(1万6780円)になりました。


     ばんえいナイター競馬のお祭り男、安部憲二騎手が、6月24日の旭川記念(優勝馬ミサイルテンリュウ)に続く、あっと驚く”テン乗り(初騎乗)”での重賞2勝目。騎乗を終え、プリンセスモモをいたわった安部騎手は「してやったり」と笑顔が弾けました。


     これまで同号に乗ってきた大河原和雄、藤野俊一の両騎手がこのレースでほかの持ち馬に騎乗、久田守調教師は「あうんの呼吸で馬のことが分かる」という安部騎手に白羽の矢が立ちました。騎乗前に一度も触ったこともない馬でも「安部騎手は馬の顔を見れば理解できるから」(久田調教師)。この日は前日の雨で馬場が軽く、しかも、同号のばんえい重量は625キロと最も軽い。コースも10コースと有利。「速さで気を付けるのは藤野俊一騎手のコーネルフジ(2着)のみ。ほかはかわせる自信があった」(安部騎手)。

     レースは予想通りに高速展開。第2障害前まで馬群は一度も止まることなく進み、一気に障害越えに掛かるとプリンセスモモはアローファイター(鈴木恵介騎手)に続いて2番手で降りました。そこから驚異の末脚で一気に前をかわし、そのスピードに観客はどよめきました。


     勝利騎手インタビューで安部は「馬の仕上がりが良かった。馬に乗せてもらっただけ」と謙そんしましたが、久田調教師は「この馬は昨シーズン、同じメンバーのレースであと一歩で勝ちを逃してきたが、安部騎手が能力のすべてを引き出してくれた」と騎乗の腕を絶賛。



     プリンセスモモは3月ごろから歯替わりで抜歯をして、今は落ち着いたそうです。「これから体重を付けていく」(久田調教師)と3歳3冠レースの初戦を制した注目の牝馬をじっくり育てていきます。 


    今季重賞初制覇を喜ぶ久田守調教師


    帯広競馬場のスタンド前をばんえい競馬厩務員に引かれてパレードするカウントチャイナダハール号

     ばんえい競馬を支援する民間組織「とかち馬文化を支える会」(柏村文郎代表理事)は28日、帯広競馬場で十勝の多彩な馬文化を紹介する第一弾のイベント「ピュア・アラビアンホース・フェア」を実施。世界で最も美しく十勝で国内最多の飼養頭数を誇る貴重な純血アラブ馬の展示、馬車運行、パレードなどを行い、競馬ファンは「きれいな馬だ」と感嘆の声を上げました。
     
     フェアは支える会が主催、同馬の繁殖・普及に取り組む日本純血アラブ馬協会(代表は芽室町在住の作家・旋丸巴さん)が主管。十勝はばん馬の最大の産地であるほか、馬術競技や各種の馬の生産、障がい者乗馬の活動なども盛んで、馬文化を支える会は、競馬場を拠点に管内の優れた馬文化の紹介に取り組み、今回はその手始めとなりました。


     競馬場建物南側に管内で飼われる6頭の純血アラブ馬を展示、来場者が触れ合い、6月の春季エンデュランス(耐久乗馬)大会優勝のナジールII号が馬車を引いて子供らを乗せました。 
     

     午後5時15分からは、ばんえい競馬関係者も参加してスタンド前をパレード。会場の競馬ファンはアラブ首長国連邦から日本に贈られ鹿追町で飼養されているカウントチャイナダハール号など純血アラブ馬の美しさに目を奪われました。支える会は8月にウエスタン乗馬のショー、9月には十勝の農業を支えた馬耕も紹介する計画です。


    大勢の観客の前を進むアバスパシャ1-13号と旋丸巴さん



     自転車を活用したまちづくりと、世界で唯一のばんえい競馬をアピールするため、帯広産業クラスター研究会(佐々木一司会長)と帯広商工会議所環境文化都市推進プロジェクト(渡辺純夫委員長)、とかち馬文化を支える会(柏村文郎代表理事)は、帯広の市街地の施設に設置する駐輪ラックについて「ばん馬」のテーマでデザインを25日から公募を始めました。

     対象は十勝在住者の小学生以上でプロも歓迎。「夏休みに考えてみて」と呼び掛けています。

     平坦な地形の十勝は環境に優しい自転車に最適。さらに帯広を訪れた人に「十勝に来た」と印象付ける駐輪ラックの設置を検討、13日に開いた第1回試作検討会(関口好文座長)で小学生以上から優秀作品に賞(最優秀1点賞金3万円、優秀2点1万円)を付けて公募することにしました。

     駐輪ラックは市街地の核となる施設に置き、収容台数は3-5台程度、冬期間の安全性にも配慮してもらいます。A3判以内の用紙に鉛筆・インク・絵の具・クレヨン・コンピューターグラフィックなどで描き、裏に「タイトル、デザインの意図(100字以内)、使用するばん馬関連器具(てい鉄など)、住所、氏名、年齢、所属、電話番号、Eメールアドレス」を明記、〒080-8670 帯広市西5南7ノ1、帯広産業クラスター研究会事務局へ。8月24日締め切り。未発表作品に限り、応募作品は返却しません。

     最優秀作品をもとに試作品を作り、9月に発表・表彰式を行います。

     
    (帯広競馬場で展示する純血アラブ馬=前が子馬のカリーマ号、後ろが母馬のアバスパシャ1-13号=と旋丸さん)

     ばんえい競馬を支援する民間組織「とかち馬文化を支える会」(柏村文郎代表理事)は28日午後1時10分から同5時45分まで、帯広競馬場(市内西13南9)で、十勝の多彩な馬文化を紹介する第一弾のイベント「ピュア・アラビアンホース・フェア」を開きます。

     世界で最も美しく聡明で持久力のある貴重な純血アラブ馬は、耐久乗馬(エンデュランス)先進地の十勝で国内最多の飼養頭数があります。同馬の繁殖・普及に取り組む日本純血アラブ馬協会(代表は芽室町在住の作家・旋丸巴さん)が同フェアを主管、ばん馬とともに、十勝が誇る純血アラブ馬の魅力を展示・馬車・パレードで伝えます。

     十勝はばん馬の最大の産地であるほか、馬場馬術競技、エンデュランス競技、ウエスタン乗馬や障がい者乗馬の活動なども盛ん。「馬文化を支える会」は、競馬場を拠点に管内の優れた馬文化・活動を紹介する計画で、今回はその手始めとなります。

     純血アラブ種はアラビア半島で2000年かけてつくられ、サラブレッドの元になった品種。現在、全国で約40頭、そのうち約半数以上が十勝で飼養され、アラブ首長国連邦から日本に寄贈されたカウントチャイナダハール号などの名馬も管内で飼われています。

     28日のフェア(午後1時10分から同5時45分までに予定)では、同号や旋丸代表が飼養するアバスパシャ1-13号、今年生まれた子馬のカリーマ号など6頭を紹介、2人乗りの馬車を運行、展示コーナーでは同協会のマグカップ、ジャンパー、ハンカチなどのグッズも販売します。午後5時15分からは、ばんえい競馬の第6レース後にアラブ馬6頭のパレードも実施。

     馬文化を支える会の理事でもある旋丸・同協会代表は「世界で最も美しい、本物のアラブ馬に会える機会は少ない。競馬場に来て、ぜひ触れてほしい」と呼び掛けています。支える会は8月にウエスタン乗馬のショー、9月には十勝の農業を支えた馬耕の実演も競馬場で計画しています。



     注目の北斗賞は、ミサイルテンリュウが快勝。前回(6月24日)の旭川記念では、当日の第1レース前の事故でけがを負い騎乗できなかった鈴木恵介騎手がこの日は気迫の騎乗を演じて北斗賞連覇、ミサイルは2レース連続の重賞制覇で場内は大いに盛り上がりました。


     旭川記念は突如代打で騎乗の安部憲二騎手の手綱で優勝。「あの時は安部騎手がいいレースをしてくれたから、今回は絶対に勝ちたかった」と鈴木恵騎手。槻舘重人調教師は「鈴木恵介君はこの馬を知り尽くしている。十二分に力を発揮してくれた」と絶賛。 
     

     スターホース、スター騎手の活躍、川崎競馬でのPR活動の効果で、単独レースとしては「ばんえい十勝」史上最高の2389万円の売り上げ。1日の発売額は2週連続で1億円を突破しました。

     また今回の北斗賞で注目は、サダエリコの復活2位です。重賞13勝、今季まだ未勝利のサダエリコが遂に上がってきました。ばんえいは強豪女傑の復活でまた楽しさを増しました。

     パドックでサダエリコ(山本正彦騎手)、後方はカネサブラック(鈴木勝堤騎手)

    1 2 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全6件中)
    著作権 十勝毎日新聞社