\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛10(8)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 


 自転車を活用したまちづくりと、世界で唯一のばんえい競馬をアピールするため、帯広産業クラスター研究会(佐々木一司会長)と帯広商工会議所環境文化都市推進プロジェクト(渡辺純夫委員長)、とかち馬文化を支える会(柏村文郎代表理事)は、帯広の市街地の施設に設置する駐輪ラックについて「ばん馬」のテーマでデザインを25日から公募を始めました。

 対象は十勝在住者の小学生以上でプロも歓迎。「夏休みに考えてみて」と呼び掛けています。

 平坦な地形の十勝は環境に優しい自転車に最適。さらに帯広を訪れた人に「十勝に来た」と印象付ける駐輪ラックの設置を検討、13日に開いた第1回試作検討会(関口好文座長)で小学生以上から優秀作品に賞(最優秀1点賞金3万円、優秀2点1万円)を付けて公募することにしました。

 駐輪ラックは市街地の核となる施設に置き、収容台数は3-5台程度、冬期間の安全性にも配慮してもらいます。A3判以内の用紙に鉛筆・インク・絵の具・クレヨン・コンピューターグラフィックなどで描き、裏に「タイトル、デザインの意図(100字以内)、使用するばん馬関連器具(てい鉄など)、住所、氏名、年齢、所属、電話番号、Eメールアドレス」を明記、〒080-8670 帯広市西5南7ノ1、帯広産業クラスター研究会事務局へ。8月24日締め切り。未発表作品に限り、応募作品は返却しません。

 最優秀作品をもとに試作品を作り、9月に発表・表彰式を行います。

篏罔罸ユ域腓