΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年6月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

     ばんえい競馬最高峰のレース「ばんえい記念」で2003年-06年に4連覇を遂げ、同競馬史上最多の重賞20勝を挙げ、今年5月1日に両前脚の蹄葉炎(ていようえん)のため永眠した史上最強の名馬で十勝産駒のスーパーペガサス号の追悼展が、16日から帯広競馬場1階南側の特設コーナーで始まりました。
     
     同号のレースでの活躍の模様などの写真パネル7枚と、レースのビデオ放映、記帳台が設けられ、ナイター競馬観戦のため全国から集まったファンが続々と記帳しています。同展は7月2日まで開催(時間は午後1時10分から同8時35分ごろまで)。

     スーパーペガサス号は1996年5月3日に帯広・三井宏悦さんの牧場で誕生(父・ヒカルテンリュウ、母・アサヒシャルダン)。馬主・大友榮司さん、大友栄人調教師。155戦42勝で生涯獲得賞金1億73万9000円(歴代7位)。地方競馬全国協会主催のNARグランプリ最優秀ばんえい馬にも02-05年に4年連続選ばれる快挙を遂げました。



     ばんえい十勝は16日に同競馬初のナイター競馬が帯広競馬場(市内西13南9)でスタート。これに合わせて競馬場建物3階東側に有料観覧席の「プレミアムラウンジ」が午後1時10分にオープンしました。

     同ラウンジは室内のソファー席・カウンター席、屋外のオープンデッキからコースを一望できます。室内は冷暖房完備で、道内外からの観光客らにコンシェルジュ(総合世話係)の女性の案内サービス付きで、ゆったりと観戦してもらう目的で設置。広さ約134平方メートルで約80人収容。料金はサッポロ黒ラベル「ばんえい十勝缶」ビールまたは同競馬オリジナル・ウーロン茶缶のいずれか2缶付きでオープンキャンペーン価格1000円。馬券の購入・払い戻しもできます。喫煙ルーム付き。

     同日正午から報道関係者向け内覧会が行われ、オッズパーク・ばんえい・マネジメントの藤井宏明社長は「最高の環境でゆったり観戦できます。デートや企業の接待にもお勧めです」とPR。

     ナイター競馬は9月17日までの毎週土曜日・日曜日・月曜日に開催、開場午後1時10分、第1レース発走同2時半、最終レース発走同8時45分。問い合わせは同競馬場(0155・34・0825)へ。予約の必要はなく、直接来場で受け付けしてもらえますが、一応確認した方がよいかも。


     音更町を拠点に7月6日-8日に開催される国際ラリー大会のラリー北海道(アジアパシフィックラリー選手権第4戦・全日本ラリー選手権第6戦)の開幕を飾るセレモニアルスタートが、同6日午後5時半から帯広競馬場(市内西13南9)で行われ、初の「ばんえいラリー夏花火」(三菱自動車提供)も開催されることになりました。トップラリー選手が同乗しての模擬ばんえいレースも行います。4月に開幕した新生ばんえい競馬と地元ビッグイベントの初の共同作戦となり、地元をはじめアジア地域にも十勝と両イベントの魅力を強力にアピールします。

     ラリー北海道を主催する大会組織委員会(田畑邦博委員長)、大会を支援する国際ラリー支援歓迎実行委員会(会長・砂川敏文市長)が、ばんえい競馬業務受託のオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、藤井宏明社長)と今春から協議を重ね、実現にこぎつけました。

     セレモニアルスタートは、ラリーの開幕を関係者・ファンが一堂に会して祝う盛大なお祭り。アジア各国と国内から集まるチームのスター選手もそろい、7月6日は午後5時半からラリーショーでサイン会、さらにトップ選手同乗のばんえい競馬デモレースも展開する。同7時から開会式式典、同半からは三菱自動車工業特別協賛によるスターマイン花火の「ばんえいラリー花火」を競馬場スタンド正面エリアで盛大に打ち上げ、参加マシン60台が次々にスタートを切ります。

     ばんえい競馬はナイターの期間中で、セレモニアルスタート翌日の7日からも3日間連続で開催。奴田原文雄選手(三菱)、新井敏弘選手(スバル)など世界で活躍する日本のトップドライバーをはじめ、アジア各国のチームも競馬場を訪れ共同PRを行う相乗効果は多大です。大会組織委員会は「北海道遺産のばんえい競馬を支援したい。十勝が誇る日本で唯一の2つのイベント(ばんえいと国際ラリー)を地元の皆さまに親しんでもらえるように、調騎会にも協力してもらって花火大会を開くことにしました」、OPBMも「これを通じてアジアにばんえい競馬とラリーが周知できれば。今後も地元のイベントとの共同作戦を進めたいです」と力を入れます。

     ラリー北海道は7月7、8の両日、音更町・希望が丘を拠点に競技が行われます。




     ばんえい競馬を理解するための必須(ひっす)アイテムとして人気の「ばんえいポケットブック」最新版がこのほど完成しました。同競馬で活躍する騎手30人の騎手名鑑、観戦方法、馬券の買い方など情報満載です。

     昨年度までの道市営競馬組合主催の時代から人気のガイドブック。ポケットに入る縦21センチ・横11センチの小型サイズで、40ページの中に、帯広競馬場(市内西13南9)や旭川・岩見沢・北見・名寄・釧路・苫小牧の各場外発売所の案内、開催日程のほか、ばん馬の起源、競馬の歴史、レースで馬に装着する馬具の説明、長さ200メートルのコースの解説、1000勝以上の名騎手、今年度活躍が期待されるトモエパワー、ミサイルテンリュウなどの強豪馬の紹介、馬券の買い方などを分かりやすく説明。騎手名鑑では五十音順に勝負服姿の騎手を掲載して観戦の役に立ちます。

     また、今季から帯広市単独開催となった「ばんえい十勝」を訪れる管外からの観光客のために「十勝の食探訪」のコーナーも設け、豚丼・スイーツの有名店なども掲載しました。7000部を制作、競馬場・場外売り場・市内の各ホテルなどに置く予定です。

     16日から帯広競馬場(市内西13南9)で始まるばんえい競馬で初のナイター競馬をPRするため、騎手・調教師など関係者が15日午後3時半から同4時半までJR帯広駅構内でチラシ、ばんえいオリジナル・ウーロン茶の缶などを配布し、希望者には騎手との記念撮影なども行います(カメラ持参)。

     帯広市とオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、藤井宏明社長)が15日から25日まで同駅コンコースで行う「十勝ステーションフェア」のPR活動の一環。同フェアでは、ばん馬の模型、そり(実物)、ポスターなどを展示してナイター競馬の告知キャンペーンを実施します。

     ナイター競馬は16日から9月17日までの毎週土曜日・日曜日・月曜日(祝日も含む)の計42日間。開場時間は午後1時10分、第1レース発走は同2時半、最終レースは同8時35分発走の予定。焼き肉や特製ランチボックス販売なども行います。

    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全22件中)
    著作権 十勝毎日新聞社