΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年6月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • オレノココロ有力 ばんえいオッズパーク杯予想 [4/29]
  • 30日 オッズパーク杯 別府騎手トークショー 帯広競馬場 [4/29]
  • 騎手の意気込みを生の声で 29日からジョッキーシャウト [4/28]
  • GWに帯広競馬場でグルメイベント「うまちか」 [4/26]
  • 馬券発売5億円突破 ばんえい十勝開幕4日間 [4/25]
  • ベストホースにオレノココロ 新設のばんえいアワード発表 [4/22]
  • ばんえい生産者に賞金 競走馬確保へ楽天 [4/22]
  • ばんえい十勝開幕 10周年の熱いレース始まる [4/22]
  • ばん馬の聖地 映像作品に 日・ペルーの作家 帯広競馬場で撮影 [4/20]
  • 「10周年」熱気さらに ばんえい十勝あす開幕 [4/20]
  • パレードで開幕PR ばんえい十勝 [4/20]
  • ガーデンとばんえい巡って 花めぐり共通券販売 [4/14]
  • ばんえい2017年度開催をニコ生で配信 [4/13]
  • ばん馬の訓練を見よう 30日からばんえい朝調教ツアー [4/13]
  • フェアプレー賞で騎手表彰 馬文化を支える会 [4/12]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

     6月30日、帯広競馬場でYOSAKOIソーランの帯広の3チームが演舞を繰り広げて、ばんえい十勝を盛り上げました。

     出演したのは「Excla!matioN」「むらむらむらあず」「天真蘭舞」。観客は「ばん馬とYOSAKOIの両方見れて最高」と好評でした。


     帯広競馬場の中に、芝生の立派なサッカー場「馬事公苑サッカー場」があるのをご存じですか。そこでばんえい競馬の若い厩務員たちが、馬の調教・世話の仕事の合間にサッカーを始めました。

     実は十勝はサッカーが盛んな土地柄で、北海道でもトップレベルなのです。馬事公苑サッカー場では競馬開催日以外の日に、地元の少年団や社会人チームが練習を行い、厩舎村の若者たちも、それをずっと見てきました。
     
     早朝から夜まで競走馬の世話・調教に取り組む若い厩務員の息抜き・交流のために大友栄人調教師が代表になり、同サッカー場を借りて初めて実現しました。厩務員らは毎日、馬の調教をしながら眺めていた芝生のピッチにサッカーシューズを履いて立ち、生き生きとプレーしました。


     中にはサッカー競技経験者もいてなかなかのレベル。主将に指名された宮川聡さん(25)は「仕事以外で汗をかくのは気持ちいい。十勝はサッカーが盛んと聞いているので、ぜひ試合相手も募集したいです」。練習は毎週木曜日午後5時-6時。連絡先は大友調教師(電話090・3399・5435)。

     十勝のサッカー選手の皆さん。厩務員と一緒にサッカーやりましょう!

     ばんえい競馬は、北海道・東北各地のお祭りばん馬から始まった歴史があります。有数のばん馬生産地の北海道十勝・本別町で昨年休止したばん馬イベントが今年、復活に向けて動き始めました。

     本別町で9月1、2日に開かれる「きらめきタウンフェスティバル」で復活を目指して「ばんば競技部会」(林千代吉部会長=馬主さんです)が具体策の協議を進めます。大いに期待しましょう。

     ちなみに7月22日(日)午前9時からは十勝の鹿追町で「第47回鹿追町競ばん馬競技大会」が同町ライディングパーク(瓜幕)で開かれます。

     ばんえい十勝の観戦と合わせて、お祭りばん馬もぜひ見に行きましょう。

     
     ばんえい十勝は24日、ナイター競馬2週目の日曜日を迎え、重賞「旭川記念」では、この日の落馬事故で乗れなくなった鈴木恵介騎手に代わって急きょ騎乗したミサイルテンリュウで安部憲二騎手が同号初騎乗での気迫の勝利を遂げ場内は興奮の渦。驚異の新馬オレワスゴイの圧勝劇と合わせてドラマの連続に競馬場は沸き、発売額は1億100万2500円と17日に続いて2週連続の日曜日億円突破。新生競馬開幕以来5回目の1億円台に乗せました。競馬場の入場も2203人に達しました。

     騒然とする競馬場にドラマが待っていました。午後2時半発走の第1レース前、装鞍(そうあん)所で若手エースの鈴木恵介騎手が乗る新馬が暴れて落馬、胸などを打ち救急車で病院に運ばれました。同騎手はこの日の重賞・旭川記念での悲願の勝利(同賞の前身・旭王冠賞で2位)を目指すミサイルテンリュウを、全身全霊を懸けて調教してきましたが、悲運が襲いました。

     槻舘重人調教師は代理の乗り手を主催者と協議、中堅の安部憲二騎手としました。「とにかくまず会わないと」と騎手控え室を訪ね、槻舘調教師は「この馬は障害はきれる。一番早く(第2障害を)降りる位置につける。その前に重くなる(第2障害前にスローダウンする)くせがあるから気を付けて」と要点を伝えました。


     名手・安部は見事に指示通りに乗りました。「この馬はいつも(鈴木恵介騎手の騎乗の様子を)見ていた。(スローダウンするくせは)気分よく馬を走らせた」と真っ先に第2障害下に取り付き、真っ先に障害越えに。同号の真骨頂の見事なひと腰でクリア、馬群を置き去りにしました。最後はフクイズミの追撃を受けましたが、逃げ切りました。安部騎手の騎乗を槻舘調教師は「自分が言った通り、イメージ通りの騎乗だった」と大絶賛。

     安部騎手は「恵介君の代打を、無事に務めることができた。彼の胸の内を思うと、『やらなきゃ』という気持ちだった。恵介に勝ちをプレゼントできた。感無量です」。


     槻舘調教師は「きょうは涼しく、レース前に雨も降って天候も味方してくれた。この重賞に向けて調教してきた鈴木恵介騎手の努力の成果。早く復帰してもらい、ミサイルテンリュウで活躍してほしい」と願いを込めました。





     4月の第1回能力検査トップタイムの“新馬の怪物”オレワスゴイ号(2歳牡、皆川公二調教師、山本正彦騎手)が24日の第7レースで登場、初の市町村別地域産駒レース「浦幌町産駒記念」で圧勝し、競馬場は沸きに沸きました。


     オレワスゴイはパドックでも大人気。頭飾り、しっぽの飾りもきれいで、さらに人気。ばん馬の飾りのかわいらしさは最高ですね。


     「浦幌町産駒記念レース」は浦幌町馬産振興協議会(小枝義充会長、会員22人)とJAうらほろ(馬場幸弘)の協賛で、初の市町村別地域産駒レースです。ばん馬の有力生産地・浦幌町で生産された新馬(2歳馬)だけ6頭をそろえた注目のレース。同町では4月の第1回能力検査で14頭もの新馬が合格しました。「浦幌町の生産者は頑張っています。皆さんのご協力で今後も馬産振興を」(小枝会長)、「ばん馬生産の後継者を育てたい。ファンの皆さんに大いに浦幌産駒を応援してもらいたい。一緒にばんえい競馬を盛り上げましょう」(笹島秀昭青年部長)という狙いです。会場では先着1500人に1着・2着馬予想の投票引換券を配り、的中者に同町特産のジャガイモなどをプレゼントして喜ばれました。

     レースは今や全国的スターホースになりつつあるオレワスゴイ号の圧勝。コース沿いでは子供たち・本州からの観光客の大声援が起こり、その声援を受けて山本騎手は「人気にかなえてあげたいから」と気合を込めて騎乗。自ら調教を重ねて特製ジュースも飲ませて臨んだ皆川調教師は「強いねえ。大事に出走させて連勝させる」と、表彰式では馬主の鈴木香代さんと最高の笑顔でした。



    1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全22件中)
    著作権 十勝毎日新聞社