\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛12(2)
2017綛11(15)
2017綛10(11)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 

 4月の第1回能力検査トップタイムの“新馬の怪物”オレワスゴイ号(2歳牡、皆川公二調教師、山本正彦騎手)が24日の第7レースで登場、初の市町村別地域産駒レース「浦幌町産駒記念」で圧勝し、競馬場は沸きに沸きました。


 オレワスゴイはパドックでも大人気。頭飾り、しっぽの飾りもきれいで、さらに人気。ばん馬の飾りのかわいらしさは最高ですね。


 「浦幌町産駒記念レース」は浦幌町馬産振興協議会(小枝義充会長、会員22人)とJAうらほろ(馬場幸弘)の協賛で、初の市町村別地域産駒レースです。ばん馬の有力生産地・浦幌町で生産された新馬(2歳馬)だけ6頭をそろえた注目のレース。同町では4月の第1回能力検査で14頭もの新馬が合格しました。「浦幌町の生産者は頑張っています。皆さんのご協力で今後も馬産振興を」(小枝会長)、「ばん馬生産の後継者を育てたい。ファンの皆さんに大いに浦幌産駒を応援してもらいたい。一緒にばんえい競馬を盛り上げましょう」(笹島秀昭青年部長)という狙いです。会場では先着1500人に1着・2着馬予想の投票引換券を配り、的中者に同町特産のジャガイモなどをプレゼントして喜ばれました。

 レースは今や全国的スターホースになりつつあるオレワスゴイ号の圧勝。コース沿いでは子供たち・本州からの観光客の大声援が起こり、その声援を受けて山本騎手は「人気にかなえてあげたいから」と気合を込めて騎乗。自ら調教を重ねて特製ジュースも飲ませて臨んだ皆川調教師は「強いねえ。大事に出走させて連勝させる」と、表彰式では馬主の鈴木香代さんと最高の笑顔でした。



篏罔罸ユ域腓