΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年5月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    5月13日に「母の日」記念イベントが行われます。

    ★カーネーションのプレゼント
     ●ご家族の方とご来場された先着100人の“お母さん”に。午前9時40分開門
     ●「レディース教室」参加者(女性またはカップルを対象として、馬券購入方法など「ばんえい十勝」の楽しみ方をスタッフが教えます。申し込みは当日正午までにインフォメーションへ。先着10人)に。

    ★協賛レース「ダスキンオビヒロ賞カーネーションカップ」
     メーンレース:16:35発走予定
     協賛はダスキンオビヒロ株式会社(所在地:帯広市、代表取締役:竹田晴 司氏)です。



     帯広市とオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、藤井宏明社長)は、足寄町のばん馬生産者団体と農協の協力を得て、帯広競馬場(市内西13南9)で11日午後1時からサクラの苗木の植樹を行い、同競馬場本コースの背景にサクラの並木をつくり上げる事業を進めます。将来はサクラが満開の季節に「ばんえい桜花賞を開きたい」(OPBM)と夢が膨んでいます。

     苗木は足寄町馬産振興会(管野富夫会長)とJAあしょろ(仲野貞夫組合長)が100本を提供。植樹作業は、ばんえい調騎会(服部義幸会長)など競馬関係者の手で行います。場所は競馬場の本コース北側で、練習用コースと球技場(馬事公苑サッカー場)の境界の延長約200メートル。サクラが成長すれば、観客はスタンドから桜並木を背景にばん馬の力走を観戦できるようになる計画。
     
     桜にちなんだ競馬は、日本中央競馬会(JRA)が毎年4月に阪神競馬場(兵庫県宝塚市)で開催する重賞レースの「桜花賞」が有名。「桜と馬の組み合わせは本当に絵になる。ばんえい競馬でも『ばんえい桜花賞』を実現させたい」(OPBM)と関係者は期待を込めています。
     
     新生ばんえい競馬では開幕イベントで4月30日に重賞「オッズパーク杯」を開催後、6月まで重賞レースがありませんが、大型連休終了後の5月中旬の桜の季節に目玉になるイベントがあれば集客が期待できます。また、市内の中心に位置する帯広競馬場に桜並木が出現すれば、緑ヶ丘公園に並ぶ花見の名所として市民の憩いの場になるでしょう。



    中山騎手と妻・智恵さん


    入澤騎手と妻・綾子さん

     中山直樹騎手(36、門脇税厩舎)=岩見沢市出身=と、入澤和也騎手(30、今井茂雅厩舎)の2人の騎手は4月3日に婚姻届を提出、住所はそれぞれの出身地から「帯広競馬場内」に移して新たなスタートを切っています。2人の妻はともに妊娠中で、両騎手は新たな環境での活躍を誓っています。
     
     中山騎手は3年前のばんえい競馬北見開催時に出会った智恵さん(27)=遠軽町出身=と結婚。入澤騎手は昨夏に知人の紹介で知り合った綾子さん(22)=岩見沢市出身=と結ばれました。婚姻届を提出した日が重なったのは偶然ですが、ともにサラリーマンからの転身組で、智恵さんが妊娠5カ月、綾子さんも同4カ月。

     昨年度までの4市開催では、競馬関係者は1年間で帯広、旭川、北見、岩見沢を転戦。家族がいる場合、子供が小学校に入学するころには家族と別れての生活を余儀なくされていました。「これからはずっと一緒に暮らすことができる」と中山騎手。入澤騎手も「そばにいてくれることが支え」。

     両夫婦は競馬場内の各厩舎で生活。当初は「壁1枚隔てた隣に馬がいることにびっくりした」(智恵さん)、「共同風呂などの団体生活に驚いた」(綾子さん)と独特な環境に戸惑っていましたが、徐々に慣れてきたようす。

     入澤騎手は「騎手の上限体重75キロを超えないよう料理に気を使ってくれる。優しい人です」、中山騎手は「プライベートも職場の人と一緒だが、本当によくやってくれている」と感謝。

     騎手の収入は賞金などの報償費で、勝てば増える厳しいプロの世界。2人とも毎朝午前3時ごろには起きて、馬の調教や世話などの仕事をこなしながらレースに挑んでいます。2人の妻は「夫は本当に仕事熱心」とひたむきな姿に引かれています。

     結婚から1カ月。中山、入澤の両新婚ジョッキーは「妻とこれから生まれる子供のために、1つでも多く勝ちたい」と決意を新たにしています。


    帯広競馬場のインフォメーションで活躍、ばんえい十勝の成功に貢献した「馬文化を支える会」メンバー

     ばんえい競馬を支える市民組織「とかち馬文化を支える会」(代表理事は柏村文郎帯畜大教授)は、NPO(特定非営利活動)法人設立総会・交流会を17日午後6時半から帯広・インザスイートで開きます。世界で唯一のばんえい競馬を核にした地域の馬文化振興のNPO法人の展開は、国内初の試みです。

     同会は、ばんえい競馬の存続運動を進めたメンバーらが核になり、十勝で多彩な馬文化を展開する専門家らも参加して4月11日に発足。同27日に開幕した新生ばんえい競馬では、競馬場入り口のインフォメーション・グッズ売り場で、関係団体のボランティアの参加も得て来場者の応対に当たり、ばんえい十勝の開幕ダッシュの成功に大きく貢献しました。

     設立総会では定款、事業計画・予算などを決めます。すでに開始している活動のほか、障がい者(児)の乗馬セラピー、十勝で盛んな各種の馬文化の連携、競馬場での週末や夏休み期間中のイベント開催、馬学に関する研究・シンポジウム開催なども検討、実施する予定。総会後に会員の募集を始めます。
     

     
    第4レーストップのマツノローズ号(山本正彦騎手)

     第2回能力検査が8日午前9時半から行われました。6レースを実施、新馬(2歳馬)36頭が競馬デビューを目指して挑みました。(合格馬の名簿は、第1回と同様に、十勝毎日新聞に後日、掲載します)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ >>  

    表示件数 21-25  (全39件中)
    著作権 十勝毎日新聞社