΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年5月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

     19日の土曜日に帯広競馬場に行ってびっくり。パドックの柵沿いに、たくさんの花の鉢が並んでいました。

     ばんえい調騎会が手作業で植えました。柵に下げた鉢が157個、柵沿いの地面に置いた鉢が108個。パドックで出走前のばん馬を見るファンの表情も、和やかに見えます。





     ばんえい競馬で観客が普段は立ち入り禁止の帯広競馬場のエリアに係員の案内で入り、競技の舞台裏を観戦できる「バックヤード(裏庭)ツアー」が大人気です。本州・管外などからのファンが次々に参加。競走前のばん馬の様子を間近に見て、厩務(きゅうむ)員とともに競走馬と併走するなど大迫力に感動しています。

     日曜日・祝日に原則的に実施しています。帯広競馬場入り口のインフォメーションで正午までに申し込み(先着15人)、午前0時40分に集合(競技開催時間によって変更あり)、係員の案内で装鞍(そうあん)所、調教コースなどを巡り、競技を裏側から観戦する40〜50分間のミニツアーです。


     ばんえい競馬を熟知した係員が説明、厩舎エリアには約750頭のばん馬、調教師・騎手・厩務員と家族計約350人が一緒に暮らし、馬は1日に4回の食事で体をつくり、朝の調教ではずり引き運動(そりを引いてのトレーニング)、乗り運動(馬に人が乗っての訓練)、障害越えなどに打ち込むこと、レースでは各馬の厩務員が併走し、障害を越えられない馬には走路に入って補助できるルールなども伝えます。

     競走では騎手の掛け声、馬の鼻息、ソリの音が大迫力で目の前で展開。東京、茨城、大阪など道外のほか、札幌などからのファンは「来たかいがあった」「面白い」と感動し、「ぜひまた来ます」(東京の会社員男性・45歳)と、ばんえいの大ファンに。同ツアーの問い合わせは帯広競馬場(0155・34・0825)。今週末も20日に実施します。


    厩務員の許可を得て、レース前のサカノメダマ号と触れ合う参加者




     十勝産の小麦・野菜を使ったカップ麺「十勝ラーメン」シリーズの「ばんえい十勝バージョン」(1つ320円)が完成、藤丸デパートとJR帯広駅エスタ東館2階の十勝物産協会で17日から発売開始。19日から帯広競馬場2階でも売り出されます。

     帯広商工会議所工業部会が考案・発売するヒット商品です。今回のシリーズは塩味でバター風味と野菜いため風味の2種類。全部で3600個の販売ですので、早めのお買い求めを。



     ばんえい競馬を支え、北海道の馬文化を発信する市民組織「とかち馬文化を支える会」のNPO設立総会が17日午後6時半から、帯広・インザスイートで開かれました。

     北海道各地で存続運動を展開したメンバーに、新たな助っ人も加えて強力な活動を展開します。すでに競馬場のインフォメーションで案内・グッズ販売を行っていますが、競馬場での馬との触れ合い事業、障がい者(児)乗馬、ホームページの開設、お祭りばん馬・草ばん馬大会の支援、馬学講座のテキスト作製への参画・セミナー開催など、北海道全体の馬文化振興を目指します。

     この日の総会で定款・事業計画などを決めました。近く、北海道にNPO法人の設立認証を申請します。

     全国から会員(年会費3000円)も募る予定です。全国初の試みにご注目ください。


     あいさつする柏村文郎理事長(帯広畜産大学教授)

     ばんえい十勝は14日、第2回開催(6日間)を終了しました。リーディングジョッキーは千葉均、鈴木勝堤、坂本東一の3騎手が12勝で並び、次いで大口泰史、大河原和雄、細川弘則の3騎手が10勝、藤本匠騎手が9勝で続きます。

     リーディングトレーナーは岡田定一調教師が12勝でトップ、今井茂雅調教師が10勝で続き、松井浩文調教師が8勝、服部義幸調教師と梨本照夫調教師が7勝など。

     今季開業の中島敏博調教師(37)は7日に初勝利を挙げ今開催で3勝を飾りました。7日の第3競走でアカネオーカン(牡2歳・細川弘則騎手)で初勝利。12日にも第4競走のボンバイエ(同・千葉均騎手)で2勝目、14日にも第2競走でライデンホマレ(同・同)で3勝目を挙げて好調です。

     期待のボンバイエは4日の初戦で3着でしたが、2戦目で悲願の勝利。「厩舎はいい感じ。追い風になってきた。このまま勝ち続けたい」(中島調教師)と意気込んでいます。



    左から中島敏博調教師、関村博文厩務員、ボンバイエ号、能登康至厩務員

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全39件中)
    著作権 十勝毎日新聞社