΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     社団法人「ばんえい競馬馬主協会」(旭川市、大野清二会長)の通常総会が10日午後2時半から、ホテル日航ノースランド帯広で開かれました。今年度、同競馬を単独開催する帯広市に対する寄付金1億円のうち8000万円の拠出と、帯広競馬場に事務所を移転することを決めました。

     この日は会員約400人(委任状を含む)が出席。大野会長は「新生ばんえい競馬の成功なくして協会の発展はあり得ない。1頭でも多い出走を目指し力を合わせよう」とあいさつ。来賓の市ばんえい振興室の鈴木新一室長は新生ばんえい競馬の実施方針を説明、「新たな一ページをつくるため支援を」と協力を呼び掛けました。

     一方、寄付の残り2000万円のうち、現在約1000万円の集約にとどまっているため、道央、道東など5地区で均等負担する方向で調整しており、「近く拠出法を理事会で決定し、6月をめどにきちんと贈呈する」(大野会長)方針。

     議事では事務所を帯広競馬場内に移転し、協会の基金を取り崩して寄付として8000万円を拠出することなどを承認しました。ただ、寄付をめぐって、残り2000万円は役員・理事らが負担する計画が一時あった経緯から、「ソフトバンクが支援するのになぜ寄付が必要か」「執行部の説明が足りない」などの声も。出走手当の減額方針について「馬主にとって死活問題」との懸念も相次ぎ、総会は3時間に及びました。

     4月27日に開幕する新生ばんえい競馬に向けて、帯広競馬場(市内西13南9)を明るく清潔に大変身させる大改装工事が9日に始まり、10日にはベージュ色の床が姿を現しました。これまでの「汚い・暗い・煙たい」の“3K”を返上、分煙化などを進めるほか、競技観戦でさらに感動を呼ぶように観客スペースの改善も推進。「家族連れ、アベック、ハイヒールを履いた女性でも気軽に来て楽しめるように」(同競馬事業受託のオッズパーク・ばんえい・マネジメント=OPBM)は、競馬場所有の十勝農協蓮(伊藤政光会長)と連携しながら改装を急ピッチで進めています。

     OPBM(本社・東京、藤井宏明社長)はこれまでに、競馬場施設の改善を求めるファンの要望も集約して改善計画を検討、十勝農協連との協議を重ねて改装事業に着手しました。
    主な改装工事は、建物関係では
     (1)1階・2階に明るい色の床材を敷設
     (2)分煙化(場内を原則禁煙とし、喫煙スペースを設ける)
     (3)トイレの改装
     (4)入り口正面に大型看板を設置
     (5)屋根の塗装など
    屋外の競技関係施設では
     (1)スタンド南側のパドックを競技コース近くの同北西側に移設(2)観客がレースを間近に見られるエキサイティングゾーンをスタート側、ゴール側の双方に延長など。

     改装に当たっては、今月8日にはボランティアと競馬関係者ら延べ約150人の参加で建物内の柱・壁を新生ばんえい競馬カラーの黄緑色に塗り、さらに大手企業の協力を得て改善を進めている分野もあり、OPBMが進める「全員参加型」で事業が進んでいます。

     10日には建物1階の床にビニール製の床材の敷設が始まりました。これまでコンクリートむき出しで外れ馬券が散らばり、中央の排水溝(改装工事で撤去)では女性のハイヒールやブーツのかかとが取られて不評だった床が、明るく清潔なベージュ色に変わりました。「関係企業の協力で、27日の開幕までに『競馬場も明るく変わった』とだれもが感じてくれるようにする」(OPBM)と力を入れています。

    床材敷設
    競馬場建物内に明るいベージュ色の床材を敷設、大変身の改装工事が急ピッチで進んでいます

    コンクリート床が変身へ
    これまでのコンクリート床が明るくなるように改装中

    パドック移設
    パドック移設・エキサイティングゾーン延長工事も開始

     4月27日に開幕する新生ばんえい競馬に向けて、新馬(2歳馬)が出場資格を懸けて挑む第1回能力検査が15日午前6時半から午後6時ごろまでの予定で帯広競馬場で行われます。同競馬を開催する帯広市と、業務を受託するオッズバーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)は、この検査の模様を同競馬史上初めて一般公開し、新馬が競技に挑む姿をファンに披露します。今回は、この日に向けて鍛えてきた328頭(昨年比76頭増)が全道から集まり33レースを展開。新時代の名馬が登場する瞬間を見届けることができる春の一大イベントです。入場無料。

     能力検査は今年度8回開催予定ですが、春の第1回が最大規模。テストを受ける2歳馬は牡500キロ、牝480キロのばんえい重量のそりを引き、規定タイム(3分40秒、馬場水分によって変更する)内のゴールを目指します。真っ直ぐ走路を走れるかどうか、ゲートで正しくスタートできるかどうかも検査。昨年の第1回(帯広)は降雪でそりが滑りやすく合格率は約90%でしたが、例年の平均合格率は60-70%前後。晴天で走路の砂が乾くとさらに厳しい戦いとなります。

     この日に向けて馬を育ててきた生産者、能力を見込んでオーナーになった馬主、調教を積んできた調教師・厩務(きゅうむ)員にとっても、運命の日。まだ体重800キロ前後と成長途上で、障害を登り切れない馬も出ますが、中には新馬ながらも祭典ばん馬などで力をつけた強者が好タイムで力を発揮することも。「合格すれば関係者は大喜びの一大イベント。ぜひ新馬の頑張る姿を応援してほしい」(OPBM)とファンの観戦を呼び掛けています。

     当日は競馬場内の駐車場を開放、入場無料で、売店も営業する予定。問い合わせ
    は帯広競馬場(0155-34-0825)へ。

    カネサリュウ、シベチャbr /><br />
タイガー
    昨年の第3回検査で合格、デビューしたカネサリュウ(左、村上慎一調教師)は昨年度7勝、うち重賞2勝の活躍。第1回検査でトップタイムを出したシベチャタイガー(右、三浦孝幸調教師、鈴木勝堤騎手)も同9勝と活躍(写真は今年3月のイレネー記念で)

     4月27日に帯広競馬場で開幕する新生ばんえい競馬は、27日から4日連続でメーンレースが有名企業の協賛レースで開かれることが決まりました。JRA(日本中央競馬会)に活躍馬を送り出す馬主で起業家の関口房朗氏(フサイチネット代表)も協賛するなど、同競馬のスタートを飾るために在京の各企業が「全員参加型」の協賛を申し出ました。

     初日の27日は日本レーシングサービス(本社・東京、坂本勉社長)が協賛して「日本レーシングサービス賞」、翌28日はフサイチネット(同、関口代表)の協賛で「フサイチネット杯(仮称)」を実施するなど全レースが協賛レースに。29日はイーバンク(同、松尾泰一社長)が協賛する「イーバンク銀行杯すずらん賞」、そして30日が新生ばんえい競馬初の重賞(BG2)となるオッズ・パーク(藤井宏明社長)協賛の「第1回ばんえい十勝オッズパーク杯」となります。

     同競馬の業務を進めるオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、藤井社長)は「盛大にオープニングを飾るために、このほかにも各企業・団体に協賛を仰いで各種イベント・キャンペーンも併せて実施したい」としています。

     4月から帯広市の特別嘱託職員になった、ばんえい競馬の元競走馬リッキー号(9歳、服部義幸調教師、生産者は足寄町の佐々木七郎さん)は9日午前7時50分から明星小(太田博樹校長、児童数439人)の玄関前で初仕事に臨み、在校生の朝の出迎えに続いて、新入学児童70人に交通安全を呼び掛けました。大きな馬のお出迎えに子供たちは大喜びでした。

     小雨が降る気温2度の寒さの中でリッキー号は出迎えました。「あ、リッキーだ」「大きい」と登校した子供たちは駆け寄り、服部調教師、大河原和雄騎手に勧められて顔を触った。1月の帯広氷まつりでリッキー号と綱引きをした佐々木主門君(2年生)は「会えるのを楽しみにしてた。また綱引きやりたいな」。

     午前9時前からは父母に手を引かれて新入生が登校。久保田浩暉君は「リッキーおしごとがんばってね」と書いた手紙付きの袋にニンジンを入れて持参、プレゼントしました。「昨夜もテレビでばん馬を見て自分で手紙を書いたんです」と母・美佳さん(35)。久保田君は「すごい。乗ってみたいな」と友達たちと馬の顔をなでました。入学式では太田校長が「リッキー君もお祝いにきてくれました」とあいさつで触れました。

     服部調教師は「子供たちの役に立てて、初仕事として最高でした」と愛馬の大活
    躍に目を細めていました。

    リッキー初仕事1
    「リッキー大好き」。登校した新入学児童たちが笑顔でリッキー号の顔をなでました

    リッキー初仕事2
    大きなリッキーのお出迎えに、大喜びの帯広明星小学校の新入生たち

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ >>  

    表示件数 41-45  (全54件中)
    著作権 十勝毎日新聞社