΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     ばんえい競馬調騎会(服部義幸会長)が明日22日、正午から午後2時ごろまで、帯広の藤丸デパート(市内西2南8)の「ふれあい広場」で餅つきを行います。3つの臼でついた餅を、無料配布。皆さん、行きましょう。



    4月27日に開幕する新生ばんえい競馬に向けて、観戦しやすくするための施設改造工事が20日までに終了しました。レース前に競走馬を披露するパドック(広さ約1000平方メートル)は従来のスタンド裏側から表側のコース隣接地に移動、レースを間近で見られるエキサイティングゾーンはスタートからゴールまで見渡せるように延長しました。

     従来のパドックはスタンドの南側にあり、パドックからスタートに向かうパレードを見るには観客はスタンド北側まで移動する必要がありました。さらにスタンド裏は降雪時期には屋根からの水滴が大量に降り注ぎ、観客は建物の出入りの際にぬれてひどいめに遭っていました。「パドックもパレードも、レースもスタンドから見られるように」(競馬業務受託のオッズパーク・ばんえい・マネジメント=OPBM)と農水省などと協議を重ねて移設を実行しました。

     エキサイティングゾーンも延長、スタートが間近に見られる第1障害手前からゴールまでの約165メートルになり、ファンはレース中の馬を歩いて応援しながら観戦できます。OPBMの新名貴之取締役は「関係機関のご協力で観客のための施設改造ができました」と感謝し、多くの来場を期待しています。





    4月27日に開幕する新生ばんえい競馬に向けて、大型連休中後半にファミリー層を帯広競馬場(市内西13南9)に呼ぶため、子供に大人気のエアートランポリン遊具7体をそろえた道東初の大規模な「ふわふわランド」が5月3日から6日までの4連休に合わせて、同競馬場で開催されます。競馬場を「こどもの日」(5月5日)を中心にした一大娯楽スポットにして、競馬が初めての家族連れにも来てもらう作戦です。

     同ランドは十勝毎日新聞主催、帯広市とオッズパーク・ばんえい・マネジメントが共催。「ふわふわ」は空気で膨らませた大型遊具で、飛び跳ねたり滑ったりして楽しめる子供に大人気の施設。
     
     今回開設する「ふわふわランド」は大型の滑り台型ふわふわが3体と、低年齢の子供も飛び跳ねて遊べるトランポリン型など4体の計7体で、本場アメリカの新作もそろいます。競馬場建物南側のスペースに並べ、プレー券(100円券11枚つづりの回数券1つで1000円)を購入してもらい、2〜3枚で1つの遊具で遊べます。時間は午前10時から午後5時(最終入場は午後4時半まで)。

     新生ばんえい競馬は大型連休中に4月27日の開幕から5月1日まで5日間連続開催、連休後半は4日から7日まで4日連続開催します。「ふわふわランド」初日の5月3日はばんえいの開催はなく、ほかの競馬の場外発売の日ですが、同ランドと重なる4〜6日には「子供はふわふわで遊び、大人は競馬を楽しんでほしい」と主催者。また同ランドに隣接する旧パドックでは、ばんえい競馬調騎会(服部義幸会長)が競馬開幕の4月27日からポニーやミニホースとの触れ合いも実施予定で、子供向けのイベントが多彩に展開されます。



     東京の有名なデートスポット大井競馬場(品川区)で、ばんえい競馬の応援活動が始まりました。同競馬場の売店「Chanpions TCK」(責任者・鈴木清美さん)がこのほど、帯広出身のぬいぐるみコーディネーター柏本理江さん(神奈川県在住)がデザインした「ちびっこばんば」シリーズの携帯ストラップ、ボールペン(いずれも400円)の発売を開始、大好評です。「ちびっこばんば」は、北海道内限定商品でしたが、ばんえいを応援したいと店側が熱望、道外では唯一、特別発売が始まりました。

     レジの脇には「ばんえい十勝」のポスター、「ばんえい競馬を応援します」の表示とともに、かわいい商品が並び、次々に売れています。購入した東京の女性会社員は「本当にかわいい。収益がばんえい競馬振興に還元されるというのもファンとしてうれしいです」。鈴木さんは「お客様と一緒にばんえい競馬を応援したい。皆さんに勧めていきます」と力を入れています。

     東京方面にお住まいの皆さん、大井競馬場に行って、ばんばのマスコットをぜひお買い求めください。


    「ばんえい競馬を応援します」と大井競馬場内の売店で「ちびっこばんば」シリーズを扱う鈴木さん(中央)

     競走馬デビューの資格を審査する第1回能力検査(帯広市主催)が15日に帯広競馬場で行われました。309頭が出走、新馬(2歳馬)277頭と3歳馬1頭の計278頭が合格しました。馬場水分は6・5〜7・6%と高く、2歳馬の合格率は89・9%でした。トップタイムは第11レース1着の十勝産駒・オレワスゴイ(皆川公二調教師、山本正彦騎手、生産者は浦幌町・北村節子さん、馬主は北見市・皆川鶴松さん)の1分31秒3でした。

     オレワスゴイの皆川調教師は「昨年6月の十勝共進会で優秀な成績を収めた馬。留辺蘂のトレーニングセンターで訓練を積み、冬の調教を越えて1番タイムを出せた。検査本番の体調は悪かったがスピード、障害ともに強い。オープン馬を目指す」と力を込めています。

     今回の検査について、予想紙『ばんえい金太郎』の澤田金治さんは「第2障害は降雪でぬれないように前日からテントを掛けて本番に備え、実戦的なテストになった。1番時計のオレワスゴイとともに、2番手のホクショウジャパン(服部調教師)は草ばん馬大会で1度も負けていない逸材。合格馬の血統の父ではタケタカラの子が21頭で1位、続いて今年初子がデビューのウンカイの子は13頭、グレイトジャイナーの子は12頭、コーネルトップの子は11頭、サカノタイソンの子が10頭合格した。新生ばんえい競馬を担う新馬の活躍に期待したい」と話しています。


    オレハスゴイ(皆川公二調教師)が第1回能力検査でトップタイムを出しました(馬の左は皆川由紀さん、右は由佳さんの姉妹)


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ >>  

    表示件数 31-35  (全54件中)
    著作権 十勝毎日新聞社