΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年3月(16)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • レース体験などでPR ばんえい振興連協がセミナー [3/24]
  • 20個人・団体を表彰 今年度の優良農用馬生産者 [3/21]
  • オレノココロ初挑戦でV ばんえい記念 [3/21]
  • ばんえい記念でも善戦・キタノタイショウ引退へ [3/21]
  • 松田騎手が2000勝達成 [3/21]
  • 過去最高の5800万円売り上げ 20日のばんえい記念 [3/21]
  • 迫力のレースに味覚 ばんえい記念で盛況 [3/20]
  • あすばんえい記念、フジダイビクトリー連覇なるか [3/19]
  • 大一番、枠順決まる 20日に「ばんえい記念」 [3/17]
  • ばんえい本走路ヒーティング 15日に停止 [3/14]
  • センゴクエース史上初2連覇 ばんえいポプラ賞 [3/13]
  • 本命はセンゴクエース ばんえいポプラ賞 [3/11]
  • 「ばんえい記念」催し多彩 帯広競馬場で18から20日 [3/11]
  • 若駒2冠達成ホクショウムゲン ばんえいイレネー記念 [3/6]
  • ジェイワンなど有力、ばんえいG1イレネー記念予想 [3/4]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     


     新生ばんえい競馬が、開幕4日目についにやりました。売り上げ1億429万円!この日は初の重賞「ばんえい十勝オッズパーク杯」に強豪馬がずらりとそろい、場内では初心者に馬券購入を教えるコーナーを急きょ設けるなど、一気に「売り上げ増」ムード。第1回オッズパーク杯は前年度リーディングジョッキー鈴木勝堤騎手の名騎乗でカネサブラック(村上慎一調教師)勝利。おめでとうございます。

     ホントに今日は、レースが面白かったです。馬主さん・調教師・騎手・厩務員の皆さんの努力の成果です。あすもよろしく。


     鈴木勝堤騎手の勝利インタビュー


    カネサブラックは重賞3つ目です


    右から矢野アナウンサー、佐藤騎手、竹ケ原騎手、谷調教師、赤見千尋さん

     新生ばんえい競馬開幕4日目のイベントとして、4月30日に女性騎手・調教師、若手騎手のトークショーがレースの合間に行われ、今季に向けての抱負などをファンに語り掛けました。
     
     フリーアナウンサー矢野吉彦氏を司会に迎えて午後1時45分から女性騎手・調教師編、同3時から若手騎手編の2回開催。

     女性編では佐藤希世子騎手が「騎手として結果が出た時がうれしい。(観客には自分の騎乗を見に)1度、2度、3度と何度も競馬場に来てほしい」、竹ケ原茉耶騎手は「茉耶(まや)頑張れ、と声援を受けるとうれしい。負けても温かく見守って」、今季好調の谷あゆみ調教師は「全部を含めて、ばんえい競馬が存続の日を迎えられたことがうれしい。昨年の25勝にもうひと息、頭を乗せられるようにしたい」と決意を述べました。

     若手騎手編では鈴木恵介騎手が「今年も100勝できるように頑張る」、浅田達矢騎手が「どのレースも自分なりに頑張るので応援よろしく」と語りました。

     左から浅田達矢騎手、鈴木恵介騎手


    終盤、乙井海斗君(左)が追撃、差しきる

     帯広競馬場でばん馬が走る本コースを使って、子供たちが走る初の「ばんえい子供リレー」が4月30日午後2時25分から行われ、帯広市内の小学生4チームが出場、稲田小のミニバスケットボールチームで活躍する3人組「おとときチーム」=乙井(おとい)風斗君・3年、田代季(とき)君・同、乙井海斗君・4年=がゴール前の見事な逆転で優勝を飾りました。


    優勝した「おとときチーム」の(左から)乙井風斗君、田代季君、乙井海斗君


     初の日曜日を迎え、午前9時40分の開門前には長蛇の列。場内は家族連れであふれかえり、大変な熱気でした。この日の入場者数は3288人にも達しました。
     
     発売額も好調、第11レース、第12レースには遂に1000万円台。総額8970万6700円と予算比12・52%増。3日連続で予算をクリアしました。

     場内では子供たちが親と一緒に「●番行けー!」と大興奮、障害を登れない新馬にも「立て、立て、頑張れー」と応援。ベテランのファンが、若い女性たちに馬券の買い方を教えるなど、これは、ばんえいならではの優しい交流です。リッキー馬車が通るたびに、あちこちから「リッキー!」の声。新生ばんえい競馬は、確実に変わりました。開幕ダッシュ、大成功です。あしたも競馬場に行こう!


    リッキー馬車には鈴なりのお客さん。服部義幸調教師が左にぶら下がって笑顔


    ぼくは砂遊びだ。エキサイティングゾーンでは子供たちの砂遊びが盛んでした


    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全54件中)
    著作権 十勝毎日新聞社