΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     ばんえい競馬の厩務(きゅうむ)員などでつくる「ばんえい競馬を存続させる有志の会」(御堂克之会長代行)は4日午前9時40分から帯広競馬場正門でファンにホットミルク配りを行いました。厩務員らの意気に感じた十勝地区酪農畜産対策協議会(会長は伊藤政光JA新得町組合長)下部組織の「ミルクランドとかち推進会議」が牛乳を初めて提供、ばんえい関係者と農協関係団体の初の共同PR作戦。

     有志の会は競馬場の清掃ボランティアなどにも取り組み、3月24日午後5時半からは、とかちプラザで「ばんえい記念前夜祭・家族で楽しむファン感謝祭」を催します。ミルク配りには会員と十勝地区酪対協関係者ら8人が参加、「牛乳音頭」のCDの歌を流しながら温かいミルク300人分を配り、ファンは「おいしい」と喜びました。

     有志の会の工藤敏明厩務員は「牛乳も提供してもらいPRできた。感謝祭には皆さんに来てほしい」と呼び掛けていました。

    ミルク配り
    十勝地区酪対協が提供したホットミルクをファンに配る「有志の会」の厩務員ら

     4月27日から帯広市の単独開催で始まるばんえい競馬の馬主・調教師・騎手・厩務(きゅうむ)員の収入となる報償費について、市と調騎会(服部義幸会長)、馬主協会(大野清二会長)との交渉が始まり、調騎会側は大筋について了承、馬主協会(大野清二会長)は5日に市と2回目の協議を行います。

     全体で今年度の4割減と厳しい内容で関係者の生活への影響は必至。しかし売り上げが伸びればそれに応じて各開催(2週間ごと年間25回)のたびに賞金・諸手当が伸びる同競馬初の変動制を導入、「努力して売り上げが伸びれば収入増になる」という「利点」を強調して市は交渉を進めています。

     計9億6433万5200円となる報償費の賞金・諸手当の提示額は、昨年10月に馬主協会・調騎会も加わった市営競馬組合の改革検討プロジェクトチームがまとめた案に沿っています。賞金(馬主には80%、調教師・騎手・厩務員には20%の配分)は一般競走の最低額が現行の15万円から10万円に、馬主に支給される出走手当は一般競走で同4万5000円から2万5000円に減額、報償費全体の馬主分と、調教師・騎手・厩務員分の割合は現行の「69%対31%」を踏襲。同案は2月26日に調騎会、同27日に馬主協会に示されました。

     報償費は現行から大幅な削減となりますが、市は新たに売上額に応じた変動制を導入。1日の売り上げ約7400万円をベースとして1開催(2週間で計6日間)終了ごとに売り上げに連動して賞金・諸手当・奨励金も一律に変動する。「10%伸びれば、賞金・諸手当も10%伸びる。売り上げ8500万円なら出走手当も約2万9000円になる計算」(市農務部)と話します。売り上げ減の場合は報償費も減額されます。

     この提示に対して調騎会は「大筋で了承、実施方針の中でさらに協議を進めたい」(服部会長)と原則合意、馬主協会は「賞金額を下げて、諸手当を上げることはできないかなどの意見もあり、金額面のすり合わせをしたい」(大野会長)として再協議します。一方で変動制については「やる気が出てくる気がする」(服部会長)、「開幕して(売り上げ増で)1カ月もすれば必ず報償費が上がる制度」(大野会長)とおおむね評価。

     馬主・厩舎関係者の生活補償では、市単独開催への移行に伴い、過去3年間の平均収益の8割を基本に6月の補正予算で措置する方向で、市営競馬組合構成の4市で合意、協議が進んでいます。

     4月から帯広市単独開催のばんえい競馬の業務を受託する「オッズパーク・ばんえい・マネジメント」(OPBM、本社・東京、藤井宏明社長)は2日、帯広競馬場で勤務する高卒以上(59歳まで)の契約社員(1年ごとに更新)5人の十勝での募集を開始しました。

     同社は同競馬の運営に必要な契約社員14人について、まず現在の主催者の道市営競馬組合の職員から募集。不足分について十勝での雇用を進めます。
    職種・人数は
    (1)経理(予算執行管理、労務管理など)1人
    (2)企画・広報(ファンサービス、報道対応など)1人
    (3)馬場管理(競走馬、走路整備など、大型特殊免許保有者優遇)2人
    (4)場内警備・案内(警備、交通整理、案内、環境整備など)1人。
    月給16万円以上(経験・能力により規定に従い優遇。健康・雇用・労災・厚生年金保険加入)。

     同社の新名貴之取締役は「ばんえい競馬への情熱にあふれた人材を、地元の十勝から募りたい」と話しています。応募方法は履歴書・職務経歴書を
    〒105・7312、東京都港区東新橋1ノ9ノ1、東京汐留ビルディング12階、ソフトバンク・プレイヤーズ株式会社、ばんえい競馬事業準備室へ郵送。
    問い合わせは同社(03-6889-1622、冨田さん、千原さん、月曜日〜金曜日午前9時半〜午後6時。正午〜午後1時を除く)。

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7   

    表示件数 31-33  (全33件中)
    著作権 十勝毎日新聞社